北海道教育大学附属札幌中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北海道教育大学附属札幌中学校
北海道教育大学附属札幌小学校
過去の名称 北海道第一師範学校男子部附属中学校
北海道学芸大学北海道第一師範学校男子部附属中学校
北海道学芸大学附属札幌中学校
北海道教育大学教育学部附属札幌中学校
国公私立 国立学校
設置者 国立大学法人北海道教育大学
設立年月日 1947年4月8日
開校記念日 6月1日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 002-8075
北海道札幌市北区あいの里5条3-1-11
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

北海道教育大学附属札幌中学校(ほっかいどうきょういくだいがくふぞくさっぽろちゅうがっこう)は、札幌市北区に所在する北海道教育大学札幌校の附属教育研究機関中学校)。

沿革[編集]

この学校の起源は、1883年明治16年)5月に札幌県師範学校の附属校として発足した創成小学校に遡る[1]

戦後の1947年昭和22年)4月 には6・3制の導入によって、従来の在籍者を編入する形で、「北海道第一師範学校男子部附属中学校」となった[1]1949年5月に「北海道学芸大学北海道第一師範男子部附属中学校」となり、1950年9月には札幌市中央区に新校舎が竣工する[1]。その後、「北海道学芸大学附属札幌中学校」、次いで「北海道教育大学教育学部附属札幌中学校」に名称を改める[1]

現校舎が完成したのは1987年11月であり、現校名の「北海道教育大学附属札幌中学校」に改称したのは2004年(平成16年)4月のことである[1]。また、 2006年11月17日 には開校60周年記念式典・祝賀会を行った[2]

特色[編集]

  • 教育大学の附属機関であるため教育実習が多く、毎年研究大会が開かれる。実験的な授業は他校と比較すると多い。学校長は教育大学札幌校の担当教授が任ぜられるが、実務は他の市立中学校には無い「副校長」が担う。教頭職は無い。教員は地教委の管轄外となる。
  • 通学指定区域は無く、登下校の時間と安全が確保できれば通学可能であるが、札幌市内に限られる。入学にあたっては選考がある。
  • 生徒数は普通学級一学年A,B,Cの3クラス編成であるため、定数は105名となる。年度により異なるが概ね附属小から約70名と他の小学校から入ってきた約40名で構成される。全員、中学受験を受ける。近年[いつ?]内部生が他の私立中学を受験し、附属中学へ進学しないケースが多くなっている。[独自研究?]
  • 1971年にはNHK学校音楽コンクールの全国大会で優勝したことがあり、1993年にも、同じくNHK学校音楽コンクールの全国大会で金賞を受賞している[3][1]
  • ユネスコスクールに認定されている[1]

出身者[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 学校沿革”. 北海道教育大学附属札幌中学校. 2018年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月9日閲覧。
  2. ^ 「北海道教育大学附属札幌中学校 開校60周年記念誌」(2006年11月5日発行)
  3. ^ NHK全国学校音楽コンクール 歴代受賞校 中学校の部”. NHK. 2018年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]