鈴木彩香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 彩香
生年月日 (1989-09-30) 1989年9月30日(33歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県
身長 1.68 m (5 ft 6 in)
体重 64 kg (10 st 1 lb)
学校 鶴見高校
大学 関東学院大学
ラグビーユニオンでの経歴
ポジション スタンドオフ
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
鶴見高校
関東学院大学
立正大学大学院
()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
ワスプス・レディース
()
代表
チーム 出場 (得点)
2008-2023  日本 18 ()
更新日:  2022年11月20日
7人制代表
チーム 大会
 日本 21
更新日:  2022年8月14日

鈴木 彩香(すずき あやか、1989年9月30日 - )は、日本の女子元ラグビーユニオン選手。神奈川県横浜市出身。ワスプス・レディース所属。

経歴[編集]

汐入小学校で3年時にタグラグビーと出会い、翌年よりYC&ACで本格的に取り組む。寛政中学校では陸上部に所属しつつラグビーを続けるが、地元の名門で後に進学することになる関東学院大学OBによるシニアチーム「釜利谷クラブ」に移籍。同じく7人制日本代表の山口真理恵は小・中学校の同級生で親友。

その後、鶴見高校に進学し、陸上競技で全国大会に出場するなど活躍。一度はラグビーから遠ざかった。しかし、7人制U-23日本代表のセレクションに呼ばれて合格し、2007年香港セブンズに出場。

関東学院大学に進学後、アジア女子ラグビー大会に出場する15人制日本代表に選出される。また、7人制フル代表にも選ばれる。

2009年より7人制フル代表に定着。7人制ワールドカップにも出場。また、2010年に行われる15人制ワールドカップのアジア予選でも代表に選出された。

2010年、7人制日本代表の主将に就任。

2012年立正大学大学院に進学。現在立正大学ラグビー部の女子コーチを務めている。

2016年1月8日埼玉県警熊谷署一日署長を務めた[1]

2017年女子ラグビーワールドカップ2017の15人制女子日本代表に選ばれた[2]

2020年ワスプス・レディースに加入[3]

2022年ラグビーワールドカップ2021の女子日本代表に選ばれた[4]

2023年1月17日、現役引退を発表[5][6]。2日後の19日にて引退会見を行い[7][8]、「好きで続けてきて、ラグビー人生を悔いなく終われた。これからは普及・発展を最大限にやっていきたい。」と述べている[7]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 女子ラグビー、鈴木彩香選手が一日署長 正しい110番通報PR . 埼玉新聞(2016年1月8日). 2020年11月14日閲覧。
  2. ^ 「女子ラグビーワールドカップ2017 アイルランド大会」女子日本代表メンバー及び遠征スケジュール . 日本ラグビーフットボール協会(2017年7月30日). 2020年11月14日閲覧。
  3. ^ 女子日本代表CTB、鈴木彩香(アルカス熊谷)が英・ワスプスへ。 . ラグビー共和国(2020年11月14日). 2020年11月14日閲覧。
  4. ^ 女子日本代表ニュージーランド遠征メンバーのお知らせ . 日本ラグビーフットボール協会(2022年9月13日). 2022年11月20日閲覧。
  5. ^ 鈴木彩香が現役引退 ラグビー女子リオ7人制代表” (日本語). サンスポ. 2023年1月19日閲覧。
  6. ^ ラグビー女子7人制元代表・鈴木が引退会見「悔いない」” (日本語). カナロコ by 神奈川新聞. 2023年1月19日閲覧。
  7. ^ a b 「やめる勇気」の大切さ ラグビー日本代表の鈴木彩香さん引退:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2023年1月19日). 2023年1月19日閲覧。
  8. ^ 【ラグビー】鈴木彩香「最高の瞬間だった」リオ五輪決定が思い出 都内で引退会見 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2023年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]