ソフトボール日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソフトボール女子日本代表は、日本ソフトボール協会による女子ソフトボールナショナルチームである。

過去オリンピックではアトランタ4位・シドニー銀・アテネ銅、北京では金の結果を残している。世界選手権では自国開催の1970年大会と2012年カナダ大会2014年オランダ大会で優勝しており、世界的にも強豪国の一つに数えられている。

女子のみならず男子の代表も編成されており、こちらも2000年2019年の世界選手権で準優勝に輝いた。

代表の愛称は、2017年に決定した「SOFT JAPAN(ソフト・ジャパン)」(男子やジュニアなど各代表共通)[1]

過去の戦績[編集]

乾絵美上野由岐子(2006年ワールドカップ)
オリンピック
  • 1996年 4位
  • 2000年 2位 銀メダル
  • 2004年 3位 銅メダル
  • 2008年 1位 金メダル
世界選手権
  • 1965年 3位 3位
  • 1970年 1位 優勝
  • 1974年 2位 準優勝
  • 1978年 不参加
  • 1982年 不参加
  • 1986年 8位
  • 1990年 5位
  • 1994年 7位
  • 1998年 3位 3位
  • 2002年 2位 準優勝
  • 2006年 2位 準優勝
  • 2010年 2位 準優勝
  • 2012年 1位 優勝
  • 2014年 1位 優勝
  • 2016年 2位 準優勝
  • 2018年 2位 準優勝
ワールドカップ
  • 2005年 1位 1位
  • 2013年 1位 1位
  • 2016年 1位 1位
  • 2017年 1位 1位

歴代監督[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]