柳生厳包

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
柳生厳包
時代 江戸時代前期
生誕 寛永2年(1625年
死没 元禄7年10月11日1694年11月27日
別名 新六、兵助、兵庫、連也斎、浦連也
戒名 寒松院貞操連也居士
墓所 白林寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川義直徳川光友
尾張藩
氏族 柳生氏
父母 父:柳生利厳
母:島清興の娘・珠
兄弟 清厳、利方 、厳包

柳生 厳包(やぎゅう としかね、寛永2年(1625年) - 元禄7年10月11日1694年11月27日))は、江戸時代前期の武士、剣術家、尾張藩士。 柳生利厳(兵庫助)の子。父の跡を継いで尾張藩剣術指南役を務め、藩主・徳川光友に新陰流を伝授した。幼名は新六。初名は厳知。 通称は七郎兵衛、兵助、兵庫。隠居後は入道して連也斎または浦連也と号した。著書に『御秘書』、『連翁七箇條』。

略歴[編集]

幼少期から出府するまで[編集]

寛永2年(1625年)、尾張藩剣術指南役柳生利厳(兵庫助)と、そのである島清興(左近)の末娘・珠との間に生まれる。 幼少期は姉の嫁ぎ先である御油の問屋・林五郎衛門のもとで養育され、剣術の修行を始めたのは10歳で名古屋に戻って後の事だという。子供の頃は毎日の稽古が終った後も、郎党を集めて自分を打ち込んだ者には褒章を与えると宣言して打ち合いに励んだために生傷が絶えず、帯を結ぶために母の手を借りる事もしばしばであったと伝わる[1]。その才能は早くから表れ、弱冠13歳の時に父・利厳から習った口述をまとめた武芸書(通称『御秘書』)を残している。

寛永19年(1642年)18歳の頃、父の代理として江戸で藩主の嗣子 徳川光友を指南していた兄・利方の推薦を受けて出府し、光友に御目見えを果たす。『昔咄』ではこの時の逸話として、江戸に到着したその日に光友に命じられて柳生流と一刀流の剣士30名と次々に試合を行い、悉く打ち破ったとする話を紹介している[1]。厳包はそのまま江戸詰め御通番となり、はじめ40石、その後間もなく加増を受けて70石を拝領した[2]

道統の継承[編集]

慶安元年(1648年)24歳の時、父・利厳が隠居すると、兄・利方は家督を継いで指南役を退き、代わって厳包が正式に指南役として主君・光友に新陰流を伝授するようになる。厳包は「制外物の御奉公人」として他の役目を解かれ、剣術に専念する事を許されたという[1]。翌慶安2年(1649年)利方立ち合いの元、利厳から一切の相伝免許を受けて道統を継ぐ[3]慶安三年(1651年)に利厳が死去すると、父の隠居領3百石と居屋敷を譲られ、その後更に二度の加増を受けて、総石高6百石となった[2]

慶安武芸上覧[編集]

慶安4年(1651年)2月、時の将軍徳川家光が病に倒れると、武芸好きで知られた将軍を慰撫するため、諸藩を代表する武芸の達人が江戸城に集められ、連日武芸が演じられた。同年3月、幕府の閣老から尾張藩国家老・成瀬隼人正宛てに厳包と利方兄弟の参加を要請する書状が届く。この時の書状の内容は『徳川実紀』にも残り「(家光が)柳生伊代(利厳)子供の兵法上覧成され度候旨、仰せ出され候間、当地差越候様に相達せらるべく候」と、兄弟の参加が家光直々の望みである事が記されている[3]

厳包と利方の兄弟は二日間に渡って武芸を披露し、4月5日に燕飛、三学、九箇、小太刀、無刀、小太刀を、翌6日には小太刀、無刀、相寸等の勢法(型)を演じ[注 1]、家光からは時服と銀二枚が与えられた。この演武は家光を大変満足させ、その様子は直ちに二人の主君・光友にも伝えられた[注 2]。この時演じられた勢法(型)の中でも燕飛は出色であり、後々まで「古今無類、面白き事なりしぞ」と賞されたと『昔咄』は記している[1]

晩年[編集]

寛文8年(1668年)、44歳で6百石を返上して御蔵米2百石を給され、貞享2年(1685年)61歳の時に隠居を許されて剃髪し、連也斎または浦連也と号した。隠居後は造園に凝り、城下の邸宅に尾張随一といわれる庭園を造った。その庭園は藩主親子やその夫人も度々訪れ、光友の子徳川綱誠は「おれも庭をすくが、連也の物数奇には及ばず」と讃えたという。このほか花は牡丹を愛し、茶入れを好んで瀬戸に焼かせたという[1]

元禄7年(1694年)2月70歳の時、光友の協力の元で兄利方の子・厳延に印可を相伝し、道統を継承させると、同年10月11日死去。遺言によって遺体は火葬され、遺骨は熱田沖の海上に撒かれた。そのため墓碑はなく、妙心寺内麟祥院に位牌のみが残っている[3]

厳包の死後も尾張柳生氏は幕末まで代々御流儀師範として特別の格式を以て遇され、明治維新の後も現代に至るまで新陰流を伝えている。

剣術面の影響[編集]

新陰流を修行する者がはじめに学ぶ勢法(型)である「三学円太刀」と「九箇」について、初心者用にいったん上段に振り上げてから行う「高揚勢(取り上げ使いともいう)」という新しい使い方を考案した。同様に奥義の太刀である「転(まろばし)」についても、相手の太刀に対し、自分は小太刀で対応する従来の「転」に対して、初学者(「転」を初めて学ぶ者)の導入的な目的のために、自身も通常の長さの太刀を以て「転」と同様の動作を行う「大転」を考案し、段階的な習得を可能にするなど後進の育成にも力を尽くした。

また現代では尾張柳生を代表する太刀使いとして知られる、縦に切りかかる相手に対して、自分も同様に人中路を切って真直に打ち降ろして勝つ「合撃打ち」や、それまでの立った状態で相手の太刀を奪う「奪刀法」に加えて、新たに座った状態で行う「坐奪刀法」を開発する[5]など技法面でも大きな影響を残している。これらの功績により、流祖・上泉信綱より柳生宗厳(石舟斎)、柳生利厳と連なる新陰流(尾張柳生)の剣術を完成させたのは厳包であるとも言われている。

逸話[編集]

慶安御前試合伝説[編集]

利厳の子孫である尾張柳生家には、慶安4年(1651年)4月6日に厳包と利方が家光の御前で剣術を披露した際、厳包とその従弟である柳生宗冬が木刀による試合を行い、厳包が宗冬の右拳を砕いて勝利を収めたとする伝説が伝わっている。ただし史料的な裏付けはなく、拳を砕かれたとされる宗冬が8日後の4月14日に諸大名の前で剣術を披露している記録がある事などから、柳生家の資料を編纂・出版した体育学者の今村嘉雄は「江戸柳生と尾張柳生の不和が生んだ虚報」であろうとしている[3]。尾張柳生の剣を学ぶ者の中でも試合の真偽については諸説あり、今村嘉雄は『図説日本剣豪史』で尾張柳生家の印可をうけていた者の証言として、宗冬と厳包の二人が行ったのは試合ではなく型であったという話を紹介しているほか、尾張柳生第10代当主・柳生厳周も試合の存在を認めていなかったとする門弟の証言もある[6]。 

その他の逸話[編集]

  • 16歳の頃まで母方の実家の姓である島姓を名乗っており[2]、当初は島家を再興させる予定であったともいわれる。
  • 兄の清厳、利方等とは腹違いの兄弟とも言われるが、清厳が残した遺書の中に「茂左(利方)、新六(厳包)は母をよろしく頼む」とする一文があるほか、利方も晩年に島如流と名乗っていることから、三名とも同じ母から産まれたとする見方もある[7]
  • 武具に強い拘りを持ち、柳生拵、柳生鍔を考案。愛刀は肥後守秦光代の作(拵えの形状から、籠釣瓶ともいう)とされる。ほかに秦光代には1尺4寸の片切刃鎬造の脇差を特注。これにはその形状と、連也斎が就眠中刺客に襲われた際、この脇差で片手斬りにしたことから「柳生の鬼包丁」の異名がある。
  • 尾張藩お抱え刀工の伯耆守信高(3代)に作らせた配刀が残されている。さらに肥後守秦光代の師匠である江戸石堂派の対馬守常光に、常光唯一の郷写しの中脇差を特注しており、これは由来の鞘書きと共に徳川美術館に納められている。
  • 若いころは2、3度女性と交わり、後に衆道も少々好んだが、やがて修行の妨げになるとして一切不犯を貫くようになった。主君・光友が、妻や妾を迎えるよう命じたが、「もし性交した翌日に自分と互角の者と立ち会うことになれば自分は敗れることになり、主君の恥になる。」と述べて生涯妻をめとることはなかった[1]
  • 尾張柳生家には新陰流の道統は流祖上泉信綱から柳生宗厳に譲られたという伝承があり、その中では上泉から数えて新陰流第六世とされる。ただし宗厳が上泉より新陰流の道統を譲られたとする説については疑う向きもある。[8] 

柳生厳包の登場する作品[編集]

小説[編集]

  • 隆慶一郎『慶安御前試合』
  • 津本陽『柳生兵庫助』
  • 五味康祐『秘剣・柳生連也斎』
  • 鳥羽亮『柳生連也斎 決闘十兵衛』『柳生連也斎 死闘宗冬』『柳生連也斎 激闘列堂』

映画[編集]

漫画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 厳包自筆の覚書による[4]
  2. ^ 頼宣から光友に宛てられたと見られる4月6日付の書状に「昨日、柳生兵庫子共、兵法、御らんなされ候間、 弥々、御機嫌能く、御座候故と、目出度存ずる事に候」とある。この書状は後に尾張柳生家に授けられ、現代も遺されているという。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 今村嘉雄編輯 『史料 柳生新陰流〈下巻〉』 人物往来社、1967年
  • 今村嘉雄 『定本 大和柳生一族―新陰流の系譜』 新人物往来社1994年
  • 赤羽根大介、赤羽根龍夫共著 『柳生の芸能』 基礎科学論集:教養課程紀要(24)、2010年3月
  • 相川司、伊藤昭共著 『柳生一族―将軍家指南役の野望』 新紀元社2004年
  • 加藤純一 『素肌剣術期における新陰柳生流の勢法に関する研究』 武道学研究22-(3),23、1990年