中坊秀祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
中坊秀祐
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文20年(1551年
死没 慶長14年2月29日1609年4月3日
別名 秀行、秀裕
官位 従五位下飛騨守
幕府 江戸幕府 旗本
主君 松永久秀豊臣秀長秀保筒井定次徳川氏
氏族 中坊氏
父母 父:中坊盛祐
兄弟 男子、秀祐
秀政

中坊 秀祐(なかのぼう ひですけ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将旗本奈良奉行

略歴[編集]

中坊氏菅原道真の後裔・柳生永珍の弟が山城国笠置寺の宗徒となって中坊氏を称したことに始まる。一時、奈良氏と称したが、秀祐の曽祖父・秀友が中坊氏と称した。また、藤原北家の流れを組む系譜も残されている(『寛政重修諸家譜』)。

天文20年(1551年)、中坊盛祐の次男として誕生。

初め、松永久秀に仕えて被官として度々多聞院英俊を訪問していた事が『多聞院日記』に遺されている。次いで豊臣秀長秀保に仕え、大和国吉野郡で3500知行を与えられた。後に筒井定次に仕えたが、定次から寵愛され次第に専横の振る舞いが目立つようになったという。さらに島清興と常に対立し、遂には定次に対して清興を讒言し、筒井氏から追放に追い込んだといわれている(筒井騒動)。

慶長13年(1608年)6月、駿府城徳川家康に対して定次の不行状を訴えたが、これが原因で定次は改易に追い込まれた。寵臣である秀祐がこのような訴訟を行なった理由は家康との裏取引があったためといわれており、筒井氏改易後に幕臣として取り立てられ、奈良奉行に任じられている。

慶長14年(1609年)2月29日、伏見で死去。恨みを抱いたかつての同僚山中氏に暗殺されたともいう[1]。死後、家督は嫡子・秀政が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 籔景三『筒井順慶とその一族』新人物往来社、1985年、216頁。

関連項目[編集]