バドミントン日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バドミントン日本代表は、日本バドミントン協会によって選出され[1]、国際大会に派遣される日本バドミントンナショナルチームである。なお、下記の選手及びそれ以外の選手が所属チームからの自費派遣という形で国際大会に出場することがある。[2]

オリンピック出場選手一覧(正式競技化以降)[編集]


開催都市
男子シングルス 女子シングルス 男子ダブルス 女子ダブルス 混合ダブルス
2012[3]
ロンドン
佐々木翔
田児賢一
佐藤冴香 佐藤翔治川前直樹 2位 藤井瑞希垣岩令佳
末綱聡子前田美順
池田信太郎潮田玲子
2008[4]
北京
佐藤翔治 廣瀬栄理子 舛田圭太大束忠司
坂本修一池田信太郎
小椋久美子潮田玲子
末綱聡子前田美順
2004[5]
アテネ
山田英孝
佐藤翔治
森かおり
米倉加奈子
田中美保
舛田圭太大束忠司 山本静香山田靑子
中山智香子吉冨桂子
大束忠司山本静香
2000[6]
シドニー
舛田圭太
山田英孝
水井泰子
井田貴子
米倉加奈子
井川里美永峰弘子
岩田良子松田治子
1996[7]
アトランタ
町田文彦 水井妃佐子
水井泰子
宮村愛子宮村亜貴子
阪本雅子松尾知美
1992[8]
バルセロナ
町田文彦
本山秀昭
水井妃佐子
鴻原春美
松野修二松浦進二
町田文彦宮康二
陣内貴美子森久子
捧匡子松尾知美
水井妃佐子鴻原春美
<無し>[9]

国別団体戦の記録[編集]

トマス杯
  • 1964 - 準決勝進出 (4位/5位)
  • 1967 - ファイナルラウンド (3位)
  • 1970 - アジアゾーン決勝進出
  • 1979 - 準決勝進出
  • 1982 - 5位/6位
  • 1984 - 7位/8位
  • 2004 - 5位/8位
  • 2006 - 準々決勝進出
  • 2008 - 準々決勝進出
  • 2010 - 準決勝進出
  • 2012 - 準決勝進出
  • 2014 - 優勝
ユーバー杯
スディルマンカップ

日本代表選手及びコーチ[編集]

  • 2015年日本代表選手及びコーチ[10]※所属は平成27年(2015年)6月時点

日本代表選手[編集]

ナショナルチームA代表[編集]

ナショナルチームB代表[編集]

ナショナルチームコーチ[編集]

ヘッドコーチ[編集]

コーチ[編集]

アシスタント[編集]

過去のバドミントン日本代表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2015年日本代表選手選考基準
  2. ^ 2015年国際大会自費参加基準及びエントリー要項
  3. ^ tournamentsoftware.com 2012 Olympics
  4. ^ tournamentsoftware.com Olympics 2008
  5. ^ tournamentsoftware.com OLYMPIC GAMES 2004
  6. ^ tournamentsoftware.com Olympic Games 2000
  7. ^ tournamentsoftware.com Olympic Games 1996
  8. ^ tournamentsoftware.com Olympic Games 1992
  9. ^ 混合ダブルスはアトランタ大会以降
  10. ^ 2015年日本代表選手及びコーチについて (PDF)”. 日本バドミントン協会 (2015年6月15日). 2015年6月17日閲覧。
  11. ^ 6月15日付でA代表へ
  12. ^ 2014年日本代表(ナショナルチーム部)コーチ及び選手
  13. ^ 2013年日本代表(ナショナルチーム部)コーチ及び選手
  14. ^ 2012年日本代表(ナショナルチーム部)コーチ及び選手
  15. ^ 2011年日本代表(ナショナルチーム部)コーチ及び選手
  16. ^ 2010年日本代表(ナショナルチーム部)コーチ及び選手
  17. ^ 2009年日本代表(ナショナルチーム部)コーチ及び選手
  18. ^ 2007年日本代表(ナショナルチーム部)コーチ及び選手について
  19. ^ 2006年日本代表(ナショナルチーム部)コーチ及び選手について

関連項目[編集]

外部リンク[編集]