猪谷流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猪谷流(いがいりゅう)は、猪谷和充が開いた剣術流派。居合や縄術も伝えていた。

尾張藩士・猪谷和充は、父の猪谷和時(柳生厳包の弟子)より新陰流を学び、尾張藩で盛んであった制剛流円明流も学んで、3流を合わせて猪谷流を開いた。

猪谷家は尾張藩の剣術師範家の一つとなり、明治初期の尾張廃藩時の猪谷忠蔵(1877年(明治10年)没)まで、猪谷流を教授した。