ラグビー女子日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラグビー女子日本代表
ユニオン 日本ラグビーフットボール協会
愛称 サクラフィフティーン
エンブレム サクラ
コーチ カナダの旗 カナダレズリー・マッケンジー (ヘッドコーチ)
主将 南早紀(2022年10月時点)
ファーストカラー
セカンドカラー
初国際試合
 日本 0-62 フランス 
(ウェールズ Aberavon(英語)、1991年4月6日)
最大差勝利試合
 日本 78-0 香港 
(バンコク、2005年6月3日)
最大差敗戦試合
 アメリカ合衆国 121-0 日本 
(メルローズ、1994年4月15日)
ラグビーワールドカップ
出場回数 4 (1991年初出場)
最高成績 世界ランキング12位
テンプレートを表示

ラグビー女子日本代表(ラグビーじょしにほんだいひょう)は、日本ラグビーフットボール協会が組織するラグビーユニオンの15人制ナショナルチームである。愛称「サクラフィフティーン」。

歴史[編集]

1965年フランスで世界飢餓チャリティー目的の女子ラグビー大会が開催され成功をおさめ、1969年には女子ラグビーフランス協会(ARF Association française de rugby féminin)が作られた。1970年代にはイングランドアメリカカナダなどで女子チームが活動していた[1]

1983年 女子チームの誕生[編集]

1983年(昭和58年)に、日本で女子ラグビー3チームが発足した。世田谷レディース(現・世田谷区ラグビースクール)、ブラザー工業レディース(現・名古屋レディースR.F.C)、松阪レディース[2][1]。以後、各地で女子ラグビーチームが誕生する。

1988年 日本女子ラグビー連盟が誕生[編集]

1988年(昭和63年)4月、日本女子ラグビーフットボール連盟が発足[2][1]。当時、15チームが加盟していた[3]。11月3日に第1回女子ラグビー交流大会が駒沢オリンピック公園で開催された[4][1][5]

1989年(平成元年)7月31日から8月7日まで、名古屋レディースがニュージーランドへ初の海外遠征を行った[6]

1990年8月、ニュージーランドで開催の「The 1990 Women's World Festival」(1990年世界女子フェスティバル)に、ディース全東京A・Bと名古屋レディースが参加[7][8]

1991年 第1回ワールドカップ出場[編集]

女子ラグビーワールドカップ1991(第1回ウェールズ大会)が1991年4月開催され、日本を含む12チームが招待された[9][10][8]。1991年4月6日のフランス戦が、女子日本代表として最初の国際試合となる。

日本代表チームは、全額自己負担で、コーチやドクターが帯同せず、選手のみの渡航となった[11]日本女子ラグビーフットボール連盟を創立した岸田則子は、選手でありながら団長(監督)を兼務した。岸田は背番号1のプロップだったため、後年、キャップが授与された時にはキャップ番号も「1」となった[12][13]

1994年 第2回ワールドカップで初勝利[編集]

女子ラグビーワールドカップ1994(第2回スコットランド大会)にも、日本を含む12チームが招待され、スウェーデンから1勝を挙げた[14][8]。4月15日のアメリカ戦では0-121で大敗し、これが「最大差敗戦試合」記録となる[8]

1994年6月、香港が来日し、対戦[8]

1996年11月、アメリカ北太平洋沿岸代表のロガーズ(Loggers)を迎え対戦した[6][8]

1998年 第3回ワールドカップの参加資格が認められず[編集]

女子ラグビーワールドカップ1998(第3回オランダ大会)から、世界のラグビー統括機関であるIRB(国際ラグビー評議会。現・ワールドラグビー)の主催となった。日本は「国際試合の資料に乏しい」と指摘され[15][14][8]、ワールドカップ3大会連続出場ができなくなった[15][14]ワールドラグビーは、当時のことを「出場資格の ”international matches” の解釈に誤解があった」と記している[11]

IRBは「1国に1統括団体のみ」という方針のため、日本ラグビーフットボール協会に所属していない日本女子ラグビーフットボール連盟は、別の統括団体とみなされ、今後日本代表として女子ラグビーの国際大会に参加しにくくなることが明らかだった。イングランドフランスカナダなど女子ラグビーの先進国も日本と同様に、当初は自国のラグビー協会と別に活動していた[14]

1998年4月、香港が来日し、対戦[8]

1998年9月、アメリカシアトル遠征。「北米チャレンジカップ(North American Challenge Cup)」に出場[6][8]

2000年7月、サモア・ニュージーランド遠征[8]

ワールドカップ予選を勝ち抜く[編集]

スペインで2002年開催予定のワールドカップも、過去の大会同様、当初は書類選考のみで出場国を決定することになっていた。しかし2000年11月に予選試合の実施が発表された。

日本・香港・サモアの3ヵ国でアジア・太平洋地区予選を行い上位2ヵ国に出場権を与えること、2000年7月に日本がサモアを12-10で破った試合を予選として扱うこととなった。この時点で勝利していた日本の出場権獲得は濃厚になったが、2000年12月のアジア・太平洋地区予選でも香港に62-0で勝ち[8]、これで正式に女子ラグビーワールドカップ2002への出場が決まった[14][8]

2001年8月、ニュージーランド遠征。カンタベリーAに0-89で大敗[6][8]

2002年3月、カナダ遠征。バンクーバーセレクト、ブリティッシュコロンビアと対戦[6][8]

2002年 日本ラグビーフットボール連盟に加盟[編集]

2002年4月1日に、日本女子ラグビーフットボール連盟日本ラグビーフットボール協会(JRFU)に加盟[16]ラグビーユニオンを統括するIRB(国際ラグビー評議会。現・ワールドラグビー)は「1国に1統括団体」の方針のため、ラグビー女子日本代表はJRFUが管轄するチームとして、IRB主催ワールドカップへの基本条件が得られたことになる。

2002年4月、ニュージーランドのカンタベリーが来日し対戦[17][8]。この試合から、日本ラグビーフットボール協会の日本代表チームとして「桜のエンブレム」がジャージに付く。

2002年 第4回ワールドカップで2勝目[編集]

女子ラグビーワールドカップ2002(第4回スペイン大会)で、日本はオランダを37-3で破って男子より先にW杯2勝目を上げ[8]、出場16ヵ国中14位となった[17][8]

第5回~第7回ワールドカップ アジア予選敗退が続く[編集]

2004年11月、ヨーロッパ遠征。オランダアイルランドと対戦[8]

女子ラグビーワールドカップ2006(第5回カナダ大会)では出場枠が16から12に減らされ、日本はアジアで実績最上位のカザフスタンと出場権を争うことになった。2005年6月にアジア地区予選がタイで行われたが、日本は6月5日の初戦で香港に78-0で勝つも[8]、決勝でカザフスタンに3-19で敗れ[8]、本大会出場権を逃した。この香港戦は「最大差勝利試合」の記録となる。

2006年8月、オーストラリア遠征でクラブチームに2勝[8]

2007年11月、アジア女子選手権(中国・昆明市で開催)3位[8]

2008年6月、アジア女子選手権カザフスタンで開催)2位[8]

2009年9月、カナダ遠征[8]

女子ラグビーワールドカップ2010(第6回イングランド大会)も、2009年11月アジア地区予選でカザフスタンに敗れ、2位[8]。2大会連続でワールドカップ出場権を得られなかった。

2010年4月、日本ラグビーフットボール協会内に女子委員会が設立され[18]日本女子ラグビーフットボール連盟は発展的解消となる。

2010年4月、香港来日し、対戦[8]。9月、イングランド遠征[8]

2011年4月、香港遠征、15-0で勝利[8]

2012年7月、アジア四か国対抗で、決勝でまたもカザフスタンに8-17で敗れる[8]

2013年6月18日、女子ラグビー日本代表の愛称が「サクラフィフティーン」に決まる[19][20]

女子ラグビーワールドカップ2014(第7回フランス大会)は、2013年9月にマレーシアで開催の地区予選で、23-25でカザフスタンに敗退[8]、3度目の足止めとなった。

第8回ワールドカップへ4大会ぶりに出場決定[編集]

2014年5月、アジア四か国対抗で、香港とシンガポールには勝つが、カザフスタンに敗れる[8]

2015年5月、女子アジアラグビーチャンピオンシップで、香港とカザフスタンに勝利[8]

2016年5月、女子アジアラグビーチャンピオンシップで、香港に勝利[8]

ワールドカップ2017には、2016年12月香港で開催のアジア・オセアニア地区予選で、カザフスタンが予選不参加だったこともあり、香港とフィジーを破り1位突破[8]。4大会ぶり(15年ぶり)4回目のW杯出場を決めた。

2017年7月、女子アジアチャンピオンシップで香港に2勝[8]

ベスト・フィフティーンにSHが選抜[編集]

女子ラグビーワールドカップ2017(第8回アイルランド大会)が2017年8月に開催された。日本はプール戦最下位[8]。順位戦で香港に勝ちW杯3勝目[21]、12チーム中11位となる[22]津久井萌は、日本代表として男女を通じて最年少となる17歳でスクラムハーフとして5試合すべて出場し、この大会のドリームチーム(ベスト・フィフティーン)に選ばれ、ワールドラグビーから記念品を授与され[23]、さらに第67回日本スポーツ賞を受賞した[24]

ワールドカップから「女子」の文字が消える[編集]

2018年5月18日、浅見敬子ワールドラグビーの理事に選出された[25][26]

ニュージーランドで2021年開催予定の第9回大会「女子ラグビーワールドカップ2021」は、女子と男子の平等性を高める取り組みの一環として、大会名から「女子(Women's)」の単語を削除し「ラグビーワールドカップ2021」となることが決まった[27][28]

2018年10月17日 - 女子15人制日本代表および男女7人制日本代表にもキャップ制度を導入。女子ラグビーワールドカップ1991(第1回ウェールズ大会)までさかのぼって、日本代表選手としてキャップを授与することが決まった[29][30]。授与式は、2022年8月27日、秩父宮ラグビー場でアイルランド戦[31]のハーフタイムに行われた[32][13][33]

2019年1月31日、女子15人制日本代表ヘッドコーチにレズリー・マッケンジーが就任[34]。国内大学チームなどでのコーチ経験があり、2018年には7人制女子日本代表のアシスタントコーチを務めた。

感染症の世界的流行でワールドカップが延期[編集]

2020年3月に香港で開催予定のラグビーワールドカップ2011のアジア最終予選[35]は、日本、カザフスタン、香港の総当たり戦から勝ち上がるとワールドカップ本戦へ、また準優勝で敗者復活戦への出場権が得られるはずであった。しかし、新型コロナウイルスの世界的な流行により延期された。

2021年2月中旬には、ラグビーワールドカップ2021が2021年5月8日開催へ延期された。その後、2022年開催へと再度延期を発表した[36]。この延期に合わせて、2021年5月時点の発表では、ワールドカップ2021の予選および本戦出場を決めた各チームはワールドラグビーから総額2百万ポンドの助成金支給を告げられた[37]

延期された大会日程において、観客の利便性を重んじて全対戦カードを週末に集中させ、選手の体調管理に配慮し最低5日間の休養日を設けたことにより、開催期間は従来の35日から43日に延びた[38][39]。それに対応するために、1日に行う試合数を3試合に増やして試合数の消化を行った[38][39]

2021年3月16日、ワールドラグビーは女子15人制の新しい世界大会「WXV」の開催を発表した[40][41]。16チームが、実力に応じて3段階のティア(グループ)に分かれて、ワールドカップ開催年を除き、2023年から毎年9月~10月に行う予定[42]

2022年 第9回ワールドカップ プール戦敗退[編集]

ワールドカップに向けた準備として、2022年5月にオーストラリア遠征を実施した。ゴールドコーストにおいて、5月1日フィジーに勝利[43]、5月10日にオーストラリアにも勝利した[44]。両試合の間には、ブリスベンで5月6日にオーストラリアン・バーバリアンズにも勝利した[45]

2022年8月27日に秩父宮ラグビー場で行われたアイルランド戦に勝利。そのハーフタイムに、歴代女子日本代表197名へのキャップ授与式が行われた。代表して岸田則子、渡辺志保子、鬼頭(旧姓・赤井)希久子、外山智香子、冨田真紀子浅見敬子が、ピッチ上でキャップを授与された[13][33][32]

ラグビーワールドカップ2021(第9回ニュージーランド大会)が2022年10月に開催され、日本代表はプール戦を3戦とも敗れ、プール最下位で敗退した[39][46]。キャプテンの南早紀は、「自分たちはベスト8に行くのだという強い思いがあった。そこに届くことできず、残念な気持ちで一杯」とコメントした[47]

2022年12月27日、ヘッドコーチ レズリー・マッケンジーの2024年3月31日までの契約更新が発表[48]。2023年9月に開催される「WXV」での成果が求められる[48]

選手の発掘・育成[編集]

JRFUは女子15人制の未来の選手となるジュニア選手からユース選手の発掘をめざし、招待制の強化合宿を「TID合宿」(ティーアイディー=Talent Identification=才能発掘)と名付けて育成に務めている。招かれた選手には、女子日本代表チームの国際競技力を伸ばす貢献が期待される[49]

2021年、『女子15人制TID「Strong Girls」発掘プロジェクト』と題して[50][51]、有力人材の招待だけでなく、自薦枠も設けてオンライン参加者を募集した。高校1年生から大学4年生、または専門学校に通う学生が対象。プレーの技術などについてオンラインセッションを実施した[52][53]

TID合宿は、2021年7月に菅平合宿[54]、8月に釜石合宿[55]、9月に市原合宿[56]、10月に菅平合宿[57]、2022年3月に静岡合宿[58][59]が、日本代表候補選手の強化合宿と並行・合同で行われた。

また、2022年6月に勝浦合宿[60][61]、8月に強化選手と合同の釜石合宿[62]が行われた。

2022年12月には、『女子15人制TID 「Racing Girls」発掘プロジェクト』のオンラインセッションが始まった[63]

ワールドカップ戦績[編集]

大会名 開催国 ステージ 日付 対戦相手 勝敗 スコア 会場 ヘッドコーチ 主将
第1回 女子ラグビーワールドカップ1991[64][65] ウェールズ プールステージ 1991年4月6日  フランス 0-62 Aberavon 岸田則子(団長・選手)[11] 渡辺志保子[13]
1991年4月10日  スウェーデン 0-20 Llanharan
5~12位準々決勝
勝てば5~8位準決勝へ
1991年4月11日  スペイン 0-30 Llanharan
第2回 女子ラグビーワールドカップ1994[64][66] スコットランド プールステージ 1994年4月13日  スウェーデン 10-5 Melrose 岸田則子(団長)[67] 鬼頭(赤井)希久子[13]
1994年4月15日  アメリカ合衆国 0-121 Melrose
5~12位決定戦 1994年4月17日  フランス 0-99 Edinburgh
9~12位決定戦 1994年4月20日  カナダ 0-57 EMelrose
11~12位決定戦 1994年4月23日  アイルランド 3-11 Boroughmuir
第3回 女子ラグビーワールドカップ1998 オランダ 出場ならず
第4回 女子ラグビーワールドカップ2002[64][68] スペイン プールステージ 2002年5月13日  スペイン 0-62 ムニシパル・ド・コルネラ 萩本光威 外山智香子[13]
2002年5月17日  イタリア 3-30 バルディリィ・アルー
13~16位決定戦 2002年5月20日  オランダ 37-3 ジローナ
13~14位決定戦 2002年5月24日  アイルランド 3-23 ジローナ
第5回 女子ラグビーワールドカップ2006 カナダ 出場ならず
第6回 女子ラグビーワールドカップ2010 イングランド 出場ならず
第7回 女子ラグビーワールドカップ2014 フランス 出場ならず
第8回 女子ラグビーワールドカップ2017[23] アイルランド プールステージ 2017年8月9日  フランス 14-72[69] ダブリン 有水剛志[70][71] 齊藤聖奈
2017年8月13日  アイルランド 14-24[72] ダブリン
2017年8月17日  オーストラリア 15-29[73] ダブリン
9~12位決定戦 2017年8月22日  イタリア 0-22[74] ダブリン
11~12位決定戦 2017年8月26日  香港 44-5[22][21] ダブリン
第9回 ラグビーワールドカップ2021 ニュージーランド プールステージ 2022年10月9日  カナダ 5-14[75][76] Northland Events Centre レズリー・マッケンジー 南早紀
2022年10月15日  アメリカ合衆国 17-30[77][78] Northland Events Centre
2022年10月23日  イタリア 8-12[79][80] Waitakere Stadium

対戦成績 と 世界ランキング[編集]

上位20チーム(2023年1月30日時点)[81]
順位 変動* チーム ポイント
1 増減なし  イングランド 094.29
2 増減なし  ニュージーランド 093.19
3 増減なし  フランス 089.68
4 増減なし  カナダ 084.22
5 増減なし  アイルランド 078.70
6 増減なし  オーストラリア 078.00
7 増減なし  アメリカ合衆国 076.78
8 増減なし  ウェールズ 074.01
9 増減なし  イタリア 072.70
10 増減なし  スコットランド 068.71
11 増減なし  スペイン 068.47
12 増減なし  日本 067.94
13 増減なし  南アフリカ共和国 064.50
14 増減なし  ロシア 061.10
15 増減なし  香港 059.25
16 増減なし  フィジー 058.33
17 増減なし  オランダ 058.27
18 増減なし  サモア 058.01
19 増減なし  スウェーデン 057.73
20 増減なし  カザフスタン 057.09
*前週からの変動

対戦相手別 対戦回数・勝敗・勝率[編集]

2022年10月23日現在。

対戦相手 初回対戦年 最新対戦年 対戦回数 勝利 引分け 敗退 勝率
 アイルランド 1994 2022 7 1 0 6 14.3%
 アメリカ合衆国 1994 2022 2 0 0 2 0.0%
 イタリア 2002 2022 4 1 0 3 25.0%
 ウェールズ 2021 2021 1 0 0 1 0.0%
 オーストラリア 2017 2022 4 1 0 3 25.0%
 オランダ 2002 2004 2 1 0 1 50.0%
 カザフスタン 2005 2015 8 1 0 7 12.5%
 カナダ 1994 2022 2 0 0 2 0.0%
 サモア 2000 2000 1 1 0 0 100.0%
 シンガポール 2007 2014 4 4 0 0 100.0%
 スウェーデン 1991 1994 2 1 0 1 50.0%
 スコットランド 2019 2021 1 1 0 1 50.0%
 スペイン 1991 2002 2 0 0 2 0.0%
 フィジー 2016 2022 2 2 0 0 100.0%
 フランス 1991 2017 3 0 0 3 0.0%
 香港 1998 2017 17 16 0 1 94.1%
 南アフリカ共和国 2022 2022 2 1 0 1 50.0%
合計 1991 2022 66 35 0 31 53.0%

選手[編集]

現在の女子日本代表選手[編集]

2022年10月8日開幕のラグビーワールドカップ2021ニュージーランド大会の登録メンバー32名。所属もCap数も2022年9月13日現在[82]

選手 ポジション 誕生日 (年齢) キャップ チーム
加藤幸子 フォワード (2000-02-19) 2000年2月19日(22歳) 10 日本の旗 横河武蔵野アルテミ・スターズ
北野和子 フォワード (1999-09-08) 1999年9月8日(23歳) 6 日本の旗 三重パールズ
小牧日菜多 フォワード (2001-05-09) 2001年5月9日(21歳) 3 日本の旗 日本体育大学ラグビー部女子
左高裕佳 フォワード (1994-11-02) 1994年11月2日(28歳) 12 日本の旗 弘前サクラオーバルズ
南早紀 フォワード (1995-11-18) 1995年11月18日(27歳) 25 日本の旗 横河武蔵野アルテミ・スターズ
ラベマイまこと フォワード (1997-07-02) 1997年7月2日(25歳) 17 日本の旗 横河武蔵野アルテミ・スターズ
谷口琴美 フォワード (1995-04-10) 1995年4月10日(27歳) 3 日本の旗 三重パールズ
永田虹歩 フォワード (2000-12-06) 2000年12月6日(22歳) 8 日本の旗 国際武道大学女子ラグビー部
川村雅未 フォワード (1999-07-13) 1999年7月13日(23歳) 3 日本の旗 RKU龍ケ崎GRACE
佐藤優奈 フォワード (1998-09-11) 1998年9月11日(24歳) 6 日本の旗 東京山九フェニックス
高野眞希 フォワード (1995-08-17) 1995年8月17日(27歳) 16 日本の旗 横河武蔵野アルテミ・スターズ
玉井希絵 フォワード (1992-10-24) 1992年10月24日(30歳) 13 日本の旗 三重パールズ
吉村乙華 フォワード (2001-05-15) 2001年5月15日(21歳) 5 日本の旗 ARUKAS QUEEN KUMAGAYA/立正大学ラグビー部
齊藤聖奈 フォワード (1992-05-30) 1992年5月30日(30歳) 31 日本の旗 三重パールズ
鈴木実沙紀 フォワード (1992-04-09) 1992年4月9日(30歳) 30 日本の旗 東京山九フェニックス
向來桜子 フォワード (2003-04-09) 2003年4月9日(19歳) 2 日本の旗 日本体育大学ラグビー部女子
長田いろは フォワード (1998-12-21) 1998年12月21日(24歳) 15 日本の旗 ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
細川恭子 フォワード (1999-07-08) 1999年7月8日(23歳) 7 日本の旗 三重パールズ
永井彩乃 フォワード (1997-10-14) 1997年10月14日(25歳) 10 日本の旗 YOKOHAMA TKM
阿部恵 バックス (1998-04-28) 1998年4月28日(24歳) 10 日本の旗 ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
津久井萌 バックス (2000-03-28) 2000年3月28日(22歳) 19 日本の旗 横河武蔵野アルテミ・スターズ
大塚朱紗 バックス (1999-05-05) 1999年5月5日(23歳) 9 日本の旗 RKU龍ケ崎GRACE
山本実 バックス (1996-12-09) 1996年12月9日(26歳) 21 日本の旗 三重パールズ
今釘小町 バックス (2002-01-06) 2002年1月6日(21歳) 9 日本の旗 ARUKAS QUEEN KUMAGAYA/立正大学ラグビー部
名倉ひなの バックス (1997-03-22) 1997年3月22日(25歳) 10 日本の旗 横河武蔵野アルテミ・スターズ
伊藤優希 バックス (1996-10-24) 1996年10月24日(26歳) 11 日本の旗 三重パールズ
鈴木彩香 バックス (1989-09-30) 1989年9月30日(33歳) 18 日本の旗 ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
中山潮音 バックス (1999-01-18) 1999年1月18日(24歳) 7 日本の旗 横河武蔵野アルテミ・スターズ
古田真菜 バックス (1997-11-16) 1997年11月16日(25歳) 14 日本の旗 東京山九フェニックス
庵奥里愛 バックス (1996-10-02) 1996年10月2日(26歳) 7 日本の旗 三重パールズ
平山愛 バックス (1992-05-07) 1992年5月7日(30歳) 4 日本の旗 自衛隊体育学校PTS
松田凜日 バックス (2001-12-05) 2001年12月5日(21歳) 5 日本の旗 日本体育大学ラグビー部女子

パートナー、スポンサー、サプライヤー[編集]

公式のパートナー、スポンサー、サプライヤーを一覧にする[83]

日本代表トップパートナー:大正製薬[84][85]

女子日本代表オフィシャルパートナー:太陽生命[86]セコム[87]カンタベリーゴールドウィン[85]

女子日本代表オフィシャルスポンサー:三菱地所[88]青南商事[89]アサヒビール[90]

日本代表オフィシャルサポーター:JTBスポーツ[91]凸版印刷[92][93]KASHIYAMAオンワード樫山[94]Mastercard[95]

日本代表サプライヤー:GILBERT(スズキスポーツ[96]ザバス[97]アサヒ飲料[90]日の丸自動車興業[98]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 女子ラグビー15年の歴史”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  2. ^ a b 年代史 女子ラグビーの歩み”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  3. ^ 女子ラグビーの現在、そして未来” (日本語). www.jpnsport.go.jp. 2023年1月21日閲覧。
  4. ^ 女子ラグビー15年の歴史 - 第1回女子ラグビー交流大会(1988年)”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  5. ^ 年代史 女子ラグビーフットボールの大会の歴史”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  6. ^ a b c d e 女子ラグビー15年の歴史 - 海外遠征と外国チーム招聘の記録”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  7. ^ JRFU (2004年4月8日). “女子ラグビー15年の歴史 - 海外遠征と外国チーム招聘の記録” (日本語). www.rugby-japan.jp. 日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。. 2021年9月27日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 年代史 女子ラグビー国際交流試合”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  9. ^ 女子ラグビー15年の歴史 - World Cup の記録”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  10. ^ 年代史 女子テストマッチ一覧”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  11. ^ a b c worldrugby.org. “日本女子ラグビー、開拓の挑戦とワールドカップ Part 1 | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2023年1月24日閲覧。
  12. ^ 田中浩 (2022年8月29日). “【ベテラン記者コラム(339)】「日本女子ラグビーの歴史」でもある岸田則子さん、まいた種が大きな実をつける日は近い” (日本語). サンスポ. 2023年1月24日閲覧。
  13. ^ a b c d e f 歴代女子日本代表選手へキャップ授与。歴史的な夜に、心あたたまるセレモニー - ラグビーリパブリック” (日本語) (2022年8月28日). 2023年1月24日閲覧。
  14. ^ a b c d e 年代史 女子日本代表の活動”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  15. ^ a b 日本ラグビーフットボール史 日本の女子ラグビーが正式加盟”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  16. ^ 年代史 平成14年(2002)度”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  17. ^ a b 年代史 平成14年(2002)度”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  18. ^ 【応募締切り迫る!】女子ラグビー関西地区トライアウトのお知らせ(再掲載)”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  19. ^ 女子日本代表の愛称が決定 15人制は「サクラフィフティーン」7人制は「サクラセブンズ」”. JRFU. 2023年1月21日閲覧。
  20. ^ ラグビー女子代表愛称は「サクラフィフティーン」「セブンズ」 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2023年1月21日閲覧。
  21. ^ a b worldrugby.org. “女子日本代表、WRWC最終戦勝利でレベルアップの手応え | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2023年1月24日閲覧。
  22. ^ a b 試合結果:女子日本代表「女子ラグビーワールドカップ2017アイルランド大会」11位12位決定戦 女子香港代表戦”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  23. ^ a b worldrugby.org. “女子日本代表SH津久井選手、WRWC 2017ドリームチーム入り | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2023年1月24日閲覧。
  24. ^ 女子日本代表 津久井萌選手 第67回日本スポーツ賞受賞”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  25. ^ 浅見敬子氏 ワールドラグビー理事 選出のお知らせ”. JRFU. 2023年1月26日閲覧。
  26. ^ worldrugby.org. “Historic day for World Rugby as expanded Council meets for first time | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2023年1月25日閲覧。
  27. ^ 女子ラグビーワールドカップ2021 大会概要 | J SPORTS【公式】” (日本語). www.jsports.co.jp. 2023年1月21日閲覧。
  28. ^ 女子ラグビーW杯の大会名から「女子」外す。ワールドラグビーが平等の問題に率先して主導へ。 - ラグビーリパブリック” (日本語) (2019年8月21日). 2023年1月21日閲覧。
  29. ^ 15人制女子日本代表 代表キャップ対象試合”. JRFU. 2023年1月16日閲覧。
  30. ^ セブンズ代表にもキャップ制度導入 日本ラグビー協会が決定 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年10月5日閲覧。
  31. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年8月27日). “ラグビー女子日本代表がアイルランド代表に7戦目で初勝利 FB松田凜日らが5トライ奪う” (日本語). サンスポ. 2023年1月24日閲覧。
  32. ^ a b 女子ラグビー日本代表の特別な夜に思うこと。 - ラグビー愛好日記 | J SPORTSコラム&ニュース” (日本語). news.jsports.co.jp. 2023年1月24日閲覧。
  33. ^ a b 女子日本代表および女子セブンズ日本代表 キャップ授与式実施のお知らせ”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  34. ^ 女子15人制日本代表ヘッドコーチ レズリー・マッケンジー就任記者会見”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  35. ^ “Women's Rugby World Cup 2021: Asia’s final qualifier competition” (英語) (プレスリリース), アジアラグビー連盟, (2020年1月27日), https://www.asiarugby.com/2020/01/27/womens-rugby-world-cup-2021-qualifier/ 2021年9月27日閲覧。 
  36. ^ (5/28更新)ラグビーワールドカップ2021ニュージーランド大会(2022年開催) 日程決定のお知らせ, (日本語), RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。 (日本ラグビーフットボール協会 JRFU), (2021年5月28日), https://www.rugby-japan.jp/news/2021/05/28/50772 2021年9月22日閲覧。 
  37. ^ “2022年の試合日程が改定、RWC2021の開幕戦は南アフリカvフランスの対戦に決定 | Rugby World Cup 2021” (英語) (プレスリリース), 世界ラグビー連盟, (2021年5月11日), https://www.rugbyworldcup.com/2021/news/639578/south-africa-v-france-billed-a-rwc-2021-opener-in-revamped-2022-match-schedule?lang=ja 2021年9月27日閲覧。 
  38. ^ a b worldrugby.org (2021年5月11日), “2022年の新たな試合日程が決定し ラグビーワールドカップがスーパーチャージ” (プレスリリース), ワールドラグビー, https://www.world.rugby/news/636226?lang=ja 2021年9月22日閲覧。 
  39. ^ a b c world.rugby. “試合|ラグビーワールドカップ2021” (英語). www.rugbyworldcup.com. 2022年11月24日閲覧。
  40. ^ world.rugby. “ワールドラグビー、新たな世界大会を発足し、女子15人制ラグビーをスーパーチャージさせるカレンダーを調整 | ラグビーワールドカップ” (英語). www.rugbyworldcup.com. 2023年1月23日閲覧。
  41. ^ https://twitter.com/worldrugby/status/1371748145214844928” (日本語). Twitter. 2023年1月23日閲覧。
  42. ^ 女子15人制ラグビーの新国際大会誕生へ! 2023年開始、日本にもビッグチャンス - ラグビーリパブリック” (日本語) (2021年3月17日). 2023年1月23日閲覧。
  43. ^ 女子日本代表 フィジー代表戦 試合後コメントのお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  44. ^ 女子日本代表 オーストラリア代表戦 試合後コメントのお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  45. ^ 女子日本代表 オーストラリアンバーバリアンズ戦 試合後コメントのお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  46. ^ JRFU. “女子日本代表 RWC 2021 ニュージーランド大会 10月23日イタリア代表戦 試合後コメントのお知らせ” (日本語). JRFU. 2022年11月24日閲覧。
  47. ^ 女子日本代表 RWC 2021 ニュージーランド大会 10月23日イタリア代表戦 試合後コメントのお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  48. ^ a b 女子日本代表 レスリー・マッケンジーヘッドコーチ契約更新のお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  49. ^ JRFU (2020年3月6日), 女子15人制合同合宿(女子15人制強化合宿・女子TIDキャンプ)スケジュール・参加メンバーのお知らせ, (日本語), RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。15人制女子日本代表 (日本ラグビーフットボール協会), https://www.rugby-japan.jp/news/2020/03/06/50428 2021年9月27日閲覧。 
  50. ^ 2021年度第1回女子15人制TID 「Strong Girls」発掘プロジェクト実施のお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  51. ^ レポート:2021年度第1回女子15人制TID 「Strong Girls」発掘プロジェクト”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  52. ^ 2021年度第2回女子15人制TID 「Strong Girls」発掘プロジェクト”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  53. ^ 女子15人制TIDユースチーム活動予定のお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  54. ^ 女子15人制菅平合同合宿(女子15人制強化合宿・女子TID合宿) 参加メンバーのお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  55. ^ 女子15人制釜石合同合宿(強化合宿・TID合宿)実施予定および練習公開のお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  56. ^ 女子15人制市原合同合宿(強化合宿・TID合宿)スケジュールおよび参加メンバーのお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  57. ^ 女子15人制菅平合同合宿(女子15人制強化合宿・女子TID合宿) 参加メンバーのお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  58. ^ 女子15人制静岡合同合宿(女子15人制強化合宿・女子TID合宿)のお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  59. ^ レポート:女子15人制静岡合同合宿(女子15人制強化合宿・女子TID合宿)”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  60. ^ 女子15人制TIDユースチーム勝浦合宿実施のお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  61. ^ レポート:女子15人制TIDユースチーム勝浦合宿”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  62. ^ 女子15人制釜石合同合宿(強化合宿・TID合宿)参加メンバーおよび練習公開日のお知らせ”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  63. ^ 2022年第1回女子15人制TID 「Racing Girls」発掘プロジェクト”. JRFU. 2023年1月23日閲覧。
  64. ^ a b c 年代史 女子テストマッチ一覧”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  65. ^ 女子ラグビー15年の歴史 - World Cup の記録”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  66. ^ 女子ラグビー15年の歴史 - World Cup の記録 2”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  67. ^ worldrugby.org. “日本女子ラグビー、開拓者の挑戦とワールドカップ Part 2 | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2023年1月24日閲覧。
  68. ^ 女子ラグビー15年の歴史 - World Cup の記録 3”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  69. ^ 女子日本代表 「女子ラグビーワールドカップ2017 アイルランド大会」 第1戦 対フランス代表戦レビュー”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  70. ^ 会報誌68号|日本ラグビー協会メンバーズクラブサイト”. www.jrfu-members.com. 2023年1月24日閲覧。
  71. ^ ワールドカップで サクラを咲かせる!有水剛志さん”. 鹿屋市. 2023年1月24日閲覧。
  72. ^ 女子日本代表「女子ラグビーワールドカップ2017 アイルランド大会」第2戦 対アイルランド代表戦レビュー”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  73. ^ 女子日本代表「女子ラグビーワールドカップ2017 アイルランド大会」第3戦 オーストラリア代表戦レビュー”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  74. ^ 女子日本代表「女子ラグビーワールドカップ2017 アイルランド大会」 9〜12位順位決定戦 女子イタリア代表戦 レビュー”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  75. ^ rugbybworldcup.com. “概要: 日本 対 カナダ - プール B | Rugby World Cup 2021” (英語). www.rugbyworldcup.com. 2023年1月24日閲覧。
  76. ^ 女子日本代表 RWC 2021 10 月 9 日カナダ代表戦 試合後コメントのお知らせ”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  77. ^ rugbybworldcup.com. “概要: アメリカ 対 日本 - プール B | Rugby World Cup 2021” (英語). www.rugbyworldcup.com. 2023年1月24日閲覧。
  78. ^ 女子日本代表 RWC 2021 10月15日アメリカ代表戦 試合後コメントのお知らせ”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  79. ^ rugbybworldcup.com. “概要: 日本 対 イタリア - プール B | Rugby World Cup 2021” (英語). www.rugbyworldcup.com. 2023年1月24日閲覧。
  80. ^ 女子日本代表 RWC 2021 ニュージーランド大会 10月23日イタリア代表戦 試合後コメントのお知らせ”. JRFU. 2023年1月24日閲覧。
  81. ^ Women's World Rankings”. ワールドラグビー. 2023年1月30日閲覧。
  82. ^ JRFU. “(10月16日更新) 女子日本代表ニュージーランド遠征メンバーのお知らせ|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。” (日本語). www.rugby-japan.jp. 2022年11月24日閲覧。
  83. ^ JRFU. “スポンサー” (日本語). www.rugby-japan.jp. 日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。. 2021年10月14日閲覧。
  84. ^ スポーツ振興” (日本語). 大正製薬ホールディングス. 2021年10月14日閲覧。
  85. ^ a b ラグビーW杯で偉業達成の日本代表選手・スタッフ全員に支援企業から報奨金300万円” (日本語). ラグビーリパブリック (2019年12月11日). 2021年10月14日閲覧。
  86. ^ 7人制ラグビー「太陽生命ウィメンズセブンズ」特集:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年10月14日閲覧。 “2014年から始まった女子の7人制ラグビー「セブンズ」の国内サーキット大会です。今年も4大会を実施し、各大会の成績を合計してシリーズ総合優勝を決めます。(後略)”
  87. ^ セコムがラグビー日本代表のオフィシャルスポンサーとして女子日本代表を支援|セキュリティ(防犯・警備)のセコム”. セコム. 独自の視点で世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信する『月水金フラッシュニュース』. SECOM CO., LTD. (2014年8月1日). 2021年10月14日閲覧。 “セコムは2014年度、15年度、公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会に、ラグビー日本代表のオフィシャルスポンサーとして協賛し、女子日本代表(15人制・7人制)の活動を支援していくことになりました。”
  88. ^ ラグビー日本代表オフィシャルスポンサーに決定”. 三菱地所株式会社 (2019年9月20日(更新)). 2021年10月15日閲覧。
  89. ^ Archives > 青南商事、「ラグビー女子日本代表」のオフィシャルサプライヤーとして協賛”. www.seinan-group.co.jp. 青南商事 (2014年8月28日). 2021年10月14日閲覧。
  90. ^ a b アサヒビール株式会社との日本代表オフィシャルスポンサー契約締結のお知らせ, (日本語), RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。 (日本ラグビーフットボール協会 JRFU), (2021年8月26日), https://www.rugby-japan.jp/news/2021/08/26/50924 2021年8月26日閲覧。 
  91. ^ 【ラグビー日本代表】スポンサー企業一覧~新たにJTBもスポンサー契約を締結~(発表:2017-07-03)” (日本語). ラグビー.com. ラグビーベース (2019年4月3日). 2021年10月14日閲覧。
  92. ^ 凸版印刷、JOCの「アスナビ」通じ女子ラグビー福島わさな選手採用”. 日本印刷新聞社 (2017年10月4日). 2021年10月14日閲覧。
  93. ^ 凸版印刷、ラグビー日本代表オフィシャルサポーター契約を締結” (日本語). 凸版印刷 (2021年6月11日). 2021年10月14日閲覧。 “2021年6月1日から2024年3月31日の期間”
  94. ^ ◆耐える力が付き前向きに—「サンウルブズ」に「カシヤマ・ザ・スマートテーラー」で公式スーツを提供したオンワードパーソナルスタイル第一営業本部販売一部ゼネラルマネージャー 木村哲也さん”. senken.co.jp. 【業界のラガーマンが語る】ラグビー愛と日本代表への熱き思い. 繊研新聞 (2019年9月20日(更新)). 2021年10月14日閲覧。
  95. ^ JRFU. “マスターカード・ジャパン株式会社との 日本代表オフィシャルサポーター契約締結のお知らせ|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。” (日本語). www.rugby-japan.jp. 2022年7月8日閲覧。
  96. ^ スポーツ > ラグビーワールドカップ|スポンサー企業一覧(更新:2019年10月21日)” (日本語). SPODIGI (2017年7月13日). 2021年10月14日閲覧。
  97. ^ サポートアスリート > 協賛” (日本語). www.meiji.co.jp. ABOUT | ザバス. 株式会社 明治. 2021年10月14日閲覧。
  98. ^ https://twitter.com/jrfumedia/status/1543882306191966208” (日本語). Twitter. 2022年11月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • JAPAN WOMEN'S RUGBY - JRFU公式。女子15人制日本代表・女子セブンズ日本代表のポータルページ