杭瀬川の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杭瀬川の戦い
戦争関ヶ原の役
年月日慶長5年9月14日1600年10月20日
場所杭瀬川
結果:西軍の勝利
交戦勢力
西軍 東軍
指導者・指揮官
島清興3kashiwa 01.jpg
明石全登
中村一栄
有馬豊氏Hidari mitsudomoe.svg
野一色助義 
戦力
不明 不明
損害
40
関ヶ原の戦い

杭瀬川の戦い(くいせがわのたたかい)は、慶長5年9月14日1600年10月20日)に行なわれた戦い。関ヶ原の戦いの前哨戦にあたり、この戦いは局地戦であったが、西軍が勝利した。

概要[編集]

戦死した野一色助義の首と鎧兜が埋められたと伝わる鎧塚(岐阜県大垣市赤坂西町)
杭瀬川の戦い推定地の神社

9月14日、東軍の総大将である徳川家康美濃赤坂(現在の岐阜県大垣市赤坂町字勝山にある安楽寺)に軍を率いて到着した。このため、西軍の中で動揺が起こり、一部の兵士の中には逃亡する者も現れた。事態を憂慮した石田三成の家老・島清興は戦勝による士気の回復を進言。東軍に奇襲攻撃をかけることにした。

杭瀬川は、大垣城と赤坂の中間部にある川であり、周辺には森林が生い茂っていたとされているが、島清興はこの中に一隊を伏せて伏兵とし、残る部隊で対岸へ渡り、東軍の中村一栄隊の前で苅田を始めた。この挑発に中村一栄隊の将士が乗って小競り合いが始まり、まもなく有馬豊氏隊も参加して乱戦となった。島清興はある程度戦うと、敗れた風を装って退却をはじめ、両隊を釣り出す事に成功。追撃した中村・有馬隊は伏兵の横撃を受けて壊乱状態に陥り、さらに宇喜多家の明石全登が参戦して両隊は被害を受けて敗走。このとき、中村家の家老・野一色助義が戦死するなど、40人ほどが西軍によって討ち取られたという。

こうして、前哨戦は西軍の勝利に終わり、9月15日の関ヶ原本戦に向かっていくことになる。 戦闘場所については川筋は変化するため渡河場所などは特定されておらず、案内板などもなく、古戦場という扱いはされていない。