ディープ・ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ディープハウス(Deep House)とはハウスミュージックを細分化した名称の一つである。

125前後のBPMで、陶酔感を誘うメロディにシンプルなメインビートで派手過ぎるような音色は避け、緩やかに展開していく曲構成などが特徴でディスコガラージュなどブラックミュージックから大きな影響を受けている。

歴史[編集]

古くはデビットマンキューソのThe Loft やニッキーシアーノのThe Gallery、そしてラリーレバンのParadise Garageなどのニューヨークのクラブでプレイされていた音楽がルーツとなり、1986年 ラリーレバンの親友でもあるフランキーナックルズはシカゴのWare House にて、今までかけていたソウルフルなダンスミュージックにドラムマシーンのビートを乗せるなどして演出し、これがハウスミュージックの誕生のきっかけとなった。この頃はWare Houseでプレイされているような音楽がウエアハウスミュージックと呼ばれていたのだが次第にそれが省略化され単にハウスと呼ばれるようになる。1992年にはニューヨークにSound Factory がオープンし、そこではジュニアバスケスが今までハウスと呼ばれてた音楽よりもBPMが速く、激しいスタイルの新しいハウスをプレイし、これがハードハウスと呼ばれ流行となる。更にヨーロッパからはプログレッシブハウスと呼ばれるものまでが誕生し、どんどんと細分化され、単にハウスと呼ばれていたハウスはいつのまにかディープハウスと呼ばれるようになっていった。そしてそのディープハウスとして初めて評価されたのが 1996年 ニューヨークのクラブ Vinylから始まったパーティー Body & Soul である。このパーティーはラリーレバンと共にParadise GarageなどでDJをしていたフランソワケボーキアン、ダニークリビット、それにニューヨークのダンスミュージック専門レコード店 Dance Tracksの若き経営者であったジョークラウゼルの3人によって行われ、ニューヨークは勿論、世界中から人気を博し今尚日本も含めた世界中で開催されジャンルや人種の幅を超えた人気のパーティーとなっている。

受け入れられた年代と地域[編集]

1980年代からシカゴ、ニュージャージー州、1990年代からデトロイトニューヨーク、2000年代からカリフォルニア州フランス、日本で人気を集めている。

代表的なアーティスト[編集]

ディープハウスとされる曲も多くリリースしているアーティスト[編集]