畠山愛理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
畠山愛理 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
畠山愛理.jpg
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-08-16) 1994年8月16日(22歳)[1]
生誕地 東京都
身長 170cm
体重 47kg
種目 新体操
所属 東京ジュニア新体操クラブ
学歴 日本女子体育大学卒業
 
獲得メダル
世界選手権
2015 5 リボン
テンプレートを表示

畠山 愛理(はたけやま あいり、1994年8月16日 - )は、東京都出身の日本新体操選手、ミス日本ロンドンオリンピック(2012)リオデジャネイロオリンピック新体操団体日本代表。大原学園高等学校日本女子体育大学体育学部卒業

  • 好きな言葉は「自分らしく背伸びせず」。
  • 好きな食べ物は焼肉。部位はタン。
  • 好きな動物は犬。
  • カラオケで歌うアーティストはaiko
  • 腰椎分離・すべり症のケガがあり、筋トレしないと腰が痛む。
  • 炭水化物は太るイメージがあり、1日100グラムしか摂取していない。管理栄養士からはもっと多く摂取するように指導を受けた事がある。
  • 好きな男性のタイプは「大人っぽい人(歳が若くてもしっかりしている人)」、「引っ張って行ってくれる人」、「(自分が抜けている所があるので)抜けている所を埋めてくれる人」などを挙げている。
  • 嫌いな男性のタイプは「(仕事とプライベートの)切り替えが出来ない人」
  • 外で彼と手を繋ぐのはOK。
  • 告白は待つタイプ。

経歴[編集]

6歳から新体操を始めた。2009年12月フェアリージャパンオーディションに合格、新体操日本ナショナル選抜団体チーム入り。

  • 2009年、全日本ジュニア新体操選手権の前日に「(試合に出るのが)怖くて仕方がない出られません」と欠場の電話をコーチにした。コーチは「ビリでも良いんだよ」と諭すと「本当にビリでも良いんですか?じゃあ出ます」と元気を取り戻して出場した。(2016年8月4日放送 グッドモーニング )

2015年ミス日本コンテストにおいて著名女性に対して贈呈する特別表彰の「和田静郎特別顕彰ミス日本」[2][注 1]の第1号が贈られた。

2016年リオデジャネイロオリンピック代表に選ばれ(新体操団体。2大会連続)、団体8位入賞。オリンピック終了後に現役引退を表明した。

主な試合結果[編集]

新体操日本ナショナル選抜団体チームとして

  • 2010年 エストニア新体操国際(Miss Valentine)団体総合3位
  • 2010年 サンクトペテルブルク新体操国際 団体総合3位 種目別決勝フープ3位 リボンロープ3位
  • 2010年 イタリア新体操国際 団体総合10位 種目別決勝リボンロープ4位
  • 2010年 世界新体操選手権モスクワ大会 団体総合6位 種目別決勝フープ6位 リボンロープ6位
  • 2011年 エストニア新体操国際(Miss Valentine) 種目別決勝ボール4位 リボンフープ3位
  • 2011年 モスクワグランプリ新体操国際 団体総合3位 種目別決勝ボール3位 リボンフープ2位
  • 2011年 W杯イタリア新体操国際 団体総合8位 種目別決勝 リボンフープ8位
  • 2011年 W杯ウズベキスタン国際 団体総合優勝 種目別決勝ボール優勝 リボンフープ優勝
  • 2011年 世界新体操選手権フランス大会 団体総合5位 種目別決勝ボール5位 リボンフープ7位
  • 2012年 モスクワグランプリ新体操国際 団体総合2位 種目別決勝ボール2位 リボンフープ2位
  • 2012年 ティエグランプリ新体操国際 団体総合6位 種目別決勝ボール6位
  • 2012年 W杯イタリア新体操国際 団体総合10位 種目別決勝ボール5位
  • 2012年 W杯ロシア新体操国際 団体総合2位 種目別決勝ボール2位 リボンフープ2位
  • 2012年 ロンドンオリンピック 新体操団体決勝 7位 [2]
  • 2016年 リオオリンピック新体操団体決勝8位(この試合を最後に引退)

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ番組[編集]

  • 関根勤のスポパラ(文化放送)2017年5月1日、8日 [19]
    • 大きなケガはした事があるか?の問いに「腰椎分離・すべり症」である事を公表。
    • カラオケで歌うアーティストはaiko
    • 腰椎分離・すべり症のケガがあり、筋トレしないと腰が痛む。
    • 炭水化物は太るイメージがあり、1日100グラムしか摂取していない。管理栄養士からはもっと多く摂取するように指導を受けた事がある。
    • 好きな男性のタイプは「大人っぽい人(歳が若くてもしっかりしている人)」、「引っ張って行ってくれる人」、「(自分が抜けている所があるので)抜けている所を埋めてくれる人」などを挙げている。
    • 嫌いな男性のタイプは「(仕事とプライベートの)切り替えが出来ない人」
    • 外で彼と手を繋ぐのはOK。
    • 告白は待つタイプ。

書籍[編集]

その他[編集]

※フジテレビ「すぽると!」とコラボし、トレーディングカードとして発売。

1年間ごとにアスリート1人あたり3枚でコンプリートとなっている。

東京都 世田谷区開催されるイベントリオオリンピック柔道女子 中村美里と出演。

[29]

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ミス日本はこれまで公募審査制のみの表彰だったが、和田静郎の業績をたたえ著名な活躍をしている女性で、これまでミス日本を受賞できなかったり、多忙で応募できなかった方に対して贈呈する推薦制表彰。ミス日本ではこれまでも新井貴子フライングディスク選手 2012年グランプリ)、渡辺けあきプロボウラー 2013年ミス海の日)、芳賀千里シンクロナイズドスイミング選手 2015年グランプリ。よってミス日本同期生に当たる)といった現役、ないしは元スポーツ選手の受賞例がある。

出典[編集]

  1. ^ 美人アスリート名鑑──#1 畠山愛理さん(新体操選手)”. GQ JAPAN (2015年3月17日). 2015年9月29日閲覧。
  2. ^ 「和田静郎特別顕彰」にフェアリージャパン・畠山愛理「嬉しさで胸いっぱい」(スポーツニッポン2015年1月26日 即日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]