村田義弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村田 義弘(むらた よしひろ、1947年2月21日 - )は、日本の元ラグビー選手。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

専修大学松戸高校を経て、中央大学に進む。卒業後、リコーに入社。

1971年イングランド戦が日本代表初キャップ試合。以後通算11キャップを獲得。そして日本代表選手として、通算7トライを挙げた。

またリコー在籍時代には、『和製オールブラックス』という愛称を持つ強豪チームの一員として、日本選手権及び全国社会人大会で中心的選手として活躍し、それぞれの優勝に貢献。

引退後は、宿沢広朗監督時代の日本代表フォワードコーチ、中央大学ラグビー部監督などを歴任。

関連項目[編集]

参考文献[編集]