新体操日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2012年ロンドン五輪でのフェアリージャパン

新体操日本代表(しんたいそうにっぽんだいひょう、しんたいそうにほんだいひょう)は、日本体操協会により編成される 新体操日本ナショナル選抜チームである。愛称は「フェアリージャパン」で、公式スポンサーであるポーラの社名を入れてフェアリージャパンPOLA(Fairy Japan Pola)と表記することもある。団体競技だけではなく、個人競技の選手もいる。

略歴[編集]

  • 2006年・・2003年の世界新体操選手権でのリボンがからまるミスによるまさかの惨敗(16位)・アテネオリンピックの出場権を逃すという結果を受け、従来とは違う画期的な強化策として、学閥・クラブとは関係なく、全国からスタイルのいい若手をオーディションで選び、集中合宿をして鍛えていくという方法を取り、「チームジャパン」としてスタート。この年に行われた三重ワールドカップファイナルではフープクラブ7位という好成績を残した。
  • 2007年・・株式会社ポーラがオフィシャルパートナー(スポンサー)となり、チーム名も「フェアリージャパンPOLA」となる。この年のギリシャ・パトラス世界新体操選手権で総合7位となり、2大会ぶりのオリンピック出場権を獲得。
  • 2008年・・北京オリンピック予選総合10位。ミスが重なり、目標であった決勝進出を逃す。決勝進出の8位までは0.6差、6位まででも0.775差と、わずかな差であった。北京オリンピック後、引き続き、フェアリージャパンは続行。2009年9月の三重世界新体操選手権での上位進出、メダル獲得を目指す。
  • 2009年・・三重世界新体操選手権では、5フープでは予選落ちしたものの、総合では8位入賞。種目別決勝に進んだリボンロープでは4位(種目別、過去最高順位に並ぶ)となり、現チームが発足して3年半の、集大成というべき結果を残した。現チームはこの三重世界新体操選手権で一区切りとなる。
  • 2009年12月・・ロンドンオリンピックへ向けてのメンバーオーディションが開催され、新メンバー、新体制が発表された。
  • 2013年7月 9期メンバーがリクルートの関連会社ブライダル総研が開催した「第1回ベストエンゲージメント2013」でプロジェクト推薦部門(フレンド部門)を受賞。受賞理由は「共同生活を通じて、厳しい練習を共に乗り越え、世界の頂点を目指して切磋琢磨を続ける9人の仲間たち。その中で芽生えた仲間との絆の素晴らしさから」[1]
  • 2017年11月 - 13期メンバーのうち、団体競技で42年振りのメダル(銀1、銅2)獲得に貢献した杉本早裕吏松原梨恵国井麻緒横田葵子竹中七海鈴木歩佳、個人競技で42年ぶりの銅メダルを獲得した皆川夏穂が「第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞」ビッグスポーツ五輪奨励賞を受賞。[2]

スタッフ[編集]

2009年12月~

  • ロンドンオリンピック強化委員会新体操強化本部長:山崎浩子
  • 団体競技コーチ:インナ・ビストロヴァ(ロシア)、横地愛

~2009年

  • 北京オリンピック強化委員会新体操強化本部長:山崎浩子
  • ヘッドコーチ:五明みさ子
  • コーチ:吉岡紀子
  • 美容コーチ

フェアリージャパン公式HPでは「ポーラ美容コーチ」として紹介されている。

[3]

  • 過去の美容コーチ
    • 渡邉和子(ポーラ)
    • 酒見桂子(ポーラ)
    • 馬場智(ポーラ)

現メンバー[編集]

  • 2005年12月に全国オーディションで9人が選抜され、数回の入れ替えを経て現在のメンバーになった。千葉市内のマンションに住み込み、共同生活を送っている。
  • 2008年6月、北京オリンピック代表6人(出場は5人)が発表された。落選した3人は国内補欠となった。
  • 2009年現在の練習・合宿拠点は都内の味の素ナショナルトレーニングセンターに移っている。
  • 2009年4月にはフェアリージャパンチャレンジ練習生オーディションが開催された。合格者は練習生として、フェアリージャパンと一緒に、土日の集中練習や月1回の合同合宿を行い、近い将来の日本代表をめざすというもの。5人が合格している。
  • 2009年12月、ロンドンオリンピックへ向けてのオーディションが開催され、新メンバーが発表された。Aメンバーは2010年9月のモスクワ世界新体操選手権までロシア・サンクトペテルブルクが合宿拠点となる。

メンバー[編集]

2018年 - (第14期)[編集]

2017年 - (第13期)

[5] 

2012年ロンドン五輪でのフェアリージャパン
2016年-(第12期)

以上リオデジャネイロ五輪新体操 日本代表団体メンバー

2015年-(第11期)
  • 松原梨恵
  • 畠山愛理
  • 杉本早裕吏
  • 国井麻緒
  • 横田葵子
  • 熨斗谷さくら
  • 竹中七海
  • 小林秀圭
  • 鈴木歩佳
2014年1月-(第10期[6]
2013年 - (第9期[7]
2009年12月~(第6期新体操日本ナショナルチーム選抜団体チーム)

Aメンバー

Bメンバー

  • 津田愛実(竹田RG)
  • 佐々木南海(飛行船新体操クラブ)
  • 藤岡里沙乃(みやび新体操クラブ)
  • 池ヶ谷晴香(アンジュ)
  • 杉本早裕吏(みなみ新体操クラブ)
  • 小野明日香(シェリーRG)
  • 国井麻緒(山形RG)
2008北京オリンピック、2009三重世界新体操選手権代表
2009フェアリージャパンチャレンジ練習生
  • 深瀬菜月(秋田新体操クラブ)
  • 三浦莉奈(ウーマンズ新体操クラブ)
  • サイード横田仁奈(ふじしま新体操クラブ)
  • 畠山愛理(東京ジュニア新体操クラブ)
  • 進藤みのり(秋田新体操クラブ)
2008北京オリンピック代表補欠

主な試合結果[編集]

新体操団体競技日本代表のもので、フェアリージャパン(チームジャパン)以前も含む

  • 1999年世界新体操選手権大会 (団体総合4位)
  • 2000年シドニーオリンピック(団体総合5位)
  • 2002年世界新体操選手権大会 (団体総合10位)
  • 2003年世界新体操選手権大会 (団体総合16位)- アテネオリンピックの出場権を逃す。
  • 2005年世界新体操選手権大会 (団体総合9位、種目別リボン6位)
  • 2006年、第6回新体操ワールドカップ(ファイナル)決勝大会 (団体種目別フープ・クラブ7位)
  • 2007年世界新体操選手権大会 (団体総合7位、団体種目別ロープ7位、フープ・クラブ8位) - 北京オリンピック代表決定。団体の五輪出場は2000年シドニーオリンピック以来、2大会ぶり。
  • 2007年、新体操国際大会 in FUKUOKA 2007 (団体総合4位、種目別フープ&クラブ3位)種目別フープ&クラブでは初の17.100をマーク。
  • 2008年北京オリンピック、団体予選総合10位。
  • 2009年、ポルトガル・ポルチマン新体操国際、種目別決勝リボンロープ優勝。(総合では8位。5フープは12位予選落ち)個人団体含めて、新体操ワールドカップシリーズで優勝は史上初。
  • 2009年、ベラルーシ新体操国際、団体総合5位。種目別決勝フープ7位、リボンロープ6位。
  • 2009年世界新体操選手権三重大会、団体総合8位(フープ10位、リボンロープ4位)。種目別決勝リボンロープ4位(種目別の過去最高順位に並ぶ)。
  • 2010年 ロシア新体操国際(Gazprom Cup) 団体総合4位 種目別決勝フープ4位 リボンロープ3位
  • 2010年 ギリシャ新体操国際(カラマタカップ) 団体総合8位 種目別決勝フープ7位 リボンロープ6位
  • 2010年 サンクトペテルブルク新体操国際 団体総合3位 種目別決勝フープ3位 リボンロープ3位
  • 2010年 ベラルーシ新体操国際 団体総合4位 種目別決勝フープ2位 リボンロープ5位
  • 2010年 イタリア新体操国際 団体総合10位 種目別決勝リボンロープ4位
  • 2010年 世界新体操選手権モスクワ大会 団体総合6位 種目別決勝フープ6位 リボンロープ6位
  • 2011年 世界新体操選手権モンペリエ大会 団体総合5位
  • 2012年 ロンドンオリンピック 団体総合7位
  • 2016年 リオデジャネイロオリンピック 団体決勝8位
  • 2017年 新体操チャレンジカップスペイン大会団体種目別決勝フープ18.600点 1位
  • 2017年 新体操チャレンジカップスペイン大会団体種目別決勝ロープ&ボール18.300点 3位
  • 2017年6月 アジア新体操選手権団体総合36.050点 1位 [9] [10]
    • ロープ&ボール17.950点、5フープ18.100点[11]
  • 2017年8月 新体操チャレンジ杯ベラルーシ大会総合35.250点3位
    • 5フープ18.050点、3ボール2ロープ17.200点 [12]
  • 2017年9月2日 - 世界選手権(イタリア)団体総合
    • 出場メンバー:杉本早裕吏 松原梨恵 横田葵子 竹中七海 鈴木歩佳 (サブ:国井麻緒)
      • フープ18.400点、ロープ・ボールでは18.250点総合得点36.650点 3位

団体総合でのメダルは1975年大会以来42年振りの快挙。[13][14]

  • 2017年9月3日 - 世界選手権 (イタリア)種目別
    • ボールロープ 18.650点 2位
    • 5フープ 18.600点 3位 [15]

メダル3個獲得は史上初の快挙。[16]

メディア出演[編集]

2012年[編集]

番組名 放送局名 放送日 出演メンバー(または期) 備考
おはスタ テレビ東京 9月20日

9月27日

9月20日はスタジオゲスト [17]

9月27日はおはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!

手具のリボンを使ったダンスVTR出演

使用楽曲[編集]

2006年

  • 3フープ4クラブ・・Tango de los exiliados/Vanessa Mae

2007年

  • 5ロープ・・Sabre Dance/Vanessa Mae
  • 3フープ4クラブ・・Battle for Varden(映画「エラゴン」より) /Patrick Doyle

2008年

  • 5ロープ・・Sabra Dance/Vanessa Mae
  • 3フープ4クラブ・・Battle without honor and humanity (Samurai Mix)/布袋寅泰

2009年

  • 2ロープ3リボン・・Dinner、Desert Foxes、Kiss and Make Up、Bogota、Minivan Chase(映画「Mr. and Mrs. Smith」より)/John Powell
  • 5フープ・・El Tango De Roxanne(映画「ムーラン・ルージュ」より)/Ewan McGregor, Jose Feliciano & Jacek Koman
  • エキシビション・・Diablo Rojo /Rodrigo Y Gabriela

参考文献[編集]

  • 井村雅代宇津木妙子・五明みさ子「女は女が強くする」草思社 (2001/07) - 五明コーチが語る女子選手の鍛え方と育て方。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]