京都成章高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都成章高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人明徳学園
校訓 自学 自成 自立
設立年月日 1986年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程、通信制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 ASクラス
アカデミークラス
メディカルスポーツクラス
高校コード 26539A
所在地 610-1106
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

京都成章高等学校(きょうとせいしょうこうとうがっこう)は、京都府京都市西京区大枝沓掛町26に位置する、学校法人明徳学園が運営する私立高等学校である。

沿革[編集]

校訓[編集]

  • 自学:教師と一体となって真理を追求し、生涯を通じて学び続ける姿勢をつくる。
  • 自成:自・他の中から個性や能力を生かし、人間としての成長をはかり自己形成につとめる。
  • 自立:個性と社会に立脚しながら、自らの将来を切りひらいていく自主的な人間になるようにつとめる。

設置課程[編集]

下記の課程およびクラスが設置されている[1][2]

  • 全日制課程 普通科
    • ASクラス - 国公立大学への現役進学をめざす。
    • アカデミークラス - 国公立大学や難関私立大学への現役進学をめざす。
    • メディカルスポーツクラス - スポーツ医学を学びながら私立大学への現役進学をめざす。
  • 通信制課程 普通科
    • 進学コース - 大学の受験・合格を目指すコース
    • 総合コース - 四年制大学、短期大学、専門学校など多様な進路をサポートするコース

部活動[編集]

ラグビー部[編集]

花園に京都府代表として9回度出場している。

冬の花園

  • 2001年:第81回大会
  • 2004年:第84回大会
  • 2006年:第86回大会
  • 2008年:第88回大会(3位)
  • 2009年:第89回大会(3位)
  • 2011年:第91回大会(ベスト8) ※引分による抽選負け
  • 2014年:第94回大会(3位)
  • 2015年:第95回大会(ベスト8)
  • 2016年:第96回大会(ベスト8)

春の熊谷

  • 2006年:第7回大会(ベスト16)
  • 2007年:第8回大会(ベスト16)
  • 2010年:第11回大会(ベスト8)
  • 2012年:第13回大会(予選リーグ敗退)
  • 2014年:第15回大会(予選リーグ敗退)
  • 2016年:第17回大会(予選リーグ敗退)
  • 2017年:第18回大会(準優勝)

野球部[編集]

甲子園に春夏計5回出場した。

夏の甲子園

春の甲子園

国体(高校硬式野球)>

<秋季京都府高校野球大会> 1989年:優勝

<春季京都府高校野球大会> 2000年・2005年・2006年:優勝、2010年:準優勝

その他のクラブ[編集]

  • ソフトボール部(女子のみ)
  • ソフトテニス部(女子のみ)
  • バドミントン部(男・女) 
  • バスケットボール部(男・女)
  • バレーボール部(男・女)
  • 剣道部(男・女)
  • ゴルフ部(男・女)
  • 卓球部(男・女)
  • 硬式テニス部(男・女)
  • 吹奏楽部(男・女)
  • コーラス部(男・女)
  • 放送部(男・女)
  • 写真部(男・女)
  • 邦楽部(男・女)
  • 茶道部(男・女)

著名な関係者[編集]

卒業生[編集]

政界[編集]

財界[編集]

プロ野球[編集]

ラグビー[編集]

芸能[編集]

教員[編集]

交通機関[編集]

京阪京都交通により登下校のバスが出ている。 阪急桂駅洛西口駅行きなど。JR桂川駅京都駅亀岡駅行きなど。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都成章高等学校. “各コース紹介と合格実績” (日本語). 2017年8月14日閲覧。
  2. ^ 京都成章高等学校. “通信制課程” (日本語). 2017年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]