鈴木健二の人間テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木健二の人間テレビ
ジャンル トーク番組
出演者 鈴木健二
松居直美
ナレーター モノラル放送
製作
放送分 30分
制作 読売テレビ
NEXUS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1989年4月2日 - 1989年9月24日
放送時間 日曜 19:00 - 19:30
回数 16

鈴木健二の人間テレビ』(すずきけんじのにんげんテレビ)は、1989年4月2日から同年9月24日まで日本テレビ系列局山形放送を除く)と当時フジテレビ系列に属していた山形テレビで放送されていたトーク番組である。読売テレビNEXUSの共同製作。全16回。

概要[編集]

司会の鈴木健二が各回のゲストとともにトークをしていた番組で、毎回トークのテーマを人間に定めて行われていた。鈴木が1988年にNHKを退職して以来の、初の民放司会番組となった。その他のレギュラーとして松居直美も出演していた。

放送時間は毎週日曜 19:00 ‐ 19:30 (日本標準時)だったが、プロ野球ナイター中継がある日には放送を休止していた。鈴木は、視聴率不振による番組打ち切りとナイター偏重による度重なる放送休止(後述の通り「3連続ナイター」が2回もあり)に激怒し、最終回収録をボイコットして番組スタッフに「怒りのメッセージ」を配布した[要出典]。それ以来、鈴木はテレビ番組にあまり出演していない。鈴木不在の最終回では総集編「面白ハイライト集」が放送された。

テーマ・ゲスト[編集]

回数 放送日 テーマ ゲスト
1 4月2日 呪い ケント・デリカット
2 4月9日 怒る 蜷川幸雄
3 5月7日 遊び 三宅裕司
4 5月14日 洗う 喜多嶋舞
5 5月21日 探す
6 5月28日 走る
7 6月11日 選ぶ
8 6月25日 愛する 春風亭小朝
9 7月2日
10 7月9日 ご飯
11 7月23日 占う 泉アツノ
12 7月30日 水着
13 8月6日 だます 高見恭子
14 8月13日 電話
15 9月10日 待つ
16 9月24日 面白ハイライト集

参考:読売新聞縮刷版』 読売新聞社、ラジオ・テレビ欄。

日本テレビ系列 日曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
邦子のスター生たまご
(1988年10月9日 - 1989年3月26日)
鈴木健二の人間テレビ
(1989年4月2日 - 1989年9月24日)
シティーハンター3
(1989年10月15日 - 1990年1月21日)