ラリー・レヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラリー・レヴァン
別名 Larry Levan
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ブルックリン区ニューヨーク州
ジャンル ガラージュポスト・ディスコ
職業 ディスクジョッキー音楽プロデューサー
公式サイト Levan Larry

ラリー・レヴァンLarry Levan, 本名 Lawrence Philpot, 1954年7月20日 - 1992年11月8日)は、アメリカの、DJ音楽プロデューサー作曲家

概要[編集]

ニューヨークに生まれ、10代の後半からアンダーグラウンドのゲイパーティーシーンに関わり、音楽への造詣が深かった。この当時からの親友が後にシカゴハウス音楽を創始することとなるフランキー・ナックルズである。二人とも黒人男性であり、カミングアウト済みの公然としたゲイであった。二人はニューヨークのバスハウス(ゲイ男性のための発展場バーサウナディスコを兼ねた複合施設を指すが、1980年代初頭のHIV/エイズ流行により、感染の温床とされたバスハウスは後に全て閉鎖された)、"Continental Baths"にてDJとしてのキャリアをスタートさせる。やがてフランキー・ナックルズはシカゴへと移るが、ラリー・レヴァンはニューヨークの様々なディスコで経験をつみ、そしてパラダイス・ガレージにおいてその名声を確立することとなる。パラダイス・ガレージの閉鎖後はドラッグ禍や病気に悩み、極貧のまま1992年に病死する。

音楽性[編集]

ラリーは独学ながら優れた音響の専門家でもあり、エンジニアのリチャード・ロングと共にパラダイス・ガラージに自らの手で構築した"Levans"と呼ばれたサウンド・システムは大音響でありながら非常にクリアな音で、ダンスフロアの中央にいても容易に客の間で会話ができたとも伝えられている。彼はまた照明にも深く関わり(そのクラブにおけるキャリアの最初は上記のContinental Bathsにおける照明係としてのものであった)、パラダイス・ガレージにおいてはそうした音響や照明までをも駆使してダンスフロアの客を自在に操った。彼にとってパラダイスガレージは単なるクラブではなく彼の城であり、実際にDJブースの裏には彼の居住する部屋まであったという。

彼はまたそのDJで培ったセンスを元に、ダンス・レコードの音楽プロデューサーとしてもその才能を発揮し、数多くのリミックス曲やプロデュース曲を世に送り出し、ヒットさせた。(ヒットした中には、日本の女性アイドル、島田奈美の曲「SUN SHOWER」のリミックス曲もある)また、作曲家としてもニューヨーク・ピーチ・ボーイズ名義で(当初は「ピーチボーイズ」であったが、混同を恐れたロックバンドのビーチボーイズからの抗議により名前の変更を余儀なくされた) "Don't make me wait"などを送り出している。

影響[編集]

彼がプレイしていた音楽やその強い影響下にある音楽は、現在に至るもガラージという音楽ジャンルとして根強い人気があり、プレイされ続けている。また、NYハウスディープ・ハウスなど、ハウス音楽の多くのジャンルにはガラージからの大きな影響がある。

また、ニューヨークの多くのベテランDJや、国内外からラリー・レヴァンを見るためにパラダイス・ガレージを訪れたDJ達の多くはその音楽ジャンルに関係なく一様に、彼のDJに衝撃を受けてDJを志すようになったと語っている。史上最も影響力のあったDJとみなされており、2004年にはダンス音楽の殿堂 "Dance Music Hall of Fame"に入れられている。

特に日本では北海道にショートステイしており、この頃にガラージの洗礼を受けたDJが育っていった。

音響においても名声の高かった彼は、パラダイス・ガレージの閉鎖後しばらくしてロンドンにオープンした巨大クラブ、ミニストリー・オブ・サウンドのオープンに当たって招かれ、サウンドシステムの設計を行っている。

手がけた作品[編集]

  • Definitive Salsoul
  • Padrock
  • Journey Into Paradise: the Larry Levan Story
  • Live at the Paradise Garage (パラダイス・ガレージでのライブ録音盤)

関連項目[編集]