両国広小路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

両国広小路(りょうごくひろこうじ)とは、両国橋の西たもとに設けられた広場。後の中央区東日本橋二丁目あたりである[1]。重要な交通手段であるの交通を守るために火除地(ひよけち)として扱われたため、常設の建物は作られなかった。

歴史[編集]

江戸幕府は防備の面から隅田川への架橋は千住大橋以外認めてこなかった。しかし1657年(明暦3年)の明暦の大火の際に、橋が無く逃げ場を失った多くの江戸市民が火勢にのまれ、10万人に及んだと伝えられるほどの死傷者を出す。事態を重く見た老中・酒井忠勝らの提言により、防火・防災目的のために架橋を決断することになる。木製の橋への類焼を防ぐため、火除地として広小路は作られた。地名としての「両国」は、隅田川西側の武蔵国側を多くは指し、対岸の(現在の両国である)旧下総国側(墨田区側)を「向両国(むこうりょうごく)」(東両国とも)と呼んだ。

興行の町・繁華街としての両国広小路[編集]

江戸の街中にポッカリと穴が開いたように空き地があれば、人は無断利用するのが当然で、すぐに目的外使用が始まり、仮設の見世物小屋ヒラキと呼んだ)(現在の相撲・飲食店含む)が立ち並び、「両国広小路」と「浅草寺裏」は、江戸一番の盛り場(歓楽街)として、江戸時代期から明治時代初期を通して繁盛した。将軍が鷹狩りに出るときなどは、両国の全ての見世物小屋がきれいに無くなって、本来の火除地の姿に戻った。江戸三大広小路のひとつにあげられる。この姿は江戸東京博物館ジオラマ模型展示で再現されている。

その他の両国広小路に関連する風俗

  • うろうろ船
  • 水垢離
  • 両国花火
  • 両国ねこういん坊主

主な見世物興行一覧[編集]

繁栄の後[編集]

木橋としては1875年(明治8年)12月の架け替えが最後となる。両国駅の開業や両国国技館の開館にともない、両国という地名は次第に東両国を指すようになっていった。1971年には住居表示にともない、中央区の日本橋両国は周囲の日本橋米沢町、日本橋薬研堀町などとあわせ東日本橋と改められ、現在は中央区東日本橋二丁目となっている。一方、墨田区側はすでに1967年、東両国から両国へ改称されている。現在、両国橋西交差点付近に、「両国広小路記念碑」が設けられている。

2013年4月、墨田区側のJR両国駅前に「両国駅広小路」という駅前広場が整備された(かつての両国広小路とは位置が異なる)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本歴史地名大系(平凡社)

参考文献[編集]

  • 海野弘 『江戸の盛り場』 青土社、1995年11月。ISBN 4791753771
  • 海野弘 『新編東京の盛り場』 アーツ・アンド・クラフツ、2000年12月。ISBN 4900632465
  • たばこと塩の博物館 『展覧会図録『大見世物』 江戸・明治の庶民娯楽 : 開館25周年記念特別展』 たばこと塩の博物館、2003年ISBN 4924989223