畠山愛理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
畠山愛理 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
畠山愛理.jpg
愛称 あいりちゃん
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-08-16) 1994年8月16日(22歳)[1]
生誕地 東京都
身長 170cm
体重 47kg
種目 新体操
所属 東京ジュニア新体操クラブ
学歴 日本女子体育大学卒業
元コーチ 山崎浩子
引退 2016年
 
獲得メダル
世界選手権
2015 5 リボン
テンプレートを表示

畠山 愛理(はたけやま あいり、1994年8月16日 - )は、東京都出身の日本新体操選手、ミス日本ロンドンオリンピック(2012)リオデジャネイロオリンピック新体操団体日本代表。多摩市立聖ヶ丘中学校大原学園高等学校日本女子体育大学体育学部卒業。

人物[編集]

  • 東京ジュニア新体操クラブ、株式会社スポーツバックス所属。
  • 好きな食べ物は焼肉。部位はタン。
  • 好きな芸能人はチュートリアル徳井義実アンタッチャブル山崎弘也 
  • 好きな動物は犬。
  • カラオケで歌うアーティストはaiko
  • 腰椎分離・すべり症のケガがあり、筋トレしないと腰が痛む。
  • 炭水化物は太るイメージがあり、1日100グラムしか摂取していない。管理栄養士からはもっと多く摂取するように指導を受けた事がある。
  • 好きな男性のタイプは
    • 大人っぽい(歳が若くてもしっかりしている)人
    • 引っ張って行ってくれる人
    • 「(自分が抜けている所があるので)抜けている所を埋めてくれる人」

などを挙げている。

  • 嫌いな男性のタイプは「(仕事とプライベートの)切り替えが出来ない人」
  • 外で彼と手を繋ぐのはOK。
  • 告白は待つタイプ。
  • 好きな種具は「フープ
  • 好きな言葉は「自分らしく背伸びせず」[1]
  • 性格は「明るい」「素直」
  • チャームポイントは「笑顔」
  • 得意技は「ジャンプ」「リフティング」[2][3]
  • ラーメンの麺の硬さは「バリ硬」[4]
  • 現役中の入浴法として湯船につかる、冷水のシャワーを浴びるを繰り返し、約1時間半ほど入浴する。[5]
  • 自然の多い場所(田舎)でゆっくりするのが好き。
  • フェアリージャパンの後輩たちについては「レベルは高いから海外選手とも戦えますけど、試合一本に懸けるところでは日本チームはまだ足りていない」と分析。
  • 右利き。

経歴[編集]

  • 2000年、6歳の時、手具のリボンの美しさに憧れ新体操を始める。体が硬く、開脚は90度、前屈は手が足に届かないくらいだった。
  • 2009年12月、中学3年生の時、フェアリージャパンオーディションに合格。新体操日本ナショナル選抜団体チーム入り。オーディション合格からわずか3日後にはロシア合宿に参加。アイフォンやパソコンがなく親との連絡が出来ないうえ、ロシア語がわからず号泣していた。[6]
  • 2009年、全日本ジュニア新体操選手権の前日に「(試合に出るのが)怖くて仕方がない出られません」と欠場の電話をコーチにした。コーチは「ビリでも良いんだよ」と諭すと「本当にビリでも良いんですか?じゃあ出ます」と元気を取り戻して出場した。(2016年8月4日放送 グッド!モーニング )
  • 2010年~2011年世界新体操選手権代表(団体)。2012年ロンドンオリンピック代表に選ばれる(新体操団体)。
  • 2013年 リクルートの関連会社ブライダル総研が開催した「第1回ベストエンゲージメント2013」でプロジェクト推薦部門(フレンド部門)フェアリージャパンメンバーとして受賞。[7]
  • 2015年ミス日本コンテストにおいて著名女性に対して贈呈する特別表彰の「和田静郎特別顕彰ミス日本」[2][注 1]の第1号が贈られた。
  • 2016年リオデジャネイロオリンピック代表に選ばれ(新体操団体。2大会連続)、団体8位入賞。オリンピック終了後に現役引退を表明した。
  • 2017年、上原浩治が所属するスポーツ選手の芸能活動のマネジメント事務所「(株)スポーツバックス」に入社。スポーツコメンテーター・モデルなどの活動を本格的に始める。今後は後継者の育成にも尽力する予定[3]

主な試合結果[編集]

  • 2009年 第27回全日本ジュニア新体操選手権大会個人総合8位 [8]
  • 新体操日本ナショナル選抜団体チームとして
  • 2010年 サンクトペテルブルク新体操国際 団体総合3位 種目別決勝フープ3位 リボンロープ3位
  • 2010年 イタリア新体操国際 団体総合10位 種目別決勝リボンロープ4位
  • 2010年 世界新体操選手権モスクワ大会 団体総合6位 種目別決勝フープ6位 リボンロープ6位
  • 2011年 エストニア新体操国際(Miss Valentine) 種目別決勝ボール4位 リボンフープ3位
  • 2011年 モスクワグランプリ新体操国際 団体総合3位 種目別決勝ボール3位 リボンフープ2位
  • 2011年 W杯イタリア新体操国際 団体総合8位 種目別決勝 リボンフープ8位
  • 2011年 W杯ウズベキスタン国際 団体総合優勝 種目別決勝ボール優勝 リボンフープ優勝
  • 2011年 世界新体操選手権フランス大会 団体総合5位 種目別決勝ボール5位 リボンフープ7位
  • 2012年 モスクワグランプリ新体操国際 団体総合2位 種目別決勝ボール2位 リボンフープ2位
  • 2012年 ティエグランプリ新体操国際 団体総合6位 種目別決勝ボール6位
  • 2012年 W杯イタリア新体操国際 団体総合10位 種目別決勝ボール5位
  • 2012年 W杯ロシア新体操国際 団体総合2位 種目別決勝ボール2位 リボンフープ2位
  • 2012年 ロンドンオリンピック 新体操団体決勝 7位 [9]
  • 2016年 リオオリンピック新体操団体決勝8位(この試合を最後に引退)

テレビ[編集]

  • 出演した番組の一覧表。同年で出演回数が複数回の番組は、放送日が早い順に並べている。
  • 年をまたいでの複数回出演番組は各年ごとにリストアップしている。

2012年[編集]

番組名 放送局 放送日時 内容
新春アスリートトーク 2012

女性アスリートのチカラ!

NHK 1月9日 自己紹介や趣味、団体と個人競技の違いについて語った。[10]
明石家さんま櫻井翔上田晋也

ロンドン五輪直前SP

日本テレビ 7月24日 フェアリージャパンに関する噂をメンバーが回答[11]

2013年[編集]

番組名 放送局 放送日時 内容
SPORTS X (#69) BS朝日 8月4日 大学生活、練習に密着、インタビュー[12]
おはスタ テレビ東京 11月 おはガール(当時)の

ゆうな(平祐奈)、ひなこ(吉川日菜子)、なつみ(岡本夏美)に

新体操手具操作を指導。

国分くんちのスポーツ忘年会 大忘年会2013 フジテレビ 12月31日 顔が似ているとの理由で

麻丘めぐみの「わたしの彼は左きき」を歌った

2014年[編集]

番組名 放送局 放送日時 内容
ジャンクSPORTS 2014

注目アスリート大集合SP

フジテレビ 1月25日
  • モノを落とした時、ヒザを曲げず上体だけで拾ってしまうクセ

(本人は職業病と称している)がつき、

スカートを履いている時でもスカートを履いている事を忘れてモノを拾う

エピソードトークに

MCのダウンタウン浜田雅功から「パンツ見えてまうで!」と突っ込まれた。

  • 全く関係のない所で笑ってしまい、浜田から「笑ってるで」と突っ込まれた。後日、自身のツイッターで「突っ込んでくれてうれしかった」とツイート。

(本人のツイートは削除されているが、サイトで紹介されている)[13]

SPORTS X

(#136 137)

BS朝日 11月23日

11月30日

スタジオゲストで9つのキーワードに沿っての回答や、

番組MCの古田敦也 に手具操作を指導した。

[14] [15]

COLLEGE×SPORT フジテレビ 12月21日 「ぶらりカレッジの旅 日本女子体育大学編」の新体操部紹介で

遠藤由華、リポーター川合俊一と出演。

2015年[編集]

番組名 放送局 放送日時 内容
バイキング フジテレビ 1月14日 今年活躍 世界の美人アスリートのコーナーに出演。[16]
NEWS ZERO 日本テレビ 4月29日 「ZEROhuman」のコーナーに出演。[17]
ミライのつくりかた テレビ東京 5月28日 [18]
S☆1 TBS 8月9日 番組出演者(当時)小島瑠璃子に手具操作を指導。[19]
ヒルナンデス! 日本テレビ 10月2日 「カロリー食えスト!」のコーナーが日本女子体育大学でロケ。

フェアリージャパンメンバー(当時) 田中琴乃と出演

シューイチ 日本テレビ 10月25日 中山のイチバンのコーナーに出演。

中山秀征国立スポーツ科学センターに出向き

新体操を体験。インタビューを受ける。[20] 

Going!Sports&News 日本テレビ 11月12日

2016年[編集]

番組名 放送局 放送日時 内容
めざましテレビアクア フジテレビ 1月4日 「アクアスポーツ」のコーナーで

フェアリージャパン の練習、初詣密着VTRに出演。

めざましテレビ フジテレビ 1月13日

6月16日

7月27日

TOKYO応援宣言 テレビ朝日 1月16日

2月27日

[21]
すぽると! フジテレビ 1月26日 番組のコーナー「REALVENUS」で祖母と出演。
女神たちの時代

美女アスリートの

“ON&OFF”スペシャル!!

テレビ東京 4月23日 密着取材 [22]
村上信五とスポーツの神様たち フジテレビ 4月30日

7月6日

9月14日

4月30日は「傑作選!出張!現役神様を全力応援SP」として放送。

7月6日は村上信五に手具操作を指導、フェアリージャパンメンバー全員で〇X形式のインタビューに答えた。

  • 村上から「施設内で(ナンパ目的で)声かけられた事あるんちゃう?」の質問に「(この質問に〇は)挙げにくいです」との回答。
  • さらに「挙げにくいという事は声かけられた?」との追及に「そういう意味ではないです」と否定した。
中居正広のスポーツ号外スクープ狙います テレビ朝日 5月23日 記者が選ぶ美女アスリートとしてノミネート。

フェアリージャパンメンバーの杉本早裕吏と出演。

サンデースポーツ NHK 6月26日
スポーツの力 BSフジ 6月28日
スポーツLIFE HERO'S フジテレビ 7月2日

9月11日

7月2日は「宮澤智のFIVECOLORS」のコーナーにインタビューVTRで出演

9月11日はスタジオゲスト、特集VTRに出演。[23]

アスリートの魂 NHK 7月3日 フェアリージャパンのロシア合宿に密着[24]
グッド!モーニング テレビ朝日 8月4日 新体操 競技人生を振り返り、実母や所属している東京ジュニア新体操クラブ のコーチのエピソードや新体操を始めた頃の写真などを紹介。
ホンマでっか!?TV

(2時間SP)

フジテレビ 9月

21日

競技を引退しても体型を維持したいとの相談に対し、

重太みゆきから「年齢や体型の事などを口癖にすると相応の体型になってしまう。笑顔で日々私、フェアリーだから」と言うようにアドバイスを受け、

明石家さんまからのフリで実際に言わされた。 [25]

2017年[編集]

番組名 放送局名 放送日 内容
嵐にしやがれ

(元日SP)

日本テレビ 1月1日 相葉雅紀の代行調査」のコーナーに「相葉ジャパン」メンバーとして

吉田沙保里らと共演。[26]

テレビスポーツ教室 NHK教育 2月12日

2月19日

新体操編の講師としてリボンとクラブの手具操作を指導 [27]
村上信五とスポーツの神様たち フジテレビ 3月28日

4月12日

3月28日は1時間SP

プライベートで声を掛けられるか?の問いに

「(新体操競技用メイクが濃過ぎて変装しなくても)声はかけられない、

変装もしない」と回答。靴を見ている時に自分が気になった靴の前に連絡先が置かれていた事があった。

人生が変わる1分間の深イイ話 日本テレビ 4月24日 美人ハンター徳井のコーナーに出演。

徳井が今夜くらべてみましたの中で使う「カモーンヌ」で呼び込んで欲しいと

リクエストし、スタジオ登場時に「愛理カモーンヌ」で呼び込まれた。

司会の今田耕司が徳井との食事のセッティングをしようとしたが

「(徳井は)恋愛対象ではない」と断った[28] [29]

追跡LIVE! Sports ウォッチャー テレビ東京 4月30日 シンクロナイズドスイミングの取材、スタジオゲスト[30]
スポーツLIFE HERO'S フジテレビ 5月7日

6月4日

スタジオキャスターとして出演。[31]

6月4日は海外取材の加藤綾子 に代わりサブキャスターとして出演。

中居正広のミになる図書館 テレビ朝日 5月8日 番組内で長さ20メートルの綱渡り(スラックライン)に

体操選手 田中理恵とともに生放送で挑戦。

2メートル50センチで落下し、司会の中居正広からの問いに、

足がプルプルし体が支えきれなくなって落ちたと言いたかったらしいが

「足が(携帯電話の)マナーモード状態で」と独特な表現をした。[32]

ダウンタウンDX 日本テレビ

(読売テレビ制作)

6月1日 手具のリボンの操作を披露。
  • 体を動かす(おもにストレッチをする)為に、部屋にほとんどモノを置いていない[34]
なら≒デキ〜○○なら××デキるはず〜 (SP) テレビ朝日 6月18日 18時57分から放送の2時間SP。

体操選手の 鶴見虹子元フィギュアスケート選手の八木沼純子 とスタジオパネラーとして出演。放送日がラジオの生放送と重なり、

八木沼とは2本連続の共演となった。 [35] [36] 

ラジオ番組[編集]

2013年[編集]

番組名 放送局名 放送日 内容
中野浩一のフリートーク TBSラジオ 4月20日 フェアリージャパンの主将になったばかりのエピソードトーク

[37]

2016年[編集]

番組名 放送局名 放送日 内容
とっておきラジオ リオへ!世界の壁を越えていく

~リオデジャネイロオリンピック~

NHKラジオ第1 5月5日 山崎浩子杉本早裕吏と出演

[38]

2017年[編集]

番組名 放送局名 放送日 内容
 関根勤のスポパラ 文化放送 5月1日、8日 大きなケガはした事があるか?の問いに「腰椎分離・すべり症」である事を公表。
  • (顔が似ているとの理由で麻丘めぐみの「わたしの彼は左きき」を歌った)事がある事にちなみ、関根勤から「畠山さんは右利きですか?」の質問に「はい」と回答。
  • 母も昔麻丘めぐみに似ていてテレビ局員に声を掛けられ写真を撮られた事がある。
  • カラオケで歌うアーティストはaiko
  • 腰椎分離・すべり症のケガがあり、筋トレしないと腰が痛む。
  • 炭水化物は太るイメージがあり、1日100グラムしか摂取していない。管理栄養士からはもっと多く摂取するように指導を受けた事がある。
  • 好きな男性のタイプは
    • 大人っぽい人(歳が若くてもしっかりしている人)
    • 引っ張って行ってくれる人
    • (自分が抜けている所があるので)抜けている所を埋めてくれる人」などを挙げている。
  • 嫌いな男性のタイプは「(仕事とプライベートの)切り替えが出来ない人」
  • 外で彼と手を繋ぐのはOK。
  • 告白は待つタイプ。[39] [40]
くにまるジャパン 極 文化放送 5月9日 [41]
SPORTS DISCOVERY from TOKYO SKYTREE TOWN STUDIO 文化放送 6月18日 筋トレ方法として1キロくらいのダンベルを足首に巻くなどのトレーニング方法(アメリカンカと称する)を紹介。
  • 合宿でツラい時は練習場では笑顔だったが、トイレなどに行き号泣していた。
  • 質問メールで投稿された「将来何になるの」の問いにキャスターや体で表現できるミュージカルなどに挑戦したいと回答。女優はあまり乗り気ではない。[42] [43]
  • MCの砂山圭大郎から「お二人の面識は?」と聞くと八木沼が「愛理ちゃんとは先週(ならデキの収録)ぶりと回答。[44]
6月

新聞、書籍、パンフレット[編集]

  • 新聞は大会出場等の記事を除いたものを表に記載している。

2015年[編集]

媒体名 出版、販売元 発売日 おもな内容
朝日新聞 朝日新聞社 10月31日 特集記事「素顔のアスリート」のインタビュー記事に

大学の先輩でシンクロナイズドスイミング元日本代表、ミス日本グランプリを受賞した芳賀千里とともに出演。[45]

スポーツカードマガジン2016年1月号 ベースボールマガジン社 11月27日 表紙、インタビュー、付録のトレーディングカードに出演[46]
GQ JAPAN2016年2月号 コンデナスト・ジャパン 12月24日 特集記事「美人アスリート名鑑」#1 インタビュー、モデルとして出演[47] [48][49][50]

2016年[編集]

媒体名 出版、発売元 発売日 主な内容
週刊ヤングジャンプ2016年4月21日号 集英社文庫 4月7日 表紙、インタビュー、練習用ウエア、普段着で出演 [51]
Number902号(スポーツ雑誌) 文藝春秋 5月19日 特集記事「リオが呼んでいる」でフェアリージャパンメンバーの杉本早裕吏とともにインタビュー密着記事に出演。記事の中で「私たちにはチームワークという、目に見えないものがあります。支え合ったり、声を掛け合うのが日本の強みです」と答えている[52]
週刊大衆美女アスリート応援スペシャル 双葉社 7月13日 特集記事「イ・ボミ&リオ五輪の女神たち」として表紙、密着、インタビューに出演
週刊新潮

(2016年8月4日号)

新潮社 7月28日 特集記事「8/5五輪開幕!秘されたドラマ!汗と涙の「日の丸」アスリート」で

ミス日本特別賞という新体操の美形「畠山愛理」にフロアの上の母という記事に出演 [54]

クララ(雑誌)

2016年 12月

新書館 11月10日 イオンカップのエキシビジョンに出演した時の写真を掲載 [55]

2017年[編集]

媒体名 出版、販売元 発売日 主な内容
ゆうちょの新社会人応援!START2017 ゆうちょ銀行 1月 ゆうちょ銀行が発行した無料の冊子。練習用ウエアと手具のリボンを持った表紙、リボンを操作してのフォト、インタビューに出演。
CanCam 2017年3月号 小学館 1月23日 特集記事「可愛く鍛えたカラダが今おしゃれ」でインタビュー、普段着で出演 [56]
きものsalon2017年春夏号 家庭画報 2月20日 インタビュー、着物で出演[57][58]
スポーツ報知 5月27日

(紙媒体は26日)

美しくしなやかに…畠山愛理さん“2020”に向け大好き新体操発信の記事インタビューに出演。
  • 「合宿先のロシアの食べ物はカロリーが高く、油が多い食べ物は紙で油を吸わせて、味の方は気にせず食べていた。」事や「自己管理ができないと代表から落とされ、先生方も毎回、太ってきたら言ってくるし、太って落とされた子もたくさんいる」などの裏話を紹介。 [59]
技術と表現を磨く!魅せる新体操上達のポイント50 メイツ出版 5月30日 日本女子体育大学で新体操を指導している石崎朔子の書籍。競技モデルとして出演。 [60][61][62]

動画(動画サイトオリジナル)[編集]

  • テレビ朝日 ユーチューブ公式サイト(2016年3月4日アップロード)
  • プロミス公式チャンネル(ユーチューブ。2016年5月31日アップロード
    • 美しき女神たちvol.4「新体操 畠山愛理」篇に出演

イベント関連[編集]

  • 東京都教育委員会 が開催している「夢・未来」プロジェクト(通学している生徒のみ参加可能なもの)など参加対象者が限られたもの、報道関係者または主催者が非公開にしているイベントは除く。

2016年[編集]

イベント名 開催日 内容
ちとからパフォーマンスカーニバル 10月10日 トークイベントコーナーにリオオリンピック柔道女子中村美里と出演。[64] [65]

2017年[編集]

イベント名 開催日 内容
東京2020公認プログラム

「オリンピック・パラリンピックの魅力再発見!」

~世田谷区東京2020キックオフ~

2月8日 第2部のトークセッション「未来に夢を!東京2020大会に向けて」でシンクロナイズドスイミング小俣夏乃パラリンピック 水泳 木村敬一とともに出演。

[66]

ゼニス ブティック大阪

オープンイベント

2月26日 大阪市内の店舗オープニングイベントにプロゴルファー 小平智とともに出演。[67]
東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアーIN世田谷 4月23日 世田谷区三軒茶屋ふれあい広場で行われたオリンピックパラリンピックフラッグ引継ぎ のアンバサダーとして出演。最寄りの三軒茶屋駅までのパレードにも参加。[68]
水元1周年みんなDEスポーツフェスティバル 5月4日 葛飾区 水元総合スポーツセンターのトークイベント

に出演。トークイベント後にブラインドサッカーを体験。 [69][70]

オリンピック・パラリンピックフラッグツアー 6月2日 中野区役所で行われたイベントにケンドーコバヤシと出演。[71]
  • MCのケンドーコバヤシはすぐに「俺の嫁」発言をした。
  • 手具のロープはどんなものか?と聞かれ「縄跳びのなわバージョン」と回答し、MCが困惑した。
  • 手具のリボンを披露し、ケンドーコバヤシにも体験させた。
  • 団体演技は振付を揃えるのが大事と聞いたケンドーコバヤシは「じゃあ、僕の振りと揃えて」と、振付にビートたけしのギャグの「コマネチ」を二度やらそうとしたが、やんわりと拒否した。
  • 「ルールがしっかりわかってなくても楽しめます。感動だけでなく、サーカスみたいな面白さもあるので、一度見たら好きになってもらえると思います」と新体操の楽しさをアピールした。
  • [72]
第10回味の素スタジアム感謝デー 6月3日 トークショーやスポーツ体験イベントに 堀田茜競泳選手立石諒と出演。[73]
  • ティーバッティングを体験したがバットにボールが当たらなかった。[74]
日本元気プロジェクト2017 SUPER ENERGY!!

Produced by KANSAI YAMAMOTO

6月10日 六本木ヒルズアリーナで山本寛斎 演出のメインのイベントに出演 [75] [76]

「津軽三味線はなわちえ編」に黒の着物を着たダンサーの一員として出演。[77]

asics Exhibition & Launch Party 6月20日 アシックスが販売しているスポーツウエアモデルで出演。[78][79]

その他[編集]

※フジテレビ「すぽると!」とコラボし、トレーディングカードとして発売。

1年間ごとにアスリート1人あたり3枚でコンプリートとなっている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ミス日本はこれまで公募審査制のみの表彰だったが、和田静郎の業績をたたえ著名な活躍をしている女性で、これまでミス日本を受賞できなかったり、多忙で応募できなかった方に対して贈呈する推薦制表彰。ミス日本ではこれまでも新井貴子フライングディスク選手 2012年グランプリ)、渡辺けあきプロボウラー 2013年ミス海の日)、芳賀千里シンクロナイズドスイミング選手 2015年グランプリ。よってミス日本同期生に当たる)といった現役、ないしは元スポーツ選手の受賞例がある。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]