日の丸自動車興業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日の丸自動車興業株式会社
Hinomaru V-01 Vegas.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 日の丸
本社所在地 日本の旗 日本
112-0004
東京都文京区後楽1-1-8
本店所在地 101-0061
東京都千代田区三崎町3-9-3
設立 1963年5月15日
業種 陸運業
法人番号 3010001027096
事業内容 一般貸切旅客自動車運送事業・国内旅行業
代表者 富田 浩安(代表取締役社長)
資本金 1億円
従業員数 330名
主要株主 株式会社日の丸リムジン
外部リンク http://www.hinomaru.co.jp/bus/
テンプレートを表示

日の丸自動車興業株式会社(ひのまるじどうしゃこうぎょう)は、東京都文京区に本社を置く、主に貸切バス事業を運営するバス事業者である。日の丸リムジングループに属する。

沿革[編集]

1963年に、日の丸自動車の貸切バス部門として営業を開始したのが始まりである。その後1980年代に分社化している。当初は東京都内のみを営業エリアとしていたが、1990年以降は東日本観光バス(祐徳自動車系列)・むらさき観光(キッコーマン系列)・都自動車(バス部門)・八街観光自動車(一部のみ)・エアポートバス日本ビューホテル系列)らを買収・統合することで事業拡大を図り、現在は1都3県(神奈川県・千葉県・埼玉県)を営業区域としている。このほか大東観光バスを傘下に加え、HMC大東を経てHMC東京を設立した。2015年以降は明星自動車(バス部門)を傘下に加え、明星観光バスを設立し、関西へ進出。続いて中央交通 (大阪府)を傘下に収めた。

また、地域企業をスポンサーにした無料巡回バスの運行も手がけている。

事業内容[編集]

営業所[編集]

  • 水道橋営業所 ※ 車両配置はない
    • 東京都文京区後楽1-1-8
  • 足立営業所
    • 東京都足立区宮城1-4-14[1]
  • 新座営業所
    • 埼玉県新座市野火止6-5-29
  • 横浜営業所
    • 神奈川県横浜市戸塚区名瀬町1720
  • 新成田営業所(エアポートバス事業部)
    • 千葉県成田市小菅440

スカイバス東京[編集]

北の丸公園付近を走るスカイバス東京(ネオプラン・スカイライナー)
スカイバス専用車の”客室”(ネオプラン・スペースライナー)

スカイバス東京(スカイバスとうきょう)は、当社が東京都内で運行している定期観光バスと、その車両を使用した募集型企画旅行商品である。

それまで日本には一時的なものを除いて存在しなかった、オープントップバスによる観光ツアーバスで、乗客が国籍を問わず楽しめる観光バス企画として、ビジット・ジャパン・キャンペーンの活動にあわせるように2004年9月10日に募集型企画旅行扱いで運行を開始した。2009年6月18日には国土交通省から定期観光事業の許可を受け、路線バス扱いの定期観光バスとして運行されている[2]

運行開始直後から好調な滑り出しとなり、後に述べるようにその後日本各地で同種のスカイバスが運行されるきっかけとなった。好調の要因について、運行を担当している日の丸自動車興業では、オープントップバスが目新しいだけでなく、時間や予算に制約がある旅行者のニーズにマッチしたものと自己評価している。

2019年に発生した新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の影響で2020年3月28日より土曜・日曜・祝日を臨時に運休[3]、更に4月8日の緊急事態宣言を受けて5月11日までの予定で運休[4]、5月4日には当面の間運休に変更される[5]。5月29日に6月19日より月・金・土・日曜日に平日ダイヤで運行を再開[6]、7月18日より毎日運行を再開した[7]。2021年1月に新型コロナウイルス第3波に伴う外出自粛要請を受けて1月9日から2月7日まで再度運休される[8]

運行ルート[編集]

東京駅丸の内南口・三菱ビル前の乗場(2019年5月4日撮影)

各コースとも、東京駅丸の内南口・三菱ビル前のスカイバス乗り場から出発し、コースを回り、再び東京駅丸の内南口・三菱ビル前のスカイバス乗り場(以下、東京駅とする)に戻ってくるコースとなっている。

定期コースは基本的に1月1日と東京マラソン開催日以外は毎日運行する。定期コースは途中下車はなく、すべて車窓観光である。

スカイバス貸し出し[編集]

同社では、日本の観光都市での「スカイバス」運行に携わっている。JTBグループ・バス事業者と提携、同社は運行ノウハウ提供と車両貸与を行い、実際の運行は現地のバス事業者が担当するものである。

2006年6月に北都交通の運行により札幌市での運行を開始した後、2007年からは京都市(京都定期観光バスの一環として京阪バスが運行、その後明星観光バスに移管)・那覇市(沖縄バスが運行)においても運行を開始している。また、2006年の北海道日本ハムファイターズ日本シリーズ優勝パレードにも貸し出され、この時はジェイ・アール北海道バスが運行を担当した。

2007年11月から12月にかけては帝産富士交通に貸し出す形で、仙台市でも運行された。2009年4月には横浜市で(日の丸が運行)、5月には長電バスに貸与して長野市で、伊予鉄道(現伊予鉄バス)に貸与して松山市としまなみ海道で運行された。 2013年には東北楽天ゴールデンイーグルスの日本シリーズ優勝パレードで仙台バスに貸し出された。 2014年には名古屋市で名鉄観光バスに貸与して「ナゴヤスカイバス」が運行された。2017年には神姫バスに貸与して神戸市で「スカイバス神戸」が2020年まで運行された。2018年には松本市で開催された松本山雅FCのJ2優勝・J1昇格記念パレードでアルピコ交通に貸し出されたほか、富山地方鉄道に貸し出されて射水市・富山市・魚津市で「スカイバス富山」が運行されている。特に2021年には雪の大谷で知られる立山黒部アルペンルート室堂での運行が行われ、標高約2450mの高地を走行した。2021年には茨城交通に貸し出されて偕楽園の水戸の梅祭り会期中に「スカイバス水戸」、山梨交通に貸し出されて甲府市で「昇仙峡スカイバス」が運行された。

2020年には星野リゾートと提携、マイクロツーリズムの一環として期間限定で同社系列ホテル宿泊者向けのオープントップバスツアーに起用されている。青森県では十和田観光電鉄に貸し出されて奥入瀬渓流沿いを運行するバスツアー[9][10]、栃木県では日光交通に貸し出されて鬼怒川上流やいろは坂の紅葉を楽しむバスツアー[11]、2022年には静岡県の東海バスに貸し出されて伊豆半島の梅の木平や大室山さくらの里を巡る観桜ツアー[12]が企画されている。

水陸両用バス スカイダック[編集]

お台場地区を走行する水陸両用バス「スカイダック」

2013年3月、東京初となる「水陸両用バス SKY Duck(スカイダック)」の運行を、17日から「東京スカイツリーコース」(とうきょうスカイツリー駅前営業所→旧中川スプラッシュポイント→同営業所)、18日から「亀戸コース」(亀戸梅屋敷→旧中川スプラッシュポイント→亀戸梅屋敷)の2コースで開始した。ボディは初期の車両はアメリカ・サウスカロライナ州のCAMI社製、増備車は墨田川造船製で、日本の法律に適合した陸用・水上用のエンジンが別々に搭載されている。乗務員は大型二種免許(陸上)、一級小型船舶免許(水上)を取得。ドライバーが船舶免許を持ち、水上で船長を務める。

神奈川県横浜市みなとみらい地区において、横浜の観光名所と水辺をシームレスで結び非日常体験を楽しむことを目的として2016年7月27日より水陸両用バス「スカイダック」の運行を開始した[13]。スカイダックの運行は社会実験の一環と位置付けられ、運行期間は2020年3月末までを予定していた[13]

2017年9月26日からは、東京テレポート駅豊洲駅を水陸で結ぶスカイダック東京2017の運行を開始した。

スカイバス横浜[編集]

2009年の開国博Y150会期中に運行されたスカイバス横浜(関内駅付近にて、背景は横浜スタジアム)

2009年には横浜市で「スカイバス横浜」が運行された。運行期間は4月28日から9月27日までの開国博Y150会期中で、桜木町駅から横浜みなとみらい21地区→関内→山手→元町→横浜ベイブリッジ首都高速湾岸線新山下ランプ - 大黒PA往復)→山下公園を巡り、桜木町駅に戻る約60分の周回コースが設定された。運行期間中はJR桜木町駅構内の野毛地区インフォメーションセンターに特設カウンターが設置されていた。 東京都外でスカイバスを運行する場合は後述のように現地のバス事業者に車両を貸し出すことが多いが、日の丸自動車興業は神奈川県にも運行拠点を持っているため、使用車両は相模ナンバー(当時、現在は営業所移転で横浜ナンバー)に登録変更したものの、スカイバス横浜そのものは自社で運行していた。

スカイホップバス[編集]

スカイホップバス(丸の内にて)

2012年6月30日からは丸の内発着の定期観光コースにくわえて、コース上の観光地にバス停留所を設けて自由に乗降できるようにした観光周遊バス「スカイホップバス」の運行を開始した。丸の内を起点に当初は都内3方向へ運行されたが、2018年11月からは2コースで運行され[14]、後に再度3コース体制に戻る。車両はスカイバスと同様だが、「スカイホップバス」ステッカーが貼られている車両での運行となる。また、オープンバスが足りないため三菱ふそう・エアロバス天窓を装備した車両で運行することもある(塗装はスカイホップバスと同様)。2019年に導入したウンヴィ・ウルビスでは2階席オープンタイプの他に2階席の前半分をクローズドボディとしたハーフルーフタイプの車両を日本で初めて導入している。 乗車券は各コース共通の一日乗車券タイプで、当初は2日(48時間)用も設定されていたが、現在は1日(24時間)用のみである。有効期限は暦日単位ではなく購入日時から24時間単位となっている。(例えば14時に購入した場合1日用は翌日の14時まで有効)

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の影響で2020年4月1日より運休していた[15]が、9月5日より土曜・日曜・祝日のみの運行で再開した[16]。12月から2021年2月の運休期間を挟んで2021年3月20日より毎日運行を再開する計画である。

特記事項[編集]

  • アテンドと呼ばれる添乗員が同乗し、観光案内や安全確認を行っている。アテンドによる観光案内は日本語のみであるが、英語中国語韓国語による案内が可能な「マルチランゲージガイダンスシステム」端末が座席に装備されている。これは車内前方のディスプレイに表示される番号とともに端末を操作することで、ヘッドホンを通して各国語での音声による観光案内が受けられるものである。
  • 天候不良の場合、使い捨ての雨具が提供される。車内での傘の利用については、危険防止のため日傘も含めて使用しないように案内されている。
  • 通常コースは1台4万6000円で貸し切ることが可能。東京夜景コースについても1台8万4000円で貸し切ることが可能だが、こちらは個人での貸切のみ受付で、旅行代理店の貸切は受け付けていない。

他社への影響[編集]

京都市で運行された「スカイバス京都」(京阪バス時代)
射水市で運行された「スカイバス富山」(富山地方鉄道が借り入れ、2018年撮影)
星野リゾートとの提携第一弾:奥入瀬渓流ホテル「渓流オープンバスツアー」(十和田観光電鉄に委託、2020年撮影)

スカイバス東京の成功を受け、日本の観光都市ではオープントップバスの運行が検討されるようになった。

日の丸自動車興業では、各地へのスカイバス車両の貸し出しにも積極的に対応し、運行ノウハウの提供も行っている。一部事業者では定期観光バスとして運行されたことから、2009年のスカイバス東京の路線免許取得:定期観光バス化に影響を与えている。

他方、独自にオープントップバスを導入する事例も見られる。2007年7月には、札幌でのスカイバス運行にも携わった北都交通が、いすゞ・スーパークルーザーを改造したオープン車両を函館地区の定期観光バスに投入している。2010年には富士急行ボルボ・アステローペを改造したKABA BUSを富士五湖周辺の周遊ツアーに、2012年には西日本鉄道が大型トラック(日野・プロフィア)をベースに特注ボディを架装したFUKUOKA OPEN TOP BUSを福岡市内の観光循環路線に、2014年には中国ジェイアールバス三菱ふそう・エアロキングを改造した「めいぷるスカイ」を広島市内の定期観光バスに、近鉄バスが同じくエアロキングを改造したOSAKA SKY VISTAを大阪市内の定期観光バスに投入している。2019年には平成エンタープライズがエアロキングを改造した"VIP view Tour"の運行を東京都内で開始した[17]。2020年にはジェイアールバス関東が運休中の中国ジェイアールバス「めいぷるスカイ」を借り入れて塩原温泉で運行[18][19]、2021年からは房総半島や長野県でも運行され、2020年10月に実施された房総半島の関係者向け試乗会ではめいぷるスカイとスカイバス東京が2台連なって運行された[20]

更にスカイバス東京と競合関係にある、既存の定期観光バスを運行する事業者では、スカイバスを意識した低価格・短時間コースを設定する動きが見られる。

  • はとバスでは2005年から途中の下車観光を省略した短時間コース「プチッとドライブ」を都内に設定、専用車としてハローキティバス(バンホール・アストロメガ、現在はエアロキングに代替)を投入している。また2009年11月からはドレクメーラー・メテオール(後に三菱ふそう・エアロキングとバンホール・アストロメガも追加)を改造したオープントップバス「オー・ソラ・ミオ」を使用した専用コースを運行開始、コースと便数は異なるもののスカイバス東京に直接対抗するかたちとなる。[21]
  • 横浜市交通局の定期観光バス「横濱ベイサイドライン」では、スカイバス横浜が運行された開国博Y150会期中の平日午後に期間限定の短時間コース「横浜クイックビューイング」を設定、通常コースが横浜駅東口発着に対してこのコースのみ桜木町駅発着とした[22]

優勝パレードの“舞台”[編集]

2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス優勝パレードに参加したスカイバス東京
仙台バスに車両を貸し出して運行したため宮城ナンバーに登録変更されている。
2018年の埼玉西武ライオンズ優勝パレードに参加したスカイバス東京
埼玉県は日の丸自動車興業の営業区域のため足立ナンバーのままで運行。

「屋根の無い車体」という特徴を生かし、プロスポーツの優勝パレードに参加することがある。それまで優勝チームの監督・コーチ陣・選手たちは、乗用車仕様のオープンカーに分乗したり(例:大相撲など)[23]、大型トラックにステージなどの装飾を施したり(例:読売ジャイアンツ阪神タイガースなど)、廃車直前の路線バスを運転席を除き車体の上半分を全て撤去して、特製のオープンバスを仕立てていた(例:横浜ベイスターズ/横浜市営バス福岡ダイエーホークス/西日本鉄道)が、この車両が登場してからは、特に日本一になった時に大勢の選手が2階部分に乗り込み、訪れたファンに選手たちの表情が見えるよう配慮されている。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)のチームが利用する場合、各都県に日の丸の営業所があるため自社の乗務員が運行するが、地方のチームのパレードに参加する場合は現地のバス会社に車両を貸し出し、ナンバープレートも登録変更して運行される。

車両[編集]

1970年以降、他社とは差別化した豪華仕様のバスを導入開始し、さらに進める形で1980年代にはドイツ製の輸入車両を相次いで導入、以後の同社の観光バスの特徴となっている。2007年7月現在の輸入車はネオプラン31台・デザインライン8台となっており、これは2007年7月現在の在籍車両の23%に相当する。日本製の車両は大半が三菱ふそう車であるが、2006年には同社としては久しぶりの日野車としてセレガ、無料巡回バスや契約輸送では日野・ブルーリボンシティハイブリッド日野・レインボーIIが導入されている。

貸切車には全て愛称がつけられており、同社のスタンダード貸切車は「ウエストコースト(West Coast)」である。同業他社の買収直後は、その事業者の車両を引き継いで使用しており、例えば東日本観光バスから引き継いだ車両については「East J」というロゴを「East Coast」に変更した程度でそのまま使用していた。

特徴的な車両としては、ネオプラン・スカイライナーダブルデッカー)の後半部分を中2階構造とした「アメリカンドリーム(American Dream)」や、2階席がオープン構造になっているオープントップバス「スカイバス」、左ハンドルのまま使用しているネオプラン・スターライナー「ベガス(Vegas)」などがある。特に、スターライナーは日本全国でも14台しか輸入されていない上、左ハンドルでのスターライナー導入は日本唯一の事例。また、無料巡回バスに使用されているデザインライン車も、営業車両としては日本唯一の導入例である。

現在使用されていない愛称として「グランプリ」(Grand Prix)、「コンコルド」(Concord)、「ゴールドラッシュ」(Gold Rush)などがあった。

貸切車[編集]

無料巡回バス・契約送迎バス(路線バスタイプ)[編集]

スカイバス車両[編集]

スカイバス(2019年度導入車)
Hinomaru OP-22 Sky Bus Tokyo Mercedes-Benz OC500LE UNVI Urbis at Bus Tech Forum 2019.jpgHinomaru OP-22 Sky Bus Tokyo Mercedes-Benz OC500LE UNVI Urbis rear at Bus Tech Forum 2019.jpg
UNVI Urbis+メルセデス・ベンツOC500LE

ネオプラン・スカイライナー15台(2階の座席数52席、台数は他社貸し出し中の車両を含む)・スペースライナー5台(座席数48席)をオープントップに改造した車両が使用される。スカイライナーは屋根を取り去っているが、2013年導入分とスペースライナーは幌で簡易な屋根がかけられるようになっている(乗用車の「キャンバストップ」と同様)。またスカイホップバスには三菱ふそう・エアロバスを改造したサンルーフ付きバス(座席数49席)も導入されている。2019年からはメルセデス・ベンツOC500LEシャーシにスペイン・ウンヴィ製ボディ"Urbis"を架装した車両が導入され、スカイホップバス向けの車両の一部は2階席の前半分を屋根と空調付きにしたハーフルーフタイプとなる[24] [25]

過去の車両[編集]

注記[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 隣接地には東京バス足立営業所がある。
  2. ^ “東京に新たな定期観光バス”. 東京メトロポリタンテレビジョン. (2009年6月18日). http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/200906187.html 2018年11月7日閲覧。 
  3. ^ @SKYBUS_TOKYO (2020年3月26日). "【臨時休業のお知らせ】行政当局の今週末の外出自粛要請を受けまして、スカイバス東京では2020年3月28日~29日の臨時休業が決定いたしました。全コース運休及びチケットカウンターも終日休業とさせていただきます。最新の状況につきましては、公式HPにてお知らせいたします。www.skybus.jp/topics/?ca=2" (ツイート). Twitterより2020年4月21日閲覧
  4. ^ @SKYBUS_TOKYO (2020年4月10日). "【休業期間延長のお知らせ】政府の緊急事態宣言発出を受け、スカイバス東京では2020年4月8日~5月11日の臨時休業延長が決定いたしました。全コース運休及びチケットカウンターも終日休業とさせていただきます。最新の状況につきましては、公式HPにてお知らせいたします。 www.skybus.jp/topics/?ca=2&p=1#n1571286582-210953" (ツイート). Twitterより2020年4月21日閲覧
  5. ^ SKYBUSTOKYOの投稿(10163448607325483) - Facebook
  6. ^ SKYBUSTOKYOの投稿(10163619555330483) - Facebook
  7. ^ 緊急事態宣言解除に伴うスカイバス東京運行再開のお知らせ(5月29日更新あり)”. 日の丸自動車興業 (2020年5月29日). 2020年5月29日閲覧。
  8. ^ “新型コロナウイルス肺炎感染拡大に伴う「スカイバス/水陸両用バス」運休についてのご連絡” (PDF) (プレスリリース), 日の丸自動車興業, (2021年1月8日), https://www.skybus.jp/topics/up_img/1610102864-525651.pdf 2021年1月13日閲覧。 
  9. ^ “【奥入瀬渓流ホテル】360度絶景!開放感抜群の「渓流オープンバスツアー」実施~オープンエアの2階建てバスが奥入瀬渓流沿いを走行します~” (プレスリリース), 星野リゾート, (2020年6月26日), https://www.hoshinoresorts.com/information/release/2020/06/93600.html 2020年7月26日閲覧。 
  10. ^ “奥入瀬渓流沿いオープンバスのツアー”. 東奥日報. (2020年7月31日). https://www.toonippo.co.jp/articles/-/388447 2020年8月2日閲覧。 
  11. ^ “3密なし、混雑なしのもみじ狩り「紅葉オープンバスツアー」運行 ~オープンエアのスカイバスで、日光の知られざる紅葉スポットをめぐる~” (プレスリリース), 星野リゾート, (2020年9月30日), https://www.hoshinoresorts.com/information/release/2020/09/106236.html 2020年10月13日閲覧。 
  12. ^ “【界 アンジン・界 伊東】伊豆でお花見めぐりができる「桜オープンバスツアー」実施” (プレスリリース), 星野リゾート, (2022年2月28日), https://www.hoshinoresorts.com/information/release/2022/02/186073.html 2022年3月21日閲覧。 
  13. ^ a b 横浜みなとみらい水陸両用バスのデザイン決定!7月27日から実験開始 - はまこれ横浜 2016年6月20日配信
  14. ^ SKYBUSTOKYOの投稿(10160958563410483) - Facebook
  15. ^ 【緊急告知】スカイホップバス 臨時休業のお知らせ(4月1日より)”. スカイホップバスマーケティングジャパン (2020年4月3日). 2020年6月13日閲覧。
  16. ^ 【運行再開情報】9月5日より運行再開いたしました!”. スカイホップバスマーケティングジャパン (2020年8月7日). 2020年9月9日閲覧。
  17. ^ “2階建てオープントップバス「VIP view Tour」運行開始のご報告” (プレスリリース), 平成エンタープライズ, (2019年3月13日), https://busde.com/newsrelease/1523/ 2019年10月18日閲覧。 
  18. ^ 【塩原温泉】2階建てバスオープンバスで紅葉巡りツアーを運行します。”. ジェイアールバス関東. 2020年10月18日閲覧。
  19. ^ nasushiobarakankoの投稿(1454583268083969) - Facebook
  20. ^ “観光復興へオープンバス 南房総エリアを試走 来年2月運行目指す JR東日本”. 千葉日報 (千葉日報社). (2020年10月24日). https://www.chibanippo.co.jp/news/economics/734303 2021年4月4日閲覧。 
  21. ^ はとバスでは昭和40年代に観光バスを改造したオープンバスを定期観光バスに投入したことがあり、オー・ソラ・ミオは40年ぶりのオープンバスとなる。
  22. ^ “「開国博Y150」記念!「横濱ベイサイドライン」特別コースの運行決定!!” (プレスリリース), 横浜市交通局, (2009年4月24日), http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/kigyo/newstopics/2009/n20090424.html 2018年11月12日閲覧。 
  23. ^ オープンバス導入後もチームによってはオーナーや監督などの代表者搭乗用にオープンカーの乗用車を併用する場合がある。
  24. ^ 日の丸自動車興業 (2019年11月1日). “~ハーフルーフ構造車両を日本初導入~新型2階建てオープントップバス試乗会のお知らせ”. PR TIMES. 2019年11月2日閲覧。
  25. ^ 2階建てオープントップバス(ハーフルーフタイプ)日本初導入について”. 日の丸自動車興業 (2019年11月1日). 2019年11月8日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]