石塚武生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石塚 武生(いしづか たけお、1952年5月18日 - 2009年8月6日)は、東京都出身の日本ラグビー選手・指導者で。現役時代のポジションはフランカー

経歴[編集]

選手時代[編集]

國學院久我山高校3年でラグビーを始める。

早稲田大学ラグビー蹴球部では4年時で主将を務め、1974年の関東大学対抗戦大学選手権の2冠に導く。同年、日本代表に初選出され、ニュージーランド遠征に参加。ニュージーランド学生代表戦で代表試合デビューを果たす。

卒業後の1975年、リコーに入社。代表では1980年以降主将を務め、1983年まで積み上げた28キャップは、1989年に林敏之に破られるまで最多記録であった。

現役時代は身長170センチ、体重75キロとフランカーとしては小柄ながら、果敢にタックルに向かう姿から「タックルマン」の愛称で親しまれた[1]。1975年9月24日のウェールズ戦は82-6で日本代表の大敗に終わったが、後半20分でJ・Jウィリアムズをタックルで止めたそのプレーは歴史的な場面として言い伝えられている[2]

監督時代[編集]

その後は伊勢丹ラグビー部に移籍し、引退後は同チームの監督に就任。チームを東日本リーグに導き、吉田義人らをスカウト後、全国社会人大会ベスト8を経験する。

ラグビー部廃部後は母校である早大の監督を2年間(1996~1997年)務めた。

2001年から2006年まで日本協会の普及育成担当を務める間にはU19日本代表団長兼監督(2003~2005年度)も兼務した。また、オーストラリアラグビー協会公認コーチ資格レベル1取得、オーストラリアコーチ資格レベル2を取得。

2006年、常総学院高校監督に就任。

2009年8月6日、前日まで長野県菅平高原でコーチ合宿に参加していたが、突然死症候群により死去。享年57[1]

脚註[編集]

  1. ^ a b “石塚武生氏死去 元ラグビー日本代表”. 共同通信. (2009年8月7日). http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009080601001068.html 2014年11月11日閲覧。 
  2. ^ ベースボールマガジン社『ラグビー 戦後70年史』p69

出典[編集]

関連項目[編集]