杉山洋介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉山 洋介(すぎやま ようすけ、1964年11月23日 - )は日本のミュージシャン作詞家作曲家音楽プロデューサー東京都出身。法政大学第一高等学校(現・法政大学高等学校)卒業、法政大学中退。

1984年7月1日SALLYのリーダー(ギター、ヴォーカル)としてデビュー、メンバーでギター・リードヴォーカルの加藤喜一との共同名義"YOSUKE & KEACH"で数々の曲を生む。1986年5月27日解散。ロンドンへ留学。

作曲家として、島田奈美少年隊幕末塾らに楽曲を提供。杉山が作曲した島田奈美『Sun Shower』(1988年)は、寺田創一ラリー・レヴァンによるハウスリミックスが有名。原曲は松本晃彦が編曲。

1990年代前半には自らのユニットSysteme-d、seven steps to heavenでアルバムを発表。

1998年より、音楽ユニットparis matchを率いる。

2007年に音楽事務所coolism productionsを正式発足させ、代表を務める。自己がリーダーのユニットparis matchなどが所属している。またCDレーベルとしてcoolism recordsを運営する。

リミキサーとしても、SMAPの作品などクラブシーンのみならず幅広い活動をしている。

外部リンク[編集]