湯浅五助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
湯浅五助
Yuasa Gosuke.jpg
太平記英勇伝九十四:湯浅吾助(落合芳幾
時代 安土桃山時代
死没 慶長5年9月15日1600年10月21日
別名 隆貞、通称:五助
墓所 関ケ原町
主君 大谷吉継

湯浅 五助(ゆあさ ごすけ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大谷吉継家臣は隆貞(たかさだ)とされる。

生涯[編集]

関ケ原町の大谷吉継の墓(右)の隣にある湯浅五助の墓(左)

生年や素性などは不明[1]。大谷吉継の長臣(重臣)であったと言う。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで、小早川秀秋の攻撃によって大谷隊が壊滅したとき、切腹した大谷吉継の介錯を務めた。この際、ライ病(ハンセン病)を患っていた吉継は、自害する前に五助に「病み崩れた醜い顔を敵に晒すな」[2]と申し伝えて果てた。五助は主君の命を守り、吉継の首を戦場から離れた場所に埋めた。埋め終わった時に、五助は藤堂高虎の軍に所属する藤堂高刑に発見されると、「私の首の代わりに、主君の首をここに埋めたことを秘して欲しい」と頼み、藤堂高刑はそれを受けて五助の首を取った。藤堂高虎は、の高刑が湯浅五助の首を取ったことに喜び、徳川家康の本陣に報告した。五助の首を見せた際、家康は手柄を褒めつつ、大谷吉継の側近である五助なら主君の居場所も知っているはずと、高刑を詰問した。高刑は五助との約束を守り頑として在処を言わなかった。その姿勢に家康は感心し、自分のを与えたという[3]

墓は、岐阜県関ケ原町に存在する。合戦後まもなく藤堂家によって建立された大谷吉継の墓の隣に、大正5年(1916年)、五助の子孫により建立されたものである[4]

登場する作品[編集]

真田丸』(2016年NHK大河ドラマ) - 演・片岡愛一郎(主君・大谷吉継を演じた片岡愛之助の弟子)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 落合芳幾の太平記英勇伝において、紀州出身と書いてあるのは、姓から湯浅党との関連を想像したに過ぎない。
  2. ^ 単に外見が醜いというだけでなく、ライ病は当時は( 前世の悪業の報いである)業病であると見なされていたため、それを不名誉として恥じたもの。
  3. ^ 『平尾氏箚記』
  4. ^ 史跡関ケ原古戦場保存管理計画策定報告書-第2章44頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]