島清興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
島 清興 / 島 左近
Shima Sakon.jpg
太平記英雄伝廿五:品之左近朝行(=島左近)落合芳幾
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文9年5月5日1540年6月9日)?
死没 慶長5年9月15日1600年10月21日)?
別名 左近(通称)、勝猛、友之、清胤、昌仲
戒名 妙法院殿島左近源友之大神儀
墓所 立本寺教法院京都市上京区
三笠霊苑東大寺墓地(奈良市
木川墓地大阪市淀川区
浄土寺島村家墓地(岩手県陸前高田市
長崎県対馬市美津島町島山
主君 畠山高政筒井順政順慶定次豊臣秀長秀保石田三成
氏族 島氏(嶋氏)
父母 父:政勝
茶々北庵法印の娘)
信勝友勝清正、娘(小野木重勝正室)、珠(柳生利巌室)
左近が用いたという
「丸に三つ柏」紋

島 清興(しま きよおき)は、戦国時代から安土桃山時代武将筒井氏石田三成の家臣。通称は左近で、一般には島 左近(しま さこん)の名で広く知られる。本項目でも特に断りが無い限り「左近」と記す。実名は俗に勝猛(かつたけ)などともいうが、文書から確かなのは清興である[1]

三成に三顧の礼をもって迎えられ破格の高禄を食む側近として仕え、「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と謳われるほどの逸材だった『古今武家盛衰記』[2]

娘の珠は柳生利巌の継室となっており、剣豪として名高い柳生厳包は左近の外孫にあたる。

生涯[編集]

出自[編集]

島氏[3]は今の奈良県生駒郡平群町周辺の在地領主で、椿井城西宮城を本拠にしていたという[4]

島氏の出自は明らかでないが、本姓藤原姓であるという。また、清興の出身を対馬国とする説もあったが、現在では大和国出身であることが明らかとなっている。なお、近年では「島左近」は筒井氏家臣である島氏代々の名乗りとする説もある[5]

畠山氏・筒井氏・豊臣氏時代[編集]

大和平群郡国人の家系に生まれ、当初は隣国河内守護で、大和国にも勢力を扶植していた畠山氏に仕えた。畠山高政三好長慶と戦った教興寺の戦いに参加したが、高政は敗北し、清興も敗走している。その際、筒井順昭の指揮下で戦ったことが縁で畠山氏の没落後、筒井氏に従属する領主の一人となったようであるが、史料からは確認出来ない。

筒井氏縁戚の山田順延(添下郡山田城主、筒井順延ともいう)の口碑には「永禄2年に平群郡の島と紀が松永弾正より逃れてきたのを匿ったために山田城は松永に攻められて落城し順延以下城兵は殆ど討死した」とある。この「島」が左近である可能性がなくはないが、確かなのは永禄年間に嶋左近が平群谷で活動した形跡が史料にみえない。

筒井順昭の後をわずか2歳で継いだ筒井順慶侍大将として盛り立てたといわれるが、当時の筒井家の家臣団の中には名が見えない。『尋憲記』や『多聞院日記』等の記載によれば、当時の筒井家の有力家臣には八條相模守長祐、松蔵権助秀政、飯田出羽入道、中坊飛騨守秀祐などの名が知られるが、嶋氏関係の氏名は見当たらない。

筒井家の家臣関係の伝承や文献類に島左近の名が初めてみえるのは元亀2年(1571年)の辰市合戦直前で、「嶋左近尉殿」とある。それ以前までに順慶が大和国の覇権を争って松永久秀と戦った筒井城の戦い東大寺大仏殿の戦いなどでは動向が不明であるが、宇陀郡秋山氏の伝承では嶋左近を「宇陀ノ城主」とする(どこの城かは不明)。辰市合戦に際して宇陀より出撃したとの伝承もあるが、これが「宇陀ノ城主」とする伝承と関係するかもしれない。いずれも確証を欠くが、なぜ宇陀郡に左近の名が伝わるのかはよく分からない。

確証はないが、何らかの形で筒井順慶を支え続けたといい、その功績によって筒井家の重臣に加わったという。一般には松倉重信(右近)と並んで筒井家の両翼「右近左近」と並び称されたというが史実ではなく、『尋憲記』や『多聞院日記』等の記載によれば、実際に筒井家の両翼と呼ばれたのは松蔵権助秀政と松田善七郎盛勝だったようだ。

順慶はやがて松永久秀を倒し(信貴山城の戦い)、本能寺の変といった存亡の危機も乗り越え、筒井家による大和国の統一を成し遂げたが、その後の左近は吐田城を接収するなど内政面で順慶を支えていたらしい。椿井城主となったのもその頃というが、その後まもなく主君である順慶が病に倒れてしまった。跡を継いだ順慶の甥・筒井定次とは意見が合わず、筒井家を辞することになった[6]。 筒井家を辞したのは定次の将来を見限ったと言われているが、実際は島領の農民と中坊秀祐領の農民との水利をめぐる争いが原因とされる[7]。 筒井家を辞したのは天正16年(1588年)2月で、奈良興福寺の塔頭持宝院に寄食したと言う[6]

その後、蒲生氏郷に仕えた[7]山鹿素行の『武家事記』には筒井家を去った後に豊臣秀長に仕え、秀長の没後は豊臣秀保に仕えたという[8]

石田三成の時代[編集]

石田三成から、左近に仕官の要請があった時、それまでも多くの要請を断ってきた左近はやはり断るが、三成の必死の説得により仕官を受け入れ、2万石の俸禄で召し抱えられた。これは、当時の三成の禄高4万石のうちの半分を与えられるという破格の待遇であった(『常山紀談』)。もっとも、島左近が石田三成に仕えたのは、三成が佐和山19万石の城主になってからという説も有力であるが、それでも破格の待遇であったことには違いがない。

石田三成は小姓の頃に知行400石全てを投げうって、柴田勝家や主君・豊臣秀吉が1万2千石で召し抱えようとした豪傑・渡辺勘兵衛渡辺了とは別人)を召し抱えており、その話を元にして左近召し抱えの逸話が作られたとの説もある。『多聞院日記』には、天正20年(1592年)4月に左近の妻が「今江州サホノ城(=佐和山城)ニアリ」と書かれており、その頃には三成に仕えていたとされるが、三成の佐和山城主就任は文禄4年(1595年)であり、時期のずれがいずれの史書でも見受けられ、この逸話も史実かどうかに疑問が持たれている。

結論として左近が石田三成に仕官したのは、天正19年(1591年)正月22日以降、天正20年(1592年)4月以前と考えられる[8]。その後、左近は三成に従って朝鮮出兵に従軍したと伝わる[9]

関ヶ原の戦い[編集]

島左近陣跡(関ヶ原)

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの前日には、会津の上杉景勝、また北からの万一の伊達政宗の裏切りに備えて江戸からなかなか動けないはずの家康の美濃国赤坂(現在の岐阜県大垣市赤坂町字勝山にある安楽寺)到着の報に動揺する西軍の兵たちを鼓舞するために、兵500を率いて東軍の中村一栄有馬豊氏両隊に小競り合いを挑み(杭瀬川の戦い)、明石全登宇喜多秀家家臣)隊と共に完勝した。しかし、その夜に島津義弘小西行長らと共に提案した夜襲は、三成に受け入れられずに終わった[10]

関ヶ原の戦い本戦においては、最初は西軍有利に進み、左近も自ら陣頭に立ち奮戦した。その最期については、

  • 黒田長政軍の鉄砲隊に横合いから銃撃され負傷し後、死去した。
  • 正午過ぎ、小早川秀秋の東軍寝返りを皮切りに西軍は総崩れとなり、左近は死を覚悟して再び出陣。正面の黒田長政軍及び田中吉政軍に突撃し、奮戦した末に敵の銃撃により討ち死した。

とする説がある。

最期の折の勇猛さ・狂気じみた左近の奮戦ぶりは東軍諸将のあいだでも語り草となった。特に黒田軍の兵士たちは関ヶ原から数年が過ぎても戦場での悪夢にうなされ、夢枕で左近が発した「かかれーっ!」の声を聞いて恐怖のあまり布団から飛び起きたとの逸話が伝わるほどである(『常山紀談』)。江戸初期、筑前福岡城において、関ヶ原に出陣し左近を目撃した老いた武将達が左近の服装について若侍相手に語り合ったが、物指陣羽織具足に至るまでそれぞれ記憶が違い、理由をその恐ろしさに記憶が曖昧であったとしている[11]

異説・俗説[編集]

家康暗殺
  • 慶長5年(1600年)、徳川家康が権力を振りかざすようになると、それを危険に感じた左近は三成に家康暗殺計画を持ちかけた。これに対して三成もすでに家康暗殺を近江水口岡山城長束正家と計画しており、正家に会津征伐で東下する家康をもてなさせ、水口城内で家康を斬るという作戦であった。家康はこの企てを知っており、その夜の内に水口を出立したため、計画は失敗に終わった(『徳川実記』[12])。
関ヶ原の戦い
  • 関ヶ原開戦の直前に島津豊久に対して、「若い頃は武田信玄に仕官し山県昌景の下で家康が敗走するのを追った」と語ったという(『天元実記』)。が、島氏は大和国の在地土豪で筒井氏に長年仕えており、裏付けとなる資料も他にないので、真偽は不明。
墓所とされる墓(対馬島山島)
  • 関ヶ原の戦いを脱して落ち延び、京都に潜伏し寛永9年(1632年)に没したとする説もある(石田軍記、古今武家衰退記、関ヶ原御合戦当日記、新対馬島誌、関ヶ原町史等)。
  • 左近の遺体は、関ヶ原の合戦で戦死した大谷吉継の首級と共に見つかっていない[13]。さらには合戦後に京都で左近を目撃したと称する者が相次いだという。
  • 京都市の立本寺には島清興の墓があり、関ヶ原の戦い後、逃れてこの寺の僧として、32年後に死去したとされている。位牌や過去帳が塔頭に残され、寛永9年6月26日没などと記されていることがその根拠となっている[14]
  • 静岡県浜松市天竜区に島家の後裔が在住している。23代目の島茂雄によれば、島清興は島金八と名を変えて百姓に変装し、春になると自身の部下を集めて桜の下で酒宴を催したという。また居住地を「おさか」と呼んだといわれており、これは大坂のことと推察されている。隆慶一郎はこの地を訪問して島茂雄から話を聞き、小説「影武者徳川家康」の題材とした[15]
  • 東広島市西条最古の酒造業者、白牡丹は自社の創業に関し、古書において「慶長五年九月 関ガ原の戦に、島左近勝猛、西軍の謀士の長たりしも、戦に破れ、長男新吉戦死す。次男彦太郎忠正母と共に京都に在りしが、関ケ原の悲報を聞き、西走して安芸国西条に足を止む。彦太郎忠正の孫、六郎兵衛晴正、延宝三年酒造業を創む」とある旨を紹介しており[16]、現在も同社の社長職は島家が引き継いでいる。
  • 熊本市西岸寺には、中興の泰岩和尚は島左近が鎌倉光明寺で出家した後身であり、細川忠興に仕えて小倉に知足寺を建立し、加藤忠広の改易後、細川忠利の肥後入国に際しては、忠利の命を受けて熊本に入り情報収集に努めたという由来記が残る[17]

遺品[編集]

久能山東照宮博物館に左近が使用したと伝わる兜が収蔵されている[18]

島左近を主題材とした作品・創作物[編集]

小説
漫画
マスコットキャラクター

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『根岸文書』には清興と記した自筆の書状が残っている。また天正5年(1577年)に左近本人が春日大社に奉納したという石灯籠にも「嶋左近烝清興」と刻まれている
  2. ^ 花ヶ前盛明 2001, 川口素生「島左近逸話・伝説集」, p.172
  3. ^ 左近本人や石田三成の書状では「嶋左近」「嶋殿」とあり、「嶋」の字を用いている
  4. ^ 花ヶ前盛明 2001, 花ヶ前盛明「島左近とその時代」, p.12
  5. ^ 「島左近友保(清興の父:編者注)は藤原姓、對馬の人にて、筒井氏に仕へ、一萬石を領す」(『大日本野史』)
  6. ^ a b 花ヶ前盛明 2001, 花ヶ前盛明「島左近とその時代」, p.22
  7. ^ a b 花ヶ前盛明 2001, 花ヶ前盛明「島左近とその時代」, p.23
  8. ^ a b 花ヶ前盛明 2001, 白川亨「島左近と石田三成」, p.105
  9. ^ 花ヶ前盛明 2001, 花ヶ前盛明「島左近とその時代」, p.30
  10. ^ 夜襲はそもそも進言されていないという説もある。夜襲策の出典は『日本戦史(旧日本軍参謀本部編)』。
  11. ^ 「おのおの、覚え給わぬか、島左近と聞けば今も気味が悪いぞ、鉄砲にて打ちすくめずば、我等が首を取られんこと何の手間も入るまじく候」著者不詳『(黒田)故郷物語』(文政12年(1829年))
  12. ^ 花ヶ前盛明 2001, 川口素生「島左近逸話・伝説集」, p.176
  13. ^ 大谷吉継の場合は側近の湯浅五助が切腹の介錯を行い、首級を埋めた場所を語らず死亡したため発見されなかった
  14. ^ 立本寺にある島左近の物と言われる墓
  15. ^ 隆慶一郎 『時代小説の愉しみ』 講談社〈講談社文庫〉、1994年、50-51頁
  16. ^ 白牡丹株式会社ホームページ[1]2012年5月19日閲覧
  17. ^ 全日本仏教会寺院名鑑刊行会編『全国寺院名鑑』熊本県-2頁(全日本仏教会寺院名鑑刊行会,1969)、平凡社編『日本歴史地名大系 第44巻 熊本県の地名』492頁(平凡社,1985)、角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典 43 熊本』506-507頁(角川書店,1987)、圭室文雄編『日本名刹大事典』274頁(雄山閣出版,1992)
  18. ^ 小林明「伝・島左近の兜」(『東照宮文化財保存顕彰会会報』14号、1981年)
  19. ^ 嶋左近キャラクター「左近くん」の使用について平群町公式HP、2015年6月11日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]