日本体育大学ラグビー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本体育大学ラグビー部
原語表記 日本体育大学ラグビー部
クラブカラー スカイブルーと紺
愛称 ユニコーンズ
創設年 1933年
監督 田沼広之
米地徹(ヘッドコーチ)
所属リーグ 関東大学ラグビー対抗戦Aグループ
チームカラー
公式サイト
http://nittairfc.d2.r-cms.jp/
テンプレートを表示

日本体育大学ラグビー部(にっぽんたいいくだいがくラグビーぶ、Nippon Sport Science University Rugby Football Club、英略称NSSU)は、関東大学ラグビー対抗戦Aグループに所属する日本体育大学ラグビーチーム。略称日体(にったい)または日体大( にったいだい)。愛称ユニコーンズ

概要[編集]

試合前に校歌斉唱をする日本体育大学の選手達(2011年10月・明治大学戦・秩父宮ラグビー場

 1891年(明治24年)の日本体育会が学校の起源であり、体操練習所、日本体育会体操学校、日本体育専門学校、日本体育大学と名称が変遷した。体育学部・児童スポーツ教育学部・保健医療学部を要したスポーツ系の総合大学(単科大学)である。創部は古く不詳。しかし、連盟加盟創部年度は1933年(昭和8年)としている古豪のチームである。*部が創立したのは明治24年-著書「近代日本の体育・スポーツ史の原風景」には日体大の創部の記録がある。チャンスの像(ラグビー選手がパスをだそうとしている像・命名者は初代学長栗本義彦)が東京世田谷キャンパス大学正面玄関前に有り学生に日体精神(「トライゲッターであるよりもチャンスメーカーたれ」)を促し見守っている。伝統の雪かき(日本選手権大会などのラグビー大会前のグランド整備)にも毎年ボランティア活動として参加しているチームである。*2013年度他に早稲田大学中央大学日本大学東海大学帝京大学など数校が参加した。

 OBは、卒業後赴任した各学校でラグビー部を作り、又は休部していたラグビー部を復活させ、部活動としての「ラグビー」を普及・活性化させている。さらに、毎年、赴任校の部を高校生の全国大会である「花園」に導く指導者も多く見られる。

 1963年(昭和38年)、関東大学ラグビー対抗戦グループに所属、現在に至る。また、これまでのラグビー日本代表キャップ数は188(現役・OB含む2007年度)である。

 伝統の走り勝て(故綿井永寿の教え)ランニングラグビーをかかげ大学選手権優勝2回・準優勝3回、日本選手権優勝1回・準優勝1回の実績を持ち、かつては3校と共に対抗戦グループ4強の一角を担った。しかし、1995年度(平成7年度)の対抗戦優勝以来、低迷が続いている。2009年度(平成21年度)以降は6位、7位、7位、6位で推移しており、2013年度(平成25年度)は0勝7敗で8位に終わり、入れ替え戦でも立教大学に敗れ初のBグループ降格となった。2014年度(平成26年度)はBグループで7勝0敗で優勝して入れ替え戦では明治学院大学に勝利して1年でAグループに昇格した。

女子部は日本の大学初(学生初)で唯一の女子のラグビー部であったが、現在は他大学にも女子ラグビーチームが現存している。

  • 男女ユニホームは伝統のスカイブルーと紺の横縞、現在のセカンドユニホームは胴体部分スカイブルー、両袖紺色、以前のセカンドユニーホームはスカイブルー一色にP(Physical-体育)の文字と白色に両袖に黒の1本ラインであった。1978年大学選手権大会、決勝戦明治大学を破り優勝した時のユニホームは、スカイブルー1色胸にPのセカンドユニホームであった。
  • ユニコーンエンブレムについて-ユニコーン(一角獣)を部のモチーフとし下部にJ.O.C.P.Fを刺繍しモットーとする。  J-JUSTICE正義 O-ORTHODOX正統 C-COOPERATION団結 P-PURITY清浄 F-FRIENDSHIP友情の意味を表す。ークラブHPより抜粋
  • 青春ドラマ「スクール☆ウォーズ」の一場面に出てくる名門体育大学(体育教員養成)-東都体育大学は、日本体育大学がモデル校であると云われている。
  • ちなみに種目は違うが慶應義塾大学アメリカンフットボールのチーム名(愛称)もユニコーンズである。真似したわけではないが、たまたま一緒である。

タイトル(男子部)[編集]

タイトル(女子部)[編集]

1969年度の日本一[編集]

1969年度の第7回日本ラグビーフットボール選手権大会1970年1月15日)で、富士鐡釜石を29-13で破り初優勝を果たした。下記は当校日本一の試合時におけるフィフティーンである(一部の選手は氏名、学年、出身校不明)。