齋藤愛見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さいとう まなみ
齋藤 愛見
生誕 1979年
国籍 日本の旗 日本
職業 経営者バレエ指導者バレエダンサー

齋藤 愛見(さいとうまなみ、1979年 - )は日本のバレエダンサー、バレエ指導者。株式会社TIARA代表、バレエアーツ主宰者。日本体育大学大学院修士課程修了。一般社団法人日本ダンスサイエンスアカデミー代表理事。

人物[編集]

桐朋女子中学校・高等学校卒業、日本体育大学大学院博士前期課程修了。 幼少よりクラシックバレエを習い始め19歳の時に渡仏、解剖学、ダンス史等も学ぶ。 21歳の時に「ポワントヴェールバレエクラス」、23歳の時に「バレエアーツ」を開設[1]

近年は、流通経済大学新体操部[2]や日本代表を目指すラグビー選手[3]等にバレエを指導する傍ら、大学院にて体育科学修士を取得し、大学教員にも従事している[1]。一般社団法人日本ダンスサイエンスアカデミー代表理事。

経歴[編集]

  • 1979年 東京都にて生まれる[4]
  • 1982年 3歳の時にクラシックバレエを始め、睦恭子に師事[4]。その後、ロシアバレエインスティテュートにて、ゲンリフAマイヨ-ロフ(ボリショイバレエ学校芸術監督)、東京バレエ団付属バレエ学校にて友田弘子(東京バレエ団ミストレス)、友田優子らに師事[1]
  • 1998年 Ecole Supérieure de Danse de Cannes Rosella Hightower(フランス)留学。リリーステクニック、解剖学、ダンス史等を学ぶ[1]
  • 2000年 ポワントヴェールバレエクラス開設[5]
  • 2002年 23歳の時に大人のためのクラシックバレエスクール「バレエアーツ(東京都中野区)」を開設[6]
  • 2012年 日本体育大学大学院博士課程(トレーニング科学系)においてクラシックバレエの動作学研究に従事[1]。国際ダンス教育センター(旧バレエアーツメディカルアカデミー)を創設。
  • 2014年~ 大学教員に従事している[5]
  • 2017年 一般社団法人日本ダンスサイエンスアカデミー設立[7]、代表理事。

著書[編集]

  • 『BALLET COACHING(バレエコーチング)考えるダンサーを育てる』叢文社 、ISBN 978-4-7947-0698-0
  • 『バレリーナの教える10分間バレエ・エクササイズ―1週間続けて美しくなる』スタジオ・タック・クリエイティブ出版、2008年10月25日、ISBN 978-4-88393-292-4
  • 『バレエ・ボディメイキング―しなやかで美しいバレリーナの身体を作る』スタジオ・タック・クリエイティブ出版、2006年1月15日、ISBN 978-4-88393-169-9

関連項目[編集]

脚注[編集]