ホッケー男子日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホッケー男子日本代表(ホッケーだんしにほんだいひょう)は、日本における男子フィールドホッケーナショナルチームである。愛称は2008年3月に発表された「さむらいJAPAN」(現在は「サムライJAPAN」に変更)。

過去の成績[編集]

オリンピック[編集]

  • 1932年 - 銀メダル
  • 1936年 - 7位
  • 1960年 - 14位
  • 1964年 - 7位
  • 1968年 - 13位

ワールドカップ[編集]

  • 1971年 - 9位
  • 1973年 - 10位
  • 2002年 - 12位
  • 2006年 - 9位

チャンピオンズチャレンジ[編集]

  • 2001年 - 5位
  • 2007年 - 5位

歴代監督[編集]

愛称について[編集]

  • 2008年4月5日~13日の北京オリンピック最終予選に向けて全国から一般公募し、2008年3月に「さむらいJAPAN」を発表、同時に商標登録出願をした。一方で、同年11月12日にワールド・ベースボール・クラシックに向けた野球日本代表の愛称として、日本野球機構が「SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)」を発表した。日本ホッケー協会の永井東一広報委員長は「露出の差を考えれば、こちらがマネしたと思われる」「WBC日本代表より前に“さむらい”を名乗っていた。元祖は私たちなのでパクったのではない」と主張、野球機構など関係団体に抗議文を提出した。これに対し、野球側は「商標類似」などルール上の問題はないとし「SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)」を取り下げることはしなかったことで、日本ホッケー協会理事からは「オレたちの方が早かったのだから金を取れ」という意見も出た[1][2]。これについて、日本野球機構コミッショナー加藤良三は「双方の代表が親しまれ、さらに活躍できるように協力、応援をお願いしたい」と配慮するコメントを残したが、WBCで日本代表の活躍を見た日本ホッケー協会の永井東一広報委員長は「“侍ジャパン”の名前がこうして表に出ていることに関しては、複雑な思いもありますね」とも語った[3]

脚注[編集]

  1. ^ 【WBC】“さむらい”マネしないで!男子ホッケー代表すでに命名 日本ホッケー協会が野球機構など関係団体に抗議文を提出 スポーツ報知 2008年8月13日
  2. ^ 元祖「侍」ジャパンはこっちです!商標登録もしてた Sponichi Annex 2009年4月7日
  3. ^ “複雑? ホッケー日本代表…元祖「さむらいジャパン」”. ZAKZAK. (2010年4月6日). http://www.zakzak.co.jp/spo/200903/s2009032719_all.html 2011年3月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]