麻生圭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
麻生圭子
生誕 (1957-07-08) 1957年7月8日(60歳)
出身地 日本の旗 日本 大分県日田市
ジャンル J-POP
職業 作詞家
エッセイスト
公式サイト Keiko ASO's SEASONing

麻生 圭子 (あそう けいこ、1957年7月8日 - )は、日本エッセイスト作詞家大分県日田市出身。

1980年代のアイドル全盛時には作詞家としてヒット曲を多数作詞した。1990年以降若い女性向けのエッセイを多数執筆。1996年に京都に移住した。1999年からは建築家の夫と京都市で「町家暮らし」を始め、京都の暮らし・文化についてのエッセイなど多数の著作物を出版している。その後ロンドン暮らしを1年経験して帰国、現在は滋賀県大津市にある琵琶湖畔の家で暮らしている。

主な楽曲[編集]

著書[編集]

  • 『ベルリン冬物語』(角川書店、1988年)のち文庫 - 小説
  • 『たった一行のラブストーリー』(講談社、1991年)
  • 『恋愛パラドックス 恋はできるけど、愛がつかめない』(大和出版、1991年)
  • La Murissant - 田山真美子の写真集にエッセーをつけたもの
  • 『プロポーズの瞬間 どんなあなたに彼は決心するのか』(青春出版社、1992年)のち光文社知恵の森文庫 
  • 『アソウの耳は、神の耳。』(文藝春秋、1993年)
  • 『ネコが元気をつれてくる。 「そんなに無理しないでいいのよ」と猫がいう』(大和出版、1994年)のちPHP文庫 
  • 『泣きたいとき誰がそばにいるの』(PHP研究所、1993年)
  • 『じぶんにごほうび 1年を甘ーく生きる24の方法』(廣済堂出版、1995年)
  • 『昨日より、幸せになる。』(双葉社、1995年)
  • 『眠らない森の天使たち』(ジャパン・ミックス、1995年)
  • 『こんなニュースに誰がした』(PHP研究所、1995年)
  • 『35歳症候群 私だけのしあわせをみつけるために』(海竜社、1997年)
  • 『花と紅茶とアンティークと』(広済堂出版、1998年)
  • 『ネコが結婚をつれてくる 「愛には愛がかえってくるよ」と猫がいう』三好貴子絵(大和出版、1999年)
  • 『東京育ちの京都案内』(文藝春秋、1999年)
  • 『東京育ちの京町家暮らし』(文藝春秋、2000年)
    • 文庫化にあたり『京都で町家に出会った 古民家ひっこし顛末記』と改題
  • 『極楽のあまり風 京町家暮らしの四季』(文藝春秋、2001年)
    • 文庫化にあたり『京都暮らしの四季 極楽のあまり風』と改題)
  • 『生活骨董。 蒐集ではなく、使う、育む、和のアンティーク』(PHPエル新書、2002年)
  • 『もてる人・もてない人』(PHP研究所、2002年)
  • 『京都がくれた「小さな生活」。』(集英社be文庫、2003年)
  • 『小さな食京都案内』(集英社be文庫、2005年)
  • 『麻生圭子の京・花ごよみ』淡交社 2007
  • 『茶わん眼鏡で見た、京の二十四節気』日本経済新聞出版社 2007
  • 『東京育ちの京都探訪 火水さまの京』文藝春秋 2007 のち文庫
  • 『麻生圭子の京できもの遊び』集英社 2008
  • 『いけずな京都ふだんの京都』講談社 2008
  • 『京都早起き案内』PHP新書 2013

翻訳[編集]

  • フィオナ・フレンチ『スノー・ホワイト・イン・ニューヨーク』(河出書房新社、1988年)
  • ロバート・フルガム『愛について必要な知恵はすべて幼稚園で学んだ 57人のアメリカ人のショートラブストーリー』(DHC、1998年)

外部リンク[編集]