クリケット日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クリケット日本代表(クリケットにほんだいひょう)とは、日本の代表として国際的な試合に出場しているクリケットチーム。2005年からは国際クリケット評議会の準メンバーとなっているが、その以前の1989年から提携は行っていた[1]。現在の世界ランクは37位であり、非テスト国の7部のリーグで戦っている[2]

歴史[編集]

クリケットが最初に日本で行われたのは1868年の横浜で、イギリスの商人の一団と横浜クリケットクラブが現在の横浜スタジアムの元となる地で行われた[3] 。横浜クリケットクラブはその後横浜カントリー&アスレティッククラブと名前を変え、現在も活動している[4]。その後は1980年代までは黎明期が続いたものの、1984年に日本クリケット協会が結成されると、1989年からは国際クリケット評議会との提携も初めた[4][1]。ナショナルチームの最初の国際大会は1996年のACCトロフィーでフィジーに380ラン差の大差で完敗している。同大会には1998年と2000年にも出場しているがよい成績は収めることができていない[5][6][7]

2000年のACCトロフィー出場後はアジアクリケット評議会を脱退し、ICCによるEast Asia/Pacific regionに加盟した。2002年2月にはオーストラリアで開催された東アジア太平洋大会に出場し、日本、インドネシア韓国、オーストラリア・アボリジニのチームの中で2位の成績を残した[8]。2004年には2007年のクリケットワールドカップの最終予選の東アジア太平洋地域においての開催国となったものの、フィジー、トンガ、インドネシアらの国に敗れてワールドカップへの切符を手にすることはできなかった[9]

2005年6月には国際クリケット評議会の総会にて日本の準メンバーへの昇格が認められた。また同年にバヌアツで開催されたICC EAPクリケットカップでは決勝でクック諸島を破り優勝を果たし、国際クリケット評議会の主催する大会で初めての優勝を果たした。2006年にもブリズベンで開催されたICC EAPクリケットトロフィーで、バヌアツクック諸島サモアトンガインドネシアなどを相手に優勝を果たしている[10][11]

2010年アジア競技大会でクリケットが加わるため、日本クリケット協会が日本オリンピック委員会承認団体となり、同大会に日本代表を派遣することが確実となったが、実際には派遣されなかった。

主な選手[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Japan at CricketArchive
  2. ^ ICC's one-day rankings
  3. ^ About the Yokohama Country & Athletic Club
  4. ^ a b Article about Japanese cricket
  5. ^ 1996 ACC Trophy at CricketEurope
  6. ^ 1998 ACC Trophy at CricketEurope
  7. ^ 2000 ACC Trophy at CricketEurope
  8. ^ 2002 East Asia Eights at CricketArchive
  9. ^ Scorecard of Japan v Indonesia at CricketArchive
  10. ^ 2005 EAP Cricket Cup, ICC official website
  11. ^ 2006 EAP Cricket Trophy at CricketEurope

外部リンク[編集]