浅見敬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅見 敬子(あさみ けいこ、女性、1977年3月4日[1] - )は、日本の元ラグビー選手で、現在は指導者。東京都出身[1]。現役時代のポジションはスクラムハーフスタンドオフ

来歴[編集]

東京都立富士森高等学校から日本体育大学に進学し、3年次に女子ラグビー部に入部して主将を務める[1]ニュージーランドノースハーバーへラグビー留学し、1999年から2000年まで地元クラブチームのニュージーランド・ネイビーでプレーした[1]

帰国後、女子ラグビークラブPHOENIX設立に参加し、ここでも主将となった[1]

1996年からは女子日本代表にも選出され、2002年女子ラグビーワールドカップにも全4試合出場[1]

2003年からは代表の主将を務め、2004年からは7人制女子日本代表にも選ばれている[1]

引退後の2007年、女子日本代表のコーチに就任[1]

2011年、7人制女子日本代表コーチとなり、豊島岡女子学園中学校・高等学校の保健体育講師として教鞭を執る傍ら、指導に当たる[1]

2012年、7人制女子日本代表ヘッドコーチに就任[1]。講師を辞職し、フルタイムコーチとなる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 女子7人制日本代表、新ヘッドコーチ決定のお知らせ”. 日本ラグビーフットボール協会. 2012年3月29日閲覧。

関連項目[編集]