トンプソンルーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、日本の人名慣習に従い、名前を姓名順で表記しています。姓はトンプソン、名はルークです。
トンプソン ルーク
Luke Thompson 190920a.jpg
ラグビーワールドカップ2019
(2019年9月20日撮影)
生年月日 (1981-04-16) 1981年4月16日(41歳)
出身地 ニュージーランドの旗 ニュージーランド クライストチャーチ
身長 1.96 m (6 ft 5 in)
体重 110 kg (17 st 5 lb)
学校 セントビーズ高校
大学 リンカーン大学
愛称 TOMO(トモ)
ラグビーユニオンでの経歴
ポジション ロック
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
セントビーズ高校
リンカーン大学
()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2004-2006
2006-2020
2021-2022
2023-
三洋電機
近鉄
SA浦安
浦安DR
()
州代表
チーム 出場 (得点)
カンタベリー ()
スーパーラグビー
チーム 出場 (得点)
2019 サンウルブズ 8 (0)
更新日:  2019年5月25日
代表
チーム 出場 (得点)
2007-2019  日本 71 (45)
更新日:  2019年10月20日

トンプソン ルーク(Thompson Luke、1981年4月16日 - )は、ニュージーランドクライストチャーチ出身のラグビーユニオン選手。2010年日本国籍を取得。旧表記「ルーク・トンプソン」。2022年現在はJAPAN RUGBY LEAGUE ONE浦安D-Rocksに所属している。

プロフィール[編集]

  • ポジションはロック(LO)またはフランカー(FL)
  • 身長196 cm、体重110 kg。
  • 日本代表キャップは71。38歳6か月4日で、日本代表として最年長のキャップ獲得者となる。
  • ニックネームはTOMO(トモ)。
  • 出身はニュージーランドであるが、帰化をした日本への想いは強く、「生まれた国は関係ない。僕らには日本のプライドがある」と述べている[1]

経歴[編集]

セントビーズ高校、リンカーン大学出身。

幼年期はサッカーを行っており、ラグビーユニオンを始めたのは13歳からとラグビーユニオン選手としてはキャリアの遅い選手である。すぐに14歳以下カンタベリー州代表に選ばれて以降、エイジレベルの各代表に選出されている[2]。高校4年生までバスケットボールをやっていた[3]

NPCのカンタベリーに所属を経て日本へ。2004年にはトップリーグ三洋電機ワイルドナイツに所属した。

2006年度からは近鉄ライナーズに所属。2008年シーズンから2010年まで近鉄ライナーズのキャプテンを務めた。近鉄ライナーズ80年の歴史の中で初の外国人キャプテンとなった。

日本代表としてラグビーワールドカップ2007ラグビーワールドカップ2011ラグビーワールドカップ2015ラグビーワールドカップ2019に4連続出場した。

2010年7月、日本国籍取得[4]

2015年ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる[5]。自身にとって最後のチャンスと位置付けて挑んだ大会で代表チームの躍進に大きく貢献し、ベースボール・マガジン社が発行する『ラグビーマガジン』12月号において、『読者が選ぶワールドカップMVP』に断トツの票数で選出された。最後の試合となったアメリカ戦終了後のインタビューで代表引退を表明していたが、2017年6月に再び代表に選出。

2019年2月にはサンウルブズの2019年スコッドに追加招集された[6]。また同年8月、ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出された[7]。日本チーム最年長のトンプソンは、9月に開幕したW杯本大会開幕戦のロシア戦で4大会連続の試合出場を達成し、W杯史上3番目(日本代表1位)に年長の試合出場選手となった。また、チーム4試合目のスコットランド戦で自身通算13試合目のW杯試合出場となり、W杯の日本代表選手最多出場試合数記録を更新した[8]。準々決勝南アフリカ戦も先発出場し、記録を14試合に伸ばした。

その南アフリカ戦において、38歳6か月4日での出場で71キャップ目を獲得し、日本代表の最年長キャップ獲得者になった[9]

W杯閉幕後、トップチャレンジリーグ2019-20シーズンに出場し、2020年1月19日の最終戦・近鉄対栗田工業戦(秩父宮)をもって現役を引退した[10]。2月3日に近鉄のアドバイザーへの就任が発表され、引退後は母国ニュージーランドで農場を経営する傍ら、近鉄のチーム強化と近鉄グループのPRにも携わった[11][12]

2021年11月13日、NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス東京ベイ浦安に1年10か月ぶりに選手として復帰することになった[13][14]

人物[編集]

テレビ出演[編集]

CM[編集]

出典[編集]

  1. ^ ““桜の誇り”胸に 外国出身選手「日本に恩返し」”. 佐賀新聞. (2015年9月23日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10104/232222 2015年10月4日閲覧。 
  2. ^ a b 日本ラグビーフットボール協会 日本代表選手プロフィール トンプソンルーク . 日本ラグビーフットボール協会. 2018年1月26日閲覧。
  3. ^ お帰り!ラグビー日本代表トンプソン・ルーク選手「東大阪、めっちゃいい場所」 - 週刊ひがしおおさか 2015年11月4日
  4. ^ 07年日本代表 トンプソンが日本国籍取得 - スポーツニッポン 2010年8月15日
  5. ^ 日本代表「ラグビーワールドカップ2015」最終登録メンバー - 日本ラグビーフットボール協会 2015年8月31日
  6. ^ 追加招集選手のお知らせ. サンウルブズ(2019年2月5日). 2019年3月8日閲覧。
  7. ^ 日本代表「ラグビーワールドカップ2019」最終登録メンバーのお知らせ . 日本ラグビーフットボール協会(2019年8月29日). 2019年9月8日閲覧。
  8. ^ トンプソン、歴代単独1位のW杯13戦「最後のW杯、めっちゃ勝ちたい」 スポーツ報知 2019年10月14日
  9. ^ worldrugby.org. “日本代表歴代最多98キャップの“鉄人”大野選手、現役引退 | ワールドラグビー”. www.world.rugby. 2021年10月29日閲覧。
  10. ^ 最後の最後までいつも通りのトモさん。現役ラストゲームで残した足跡は。 ラグビーリパブリック 2020年1月21日
  11. ^ トンプソン「このチームは特別」誇り胸に代表引退、今季プレー後は母国で農場経営へ”. スポニチアネックス. 2019年10月23日閲覧。
  12. ^ トンプソン・ルークが近鉄アドバイザー就任「おじいちゃんだから選手は終わり。ライナーズが強くなることが一番の願い」 スポーツ報知 2020年2月3日
  13. ^ 2021-2022シーズン 追加入団選手のお知らせ | 2021-2022 SEASON | ニュース | NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安” (日本語). www.ntt.com. 2021年11月13日閲覧。
  14. ^ 40歳トンプソン復帰の理由 相乗効果に期待 ラグビーリーグワン浦安 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年11月13日閲覧。
  15. ^ トンプソンが、なぜレンコンを!?東大阪商団連が近鉄ライナーズとコラボでお買い物促進ポスター制作 . 週刊ひがしおおさか(2019年2月6日).
  16. ^ (日本語) リーチマイケル&江口洋介が乾杯!トンプソンルークもサプライズ登場/本麒麟CM60+インタビュー, https://www.youtube.com/watch?v=lpvkak5G5hA 2021年11月13日閲覧。 
  17. ^ (日本語) 広瀬すず、ラグビー日本代表6名と七福神に変身「お正月を写そう♪2020 ラグビー七福神・音チェキ」篇, https://www.youtube.com/watch?v=JHRAP4wF4r4 2021年11月13日閲覧。 

外部リンク[編集]