谷口到

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷口 到
生年月日 (1984-10-01) 1984年10月1日(38歳)
出身地 日本の旗 日本 茨城県那珂市
身長 1.88 m (6 ft 2 in)
体重 105 kg (16 st 7 lb)
学校 茗溪学園高校
大学 筑波大学
愛称 いたる
ラグビーユニオンでの経歴
ポジション ナンバーエイト
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
茗溪学園高校
筑波大学
()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2008-2021
2021-
神戸製鋼
S愛知
()
代表
チーム 出場 (得点)
2010-  日本 10 (0)
更新日:  2021年10月15日
7人制代表
チーム 出場
 日本

谷口到(たにぐち いたる、1984年10月1日 - )は、JAPAN RUGBY LEAGUE ONE豊田自動織機シャトルズ愛知に所属するラグビー選手。

プロフィール[編集]

略歴[編集]

15歳からラグビーを始めた。

茗溪学園高校卒業後、2004年筑波大学に入る。なお茗溪学園高校時代には高校日本代表に選ばれたことがある[2]

2008年筑波大学卒業後、神戸製鋼コベルコスティーラーズ(現・コベルコ神戸スティーラーズ)に加入[3]。また同年10月25日に行われたトップリーグ第6節のクボタスピアーズ戦に途中出場ながら公式戦初出場を果たす[4]

2010年11月6日に行われたロシア戦で日本代表初キャップを獲得した[5]

2011年ラグビーワールドカップ2011の日本代表に選ばれる[6]。なおワールドカップでは3試合に出場した。

2017年12月にトップリーグ100試合出場を達成した[7]

2021年豊田自動織機シャトルズ愛知に加入[8]

出典[編集]

  1. ^ NO.8 谷口  到 (神戸製鋼) . サンスポ. 2017年12月21日閲覧。
  2. ^ 22回生 清真に一点差で泣く . 茗溪学園ラグビー部. 2017年12月21日閲覧。
  3. ^ 2008年度 新加入選手を発表します . コベルコス神戸ティーラーズ公式サイト(2008年4月8日). 2017年12月21日閲覧。
  4. ^ 神戸製鋼コベルコスティーラーズ VS クボタスピアーズ 第6節 . ジャパンラグビートップリーグ公式サイト. 2017年12月21日閲覧。
  5. ^ 急性虫垂炎でイタリア遠征不参加のNO8谷口 日本代表に合流 . ラグビー共和国(2011年8月16日). 2017年12月21日閲覧。
  6. ^ 「ラグビーワールドカップ2011 ニュージーランド大会」日本代表メンバー . 日本ラグビーフットボール協会(2011年8月22日). 2017年12月21日閲覧。
  7. ^ 谷口 到選手(神戸製鋼)、「リーグ戦100試合出場」達成 . ジャパンラグビートップリーグ公式サイト(2017年12月9日). 2017年12月21日閲覧。
  8. ^ 2021-22シーズン新加入選手のお知らせ . 豊田自動織機シャトルズ公式サイト. 2021年10月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]