諸賞流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
諸賞流和
しょしょうりゅうやわら
別名

無想観世流、狐伝流、

観世的真諸賞要眼狐伝流
発生国 日本の旗 日本
創始者 岡武兵衛庸重
公式サイト 諸賞流のページ
伝承地 岩手県 盛岡市
  

諸賞流(しょしょうりゅう)は、盛岡藩で伝えられてきた古武道流派。正式名称を「観世的真諸賞要眼狐伝流」という。

柔術剣術縄術からなり、足当肘当、目潰しが中心の特異な内容の柔術を伝えることで知られる。現在も岩手県盛岡市で伝承されており、1979年昭和54年)8月1日、盛岡市無形文化財の指定を受けている。

歴史[編集]

当流の伝承によると、遠祖は藤原鎌足で当初は狐伝流と称し、その150年後、伝承が絶えようとした時に坂上田村麻呂が流名を観世流と改めて復興させ、鎌倉時代源頼朝が主催した相撲大会で観世流27代の毛利宇平太国友が活躍して源頼朝より称賛され、並み居る諸侯が称賛(賞賛)したという意味で、以後、諸賞流と名乗るよう申し渡された、と伝えられている。この伝説に依拠して、当流の系譜では毛利宇平太国友を観世流27代、諸賞流初代としている。

諸賞流が盛岡藩に伝わったのは、諸賞流21代(観世流47代)岡武兵衛庸重の代である。岡武兵衛庸重は盛岡藩で医業の家に生まれたが、武芸を好んで諸国を巡り多くの武芸を学んだ。その際、鎌倉に隠棲していた石田辰之進定政より諸賞流を学んで印可を受けた。後に岡武兵衛庸重は盛岡藩へ帰り、当時の盛岡藩第6代藩主・南部利幹に召抱えられ、盛岡の地で諸賞流が伝承されるようになった。

岡武兵衛庸重には、熊谷治右衛門、中館判之亟、永田進の3人の高弟がおり、それぞれ宗家となって諸賞流を伝承したが、熊谷、永田の系統は明治期に失伝。現在伝えられているのは中館の系統である。


当身[編集]

諸賞流は足当、肘当、目潰を重視する。

肘当
肘での当身。
足当(あしあて)
軸足の踵を上げ体重をかけず加速力で威力を出す。
衝撃だけを相手に伝えるように当てる。
足当の稽古法
の蓋を下げ、足当で後ろに飛ばさずにその場で割る。
手拭を提げて、真ん中だけが窪むように当てる。

技法[編集]

座って行う小具足と、立って行う立合が中心となり、それぞれの技が、「表」・「𢶷(ほぐれ)」・「裏」の三段階に変化し、これを三重取と呼ぶ。さらに稽古が進むと、「変手」・「手詰」が加わって五段階に変化し、五重取と呼ばれる。

  1. :一般の柔術と同様に、目潰、投げ、逆手、当身、固め技などにより、相手の攻撃を制する。
  2. 𢶷:表の技に対する返し技。表の型全てに対する返し技が存在するのが特徴。
  3. :肘当て、足当、目潰しなど、当て身を中心として相手を制する。「荷鞍」と呼ばれる防具などを用い、当流が最も重視する当身技の稽古を行う。
  4. 変手:逆手での投げ技が中心となる。
  5. 手詰:当身を用いて一撃で相手を倒す。
小具足第一部 12本 (19手)
踏落、羽返、水車、腕捫、奏者取、前脇差、
前詰、後詰、右詰、左詰、頤捫、後頤捫
小具足第二部 10本 (15手)
一文字、突掛、調子、小詰、大詰、引捨、後返、取手、髪挟詰、弐人詰
立合第一部  11本 (16手)
行連、行違、大殺、𨳜詰、鬼神詰、大小搦、大渡、小手乱、推付返、手髪取、柄留
立合第二部  11本 (14手)
朽木倒、大杉倒、山落、岩石落、十文字、棒捫、胸取、前渡、谷渡、拍子取、弐人詰

小具足立合の表、裏、𢶷の各段階を終了すると「中位申渡」と「諸賞流和大要之巻」が与えられ 黒帯を締めることが許される。

さらに変手、手詰で五重取の変化を学び「中位本伝」に至って後輩の指導や手直しをすることを許される。


仕掛十ヶ条
免許仕掛𢶷
免許別手真術
免許取手三ヶ条

免許取手三ヶ条まで学ぶと「免許申渡」の目録が与えられる。


術法 位
術法 打捨
術法 仕掛
術法 当 信
術法 勝妙
術法 是極之大事
覚悟之巻

覚悟之巻を終了すると「免許本伝」を与えられる。


甲冑歩立組討
秘伝 二十一ヶ条
印可三ヶ条
印可別手真術 十一箇条

軒号仕掛𢶷 七ヶ条
大極意之巻
楠伝覚悟之巻

印可別手真術 十一箇条までを学び印可となる。 さらに、楠伝覚悟之巻までを学び「軒号」という武名を授かり師範となる。

諸賞流の師範は古来から最高位の色とされたの帯を締める。

[編集]

中位申渡中位本伝免許申渡免許本伝印可申渡印可本伝と進んでいく。

諸賞流では「小具足三年、立合三年」と言われ、小具足、立合の表を学ぶだけでも六年の歳月を必要とし、 戦前、戦後の頃は数十年通ってもなお中位申渡に至らなかったものも多かったという。

系譜[編集]

  • 岡武兵衛庸重
    • 熊谷治右衛門
    • 中舘常政
      • 土川仁和右衛門
        • 米倉悠
          • 堀内市之進
            • 小瀬川喜代七
              • 虎戸傳作
                • 小瀬川武助
                  • 小瀬川平治
    • 永田進

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 横瀬知行 「日本の古武道」、日本武道館/ベースボール・マガジン社、185-198頁、2000年。ISBN 4-583-03586-1
  • 松田隆智 「復刻版 秘伝日本柔術」、壮神社、123-174頁、2004年。ISBN 4-915906-49-3
  • 月刊武道 2007年5月号」 日本武道館、100-109項、『古武道の技と心をたずねて 第14回 諸賞流和 横瀬知行』。
  • 「季刊極意 第参之巻 1997年秋号」 福昌堂、12-20項、『一撃必殺の"裏当て"を伝える東北の秘伝武術・諸賞流和術』。
  • 「日本伝承武芸流派読本」 新人物往来社、30-33項、『諸賞流和術 高橋厚吉(六十八代宗家)』。