島信勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島 信勝(しま のぶかつ、永禄元年(1558年) - 慶長5年9月15日1600年10月21日))は戦国時代安土桃山時代武将。通称新吉、友保とも。島清興(左近)の嫡子。『筒井諸記』では初め新吉政勝、のち左近丞清勝とされている。

筒井順慶に従い、1585年天正13年)豊臣秀吉紀州征伐に際しては、順慶とともに出陣、活躍した。関ヶ原の戦いでは、杭瀬川の戦いに左近とともに出陣、本戦で藤堂良政を討ち取るが、直後に藤堂良政の郎党である山本半三郎に討たれたと伝わる[1]

脚注[編集]

  1. ^ 島左近関連人物列伝1 - 平群町教育委員会/平群史蹟を守る会