マイティ井上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイティ井上
プロフィール
リングネーム マイティ井上
ミッキー井上
井上 トンパチ[1]
井上 円蔵
本名 井上 末雄
ニックネーム ミスターグッドマン
テクニカルソルジャー
和製マットの魔術師
身長 175cm
体重 105kg
誕生日 (1949-04-12) 1949年4月12日(68歳)
出身地 大阪府大阪市福島区
スポーツ歴 柔道
ボディビル
トレーナー ヒロ・マツダ
ビル・ロビンソン
デビュー 1967年7月21日
引退 1998年6月12日
テンプレートを表示

マイティ井上(マイティいのうえ、1949年4月12日 - )は、大阪府大阪市福島区出身の日本の元プロレスラー、元レフェリー解説者。本名:井上 末雄(いのうえ すえお)。リングネームの「マイティ」は新人時代にコーチを務めていたマティ鈴木が由来。

来歴[編集]

| 画像 =

大阪学院大学高等学校時代は柔道を行い、高校卒業後に国際プロレス入り。1967年7月21日、名古屋市金山体育館における仙台強戦でデビュー。小林省三藤井康行とともにマティ鈴木のコーチを受ける。1970年8月からは小林と共にヨーロッパ遠征に出向き、「ミッキー・イノウエ」のリングネームで活躍した。1971年3月2日に東京で行われた日本プロレスとの興行戦争を受けて一時帰国し、ビル・ミラーと闘った後[2]、再度ヨーロッパ遠征に出発。1972年10月の帰国後はラッシャー木村サンダー杉山グレート草津らに次ぐエース候補と期待され、得意技のサマーソルト・ドロップ(サンセット・フリップ)と、中あんこ型の体型で一躍人気を得た(同じような体型のDRAGON GATE所属レスラー、ドン・フジイは、井上を目標にしていると発言している)。1973年2月27日にはホセ・クィンテロと自身初の金網デスマッチを行っている[3]

1974年10月7日、スーパースター・ビリー・グラハムを破りIWA世界ヘビー級王座を獲得。井上は10月1日と10月5日にもグラハムに挑戦したがいずれも敗れており、三度目の正直での戴冠となった[4]。25歳にして先輩の木村、草津を追い抜き国際プロレスのエースとなった。同年11月4日、レイ・スティーブンスを破り初防衛に成功し、11月21日にはAWA世界ヘビー級王者バーン・ガニアとダブルタイトル戦を行い引き分けている。翌1975年も2月2日にダニー・リンチの挑戦を退けたが、4月10日にマッドドッグ・バションに敗れ王座転落。エースとしては半年程度の短命政権だった。その後は草津、アニマル浜口阿修羅・原と組んでIWA世界タッグ王座を保持、2〜3番手のポジションで戦った。特に浜口とは全日本プロレスとの対抗戦の際にアジアタッグ王座も獲得した名コンビで、「和製ハイフライヤーズ」または「浪速ブラザーズ」などと呼ばれた。阿修羅・原とのコンビでは、1981年8月8日に行われたジェリー・オーツ&テリー・ギッブスとのIWA世界タッグ王座防衛戦で、国際プロレス最後の金網タッグ・デスマッチを行っている。

1981年に国際プロレスが崩壊してからはすぐに阿修羅・原、菅原伸義冬木弘道と共に全日本プロレスに移籍。移籍第一戦は皮肉にも、ミル・マスカラスが保持していたIWA世界ヘビー級王座(国際プロレス版とは別のタイトル)への挑戦試合であった。

全日本ではジャイアント馬場ジャンボ鶴田など大型揃いのヘビー級に比べジュニアヘビー級が手薄であったことから110kgだったウェイトを105kgに落としジュニア戦線に転じ、NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座、阿修羅・原や石川敬士と組んでのアジアタッグ王座などのベルトを巻く(その頃オースィー・スープレックスという技をよく使っていた)。ジュニア王座戴冠時には、国際プロレス時代にも流血の抗争を展開したジプシー・ジョーの挑戦も受けた。その後は中堅選手として永源遙渕正信らとのユニット「悪役商会」で、ジャイアント馬場率いる「ファミリー軍団」との凄絶なお笑い抗争を繰り広げるも、1997年4月に内臓疾患のため長期欠場。結局1998年6月に現役を引退し、8月からはレフェリーに転向した。レフェリー転向直後は、そのあまりにぎこちないレフェリングが逆に観客に大受けし、試合をしているレスラーを食ってしまったこともあった。

2000年の全日大量離脱、プロレスリング・ノア旗揚げの一連の動きに当たっては離脱側に賛同し、ノア移籍後もレフェリーを務めていた。赤いコスチュームがトレードマークであり、主に百田光雄vs永源遙(引退)などの前座試合のレフェリングを担当していた。レフェリングは主に「言葉のプロレス」が主体である。ノア移籍後はレフェリー紹介の際、観衆から一斉に「マァイティーー!!」と呼ばれるのがお約束となっていた。これは全日本時代のジョー樋口の「ジョー!!」や、全日本に残留した和田京平の「キョーヘー!!」のコールからの伝統である。2003年からはテレビ中継解説も行っていた。

その他、ヨーロッパ遠征経験や、所属していた国際プロレスにはヨーロッパ出身の外国人選手が多く所属していたことから外国語が堪能である。このことを生かし、外国人係も兼務し、リッキー・マルビンバイソン・スミスら常連外国人選手からは非常に頼りにされていた。ノアは外国人選手がどちらかと言うと目立たないが、「うちのガイジンレスラーはいい選手が多いよ」と常に外国人選手をカバーする側に回っていた。

2009年12月31日付でレフェリー契約が満了となりノアを退団[1]。その日行われた天下三分の計・大晦日年越しスペシャルに選手として出場した。

2010年5月22日、ノアの後楽園ホール大会「マイティ井上レフェリー引退記念興行」のレフェリングを最後に引退した。現在は宮崎県都城市在住[5]

エピソード[編集]

  • 高校卒業(大阪学院大学高等学校)とあるが、実際には高校を2年で中退した上で国際プロレスに入門している。井上がプロレスで頑張っていることを聞いた高校側が、卒業式に呼んだ上で井上に卒業証書を授与して卒業扱いにしている[6]。井上が通っていたボディビルジムの後輩にはアニマル浜口がいる。
  • 若手時代、短期間であるが井上トンパチというリングネームにさせられたことがある。
  • 前述のヨーロッパ遠征からの一時帰国は、1971年2月に井上が宿泊していた西ドイツのホテルを訪ねた吉原功が、カードが書かれた紙を見せた上で、「おい井上、遠征を繰り上げて一時帰国してくれ。オックス・ベーカー戦で入院中のラッシャー木村が出場出来るかわからない」と話し、井上は「遠征してから半年しか経っていない」と訴えたものの、吉原が「もうカードは発表した。帰国して来い。すぐに戻してやる」と言い返されて一時帰国したという。対戦相手がビル・ミラーと聞かされた際には、「ワールドリーグ戦力道山と戦った選手でしょ?」とビル・ミラーを恐れていたという[2]
  • 初の金網デスマッチが、1972年11月27日に愛知県体育館で発生したストロング小林&グレート草津VSディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキー戦における暴動騒ぎ(井上は全く関与していない)のお詫び興行であった。その際井上は、「お詫び興行で金網デスマッチをやる必要はない。金網デスマッチは正直やりたくなかった」と語っている[7]
  • IWA世界ヘビー級王座の防衛戦でマッドドッグ・バションに敗れ、後にラッシャー木村がIWA世界ヘビー級王座を獲得した際は、「正直せいせいした。これで肩の荷が下りた」と感じたという[8]
  • 日本人同士の闘いが少なかった昭和50年代前半で国際プロレスのエースのラッシャー木村のIWA世界王座に数度、挑戦するという下克上、闘う姿勢を見せたがタイトル奪取はならず。中でも1978年5月1日に富士で行われた試合では、ジプシー・ジョーとの間で挑戦者決定戦を行い、4月11日に高崎で引き分けた後に4月27日に津山で勝利した上で木村に挑戦している[9]。ちなみに、同門のグレート草津、アニマル浜口、阿修羅・原、寺西勇らは木村に挑戦していない。
  • ストロング小林が離脱していなければ国際プロレスは潰れていなかった。小林を許さないと言っている。[10]
  • 国際プロレスの中ではどんなタイプの選手が相手でもいい試合ができる万能型であった。
  • 海外遠征時代にアンドレ・ザ・ジャイアント(モンスター・ロシモフ)と知り合い、アンドレの死まで親交を続けた(初期はフランス語が喋れなかったマイティであるが、アンドレの話すことはなぜか理解でき、それ以来親友として付き合った[8]。アンドレが晩年に全日本プロレスに来ていた頃は良き話し相手だった)。
  • 国際プロレス時代のタイツは、花柄サイケ調、モザイク柄とド派手でガウンも純白ショートウエディングドレスのような、良く言えば王子様、悪く言えば乙女チックなガウンであった。
  • 1978年東映のドル箱シリーズ、『トラック野郎・突撃一番星』(シリーズ7作目)のクライマックスシーンに病院のガードマン役で出演。主人公・星桃次郎(菅原文太)を投げ飛ばした。
  • 国際プロレス時代、下北沢でビアホールを経営していた事がある。歌は数枚を発表する。
  • レスラー引退後は、ジャイアント馬場夫人の馬場元子全日本プロレスを強制退社させられる寸前だったとのこと。1998年6月12日日本武道館での引退セレモニーで、周囲の関係者の助言により、事前の了解を取らずに引退後はレフェリーをすると宣言する。
  • 女優西尾三枝子と結婚していた時期に『スターどっきり(秘)報告』において、井上は気は短いが西尾がとりなせば怒りを収めるのでおちょくりに行くという企画があった。リポーターの宮尾すすむが井上夫妻のインタビューに行き、その最中に突然ハエが飛んできて宮尾がどこからともなくハエ叩きを取り出し、ハエを追いかけて最終的に手元狂ったふりして井上の顔の真ん中を思い切り叩いてしまい『すいません』と謝ってインタビューを再開するが、またハエが飛んできて再び追いかけまたしても井上の顔を叩く。それを4度5度と繰り返し、そのたびに怒り出そうとする井上を西尾が抑えるという事を繰り返すだけのものであった。
  • 新日本プロレスが嫌いである。新日本が嫌いな理由として、「アントニオ猪木の自分だけ良ければいいという強引なやり方」、「後にブルーノ・サンマルチノを破りWWWF(現WWE)王者となるスーパースター・ビリー・グラハムからIWA世界王座を奪取し、AWA世界王者バーン・ガニアとダブルタイトル戦で引き分けるなどの実績があるのにヤマハ・ブラザーズ星野勘太郎&山本小鉄)にギブアップ負けさせられたりした」ことなどが理由と言われる。新日本が旗揚げした際も、「新日本は長続きせず、東京プロレスの二の舞になる」と思ったという[8]。国際プロレス社長であった吉原功に「全員新日本に行ってもらう」と言われた時は井上は即座に新日本参戦を断り、竹内宏介を通じて馬場と合い「私の他にも数人お願いします」と話し、菅原伸義やデビュー1年弱の冬木弘道などの若手選手を引き連れて全日本プロレスへ入団した。その際、彼らに対して「プロレス続けたいか?」と問い正したという。吉原に反逆したのはこの時が初めてであった[11]。国際出身者では途中から全日本に移籍した木村とともに、プロレスリング・ノア旗揚げまで全日本に残留した。
  • 初のヨーロッパ遠征の際、入場曲にちあきなおみの「四つのお願い」を使用した[12]。この話を聞いた東京12チャンネル(現:テレビ東京)『国際プロレスアワー』のディレクターが思いつき、1974年9月15日の後楽園ホール大会でスーパースター・ビリー・グラハムの入場時に「ジーザス・クライスト・スーパースター」(101ストリングスによる、インストゥルメンタル・カバー・バージョン)を流したのが、日本における選手入場時にテーマが流された最初である[13]

得意技[編集]

サマーソルトドロップ
セントーンの応用技。仰向けに横たわった相手に、助走をつけながら前転宙返りをし、相手に背面を浴びせていく技である。別名はサンセット・フリップ。この技は彼の代名詞になっており、他の使い手は現在のプロレスラーに少なく、サマーソルト・ドロップ=マイティ井上といわれるくらいである。なおプロレスリングFREEDOMS葛西純ZERO1-MAX時代に「マイティ井上」と叫びながらこの技を見舞ったことがある。
フライングショルダーアタック
ミル・マスカラスのフライング・クロスチョップと似た技で肩からぶつかっていく。2連発からのサマーソルト・ドロップがフィニッシュホールドであった。全日正規軍の一員として天龍同盟と戦った6人タッグマッチで、場外乱戦の中エプロンにいた天龍源一郎にこの技を仕掛け、リングアウト勝ちを挙げたことがある。
ストマックブロック
シュミット式バックブリーカーの要領で相手を抱え上げ、自ら片膝を立てて相手の腹部を膝に打ち付ける。この技でオースチン・アイドルの肋骨を折ったことがある。
バックドロップ
相手の片足を抱えながら高速、急角度で落とす。
丸め込み技
回転エビ固め逆さ押さえ込み、フライング・ヘッドシザースから丸め込むなどの一瞬の返し技を多数持っていた。
チョップ
腰が入った胸板へのチョップ。ストロング小林、ラッシャー木村、アニマル浜口ら国際プロレスの選手はみんな得意技にしていた。

テーマ曲[編集]

  • 国際プロレス時代「フリーライド・サーファー」
  • 全日本プロレス時代「Speed Trap」

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]