南雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南 雅彦(みなみ まさひこ、1961年8月24日 - )は、日本アニメプロデューサーボンズ代表取締役。三重県出身。血液型はAB型。

来歴[編集]

大阪芸術大学芸術学部映像計画学科(現・映像学科)卒業後、1984年にサンライズに入社。第2スタジオの植田益朗プロデューサーの下で制作進行、制作デスク、アシスタントプロデューサーを経て、『武者・騎士・コマンド SDガンダム緊急出撃』(1991年)よりプロデューサーになる。その後、『疾風!アイアンリーガー』『機動武闘伝Gガンダム』『天空のエスカフローネ』『カウボーイビバップ』をプロデュース。

1998年、サンライズから独立し、フリーのアニメーターであった逢坂浩司川元利浩と共にボンズを設立し、代表取締役に就任した。

大学の同期生に庵野秀明山賀博之島本和彦(同級生)らがおり、島本が自身の大学時代を描いた漫画『アオイホノオ』にも一キャラクターとして登場している。同作ドラマ化の際は遠藤要が演じた。島本とは卒業後も交流があり、『疾風!アイアンリーガー』や『機動武闘伝Gガンダム』では社外スタッフとして設定協力を依頼している[1]

作品[編集]

サンライズ時代[編集]

ボンズ設立以降[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]