セコムラガッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セコムラガッツ
原語表記 セコムラガッツ
クラブカラー 青/白/橙
愛称 ラガッツ
創設年 1985年
グラウンド セコムラグビーフィールド
代表者 大野尊明
監督 岡本信児HC
所属リーグ トップイーストリーグDiv.1
公式サイト
http://www.secom.co.jp/rugguts/
テンプレートを表示

セコムラガッツアルファベット表記:SECOM RUGGUTS)は、トップイーストリーグDiv.1に加盟するラグビーチーム。練習グラウンドは埼玉県狭山市にあるセコムラグビーフィールド。

概要[編集]

セコムラグビー部として1985年に創部。トップリーグ参戦にあたり、チーム愛称を「ラガッツ」とする。「ラガッツ」は、ラガー(Rugger)とガッツ(Guts)を組み合わせた造語である。

1989年関東社会人リーグ1部に昇格し、2000年には東日本社会人リーグに昇格し、2003年には創設されたジャパンラグビートップリーグの初代メンバーに名を連ねたが、2005-2006シーズンの10位(12チーム中)がチームの最高順位でかつトップリーグ残留を決めた唯一のシーズンであり、トップリーグ在籍は3シーズンのみで2007-2008シーズン以降はトップイーストに在籍、さらに2008年度にラグビー部の強化が中止となり、2010-2011シーズンにはトップイーストリーグDiv.2へ降格となってしまう。一時はチームの存続危機も囁かれたが、不屈の精神でチームを保つと、その後、選手たちの力で環境を再構築し、2012-2013シーズンにトップイーストリーグDiv.2で全勝優勝。Div.1への復帰を果たし、再び陽のあたる場所を目指して走り出した。

成績[編集]

リーグ戦戦績[編集]

  • 1990-1991シーズン 関東社会人リーグ1部 4位(4勝3敗)
  • 1991-1992シーズン 関東社会人リーグ1部 5位(3勝4敗)
  • 1992-1993シーズン 関東社会人リーグ1部 8位(1勝6敗)、関東社会人リーグ2部へ降格
  • 1993-1994シーズン 関東社会人リーグ2部 準優勝(5勝1敗)
  • 1994-1995シーズン 関東社会人リーグ2部Aブロック 優勝(6勝)、関東社会人リーグ1部へ昇格
  • 1995-1996シーズン 関東社会人リーグ1部 5位(2勝4敗1分)
  • 1996-1997シーズン 関東社会人リーグ1部 7位(2勝5敗)
  • 1997-1998シーズン 関東社会人リーグ1部 準優勝(6勝1敗)
  • 1998-1999シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 4位(3勝4敗)
  • 1999-2000シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 優勝(6勝1敗)、東日本社会人リーグへ昇格
  • 2000-2001シーズン 東日本社会人リーグ 7位(1勝6敗)
  • 2001-2002シーズン 東日本社会人リーグ 4位(3勝4敗)
  • 2002-2003シーズン 東日本社会人リーグ 5位(2勝5敗)、トップリーグへ参入
  • 2003-2004シーズン トップリーグ 11位(3勝8敗)トップイースト10へ自動降格
  • 2004-2005シーズン トップイースト10 優勝(9勝)トップチャレンジ1・2位、トップリーグへ自動昇格
  • 2005-2006シーズン トップリーグ 10位(2勝9敗)
  • 2006-2007シーズン トップリーグ 13位(2勝11敗)、トップイースト11に降格
  • 2007-2008シーズン トップイースト11 準優勝(9勝1敗)、トップチャレンジ2・2位
  • 2008-2009シーズン トップイースト11 5位(6勝4敗)
  • 2009-2010シーズン トップイーストリーグ 11位(1勝10敗)、順位決定戦・1位、トップイーストリーグ残留
  • 2010-2011シーズン トップイーストリーグ 11位(3勝8敗)、順位決定戦・1位、トップイーストリーグDiv.2へ参入[1]
  • 2011-2012シーズン トップイーストリーグDiv.2 4位(3勝3敗)
  • 2012-2013シーズン トップイーストリーグDiv.2 優勝(7勝)、順位決定戦・3位、トップイーストリーグDiv.1に昇格[2]
  • 2013-2014シーズン トップイーストリーグDiv.1 10位(1勝8敗)、順位決定戦・2位、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2014-2015シーズン トップイーストリーグDiv.1 10位(9敗)、順位決定戦・1位、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2015-2016シーズン トップイーストリーグDiv.1 10位(9敗)、順位決定戦・2位、トップイーストリーグDiv.1残留
  • 2016-2017シーズン トップイーストリーグDiv.1 9位(1勝8敗)、順位決定戦・3位、トップイーストリーグDiv.1残留[3]

獲得タイトル[編集]

所属選手(2015-2016)[編集]

在籍した選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新設されるトップイーストリーグDiv.2は昨シーズンの下位3チームが自動的に降格するのが決定していたため、順位決定戦はあくまでも来シーズンのDiv.2の試合日程を組むための序列決めであった
  2. ^ 本来は昇格できないが、クボタスピアーズがトップリーグへ昇格したため繰り上がりで昇格した
  3. ^ 本来ならDiv.2へ降格だが、Div.1から3チームが翌シーズンより新設されるトップチャレンジリーグへ参入したためDiv.1残留となった

外部リンク[編集]