捕縄術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
捕縄術
ほじょうじゅつ
Hojojutsu.gif
使用武器
発生国 日本の旗 日本
  

捕縄術(ほじょうじゅつ/とりなわじゅつ)は、日本武術の一つ。敵をで捕縛・緊縛する技術である。

歴史[編集]

江戸時代には捕手術の一環として盛んに用いられていたことから、各地に様々な流派が伝承されていた。明治維新後も警察機構において積極的に教えられていたが、昭和時代手錠の普及により必要性がなくなったことから、現在では逮捕術の科目から外されている。逮捕されることを「お縄」というのは捕縄術に由来する。現在、捕縄術を単独で継承する流派はほとんどなく、柔術杖術の流派において半ば失伝した状態で併伝されている程度である。

技法[編集]

取り押さえた敵を素早く拘束する『早縄』、形式・儀式的に用いる『本縄』、緊縛による拷問を加えるための『拷問縄』、これら縄術で緊縛された状態から脱出する『縄抜け』『破縄術』に大別される。用いる縄の太さや長さ、材質は、流派や用途によって大きく異なる。江戸町奉行所では四季で縄の色を変えていた。

早縄には、十手術柔術で相手を制圧した後に拘束する技術だけでなく、縄を武器にした様々な戦闘術も組み入れられている。手早く拘束するために、縄の先端にあらかじめ鉄環鉤爪を取りつけている場合も多い。本縄は主に犯罪者の護送・謁見の際に用いられ、身分や職業、性別、用途によってそれぞれ異なる縛り方が用意されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]