犬追物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
犬追物
いぬおうもの
右端の人物は物見役(審判)
右端の人物は物見役(審判)
競技形式 儀式・的中
使用武器 和弓
発生国 日本の旗 日本
発生年 中世?
創始者 不明
源流 騎射・追物射(おうものい)
  

犬追物(いぬおうもの)は鎌倉時代から始まったとされる日本弓術作法の一つ。流鏑馬笠懸と共に騎射三物の一つに数えられる。

作法[編集]

競技場として40四方の平坦なスペースを準備し、そこを「馬場」とする。その馬場に36騎の騎手(12騎を1組とする)、2騎の検分者(「検見」[1]といわれる)、2騎の喚次、150匹の犬を投入し、所定の時間内に騎手が何匹犬を射たかで争う。矢が貫かないよう「犬射引目」(いぬうちひきめ)という特殊な鏑矢を使用した。ただ単に犬に矢を当てればよいというものではなく、相撲の決め手のように打ち方や命中した場所によっていくつもの技が存在した。この判定のために検見や喚次が必要となった。馬上の三物(みつもの)の一つ。

歴史[編集]

犬追物馬場

鎌倉時代に武士が「九尾の狐」を退治するため狐に似た犬を使って始められたといわれ、以後、武芸の鍛錬として行われる。当時は獣類をで追い騎射をする競技を総称して「追物射」(おうものい)といい、牛を追う「牛追物」などもあったが、犬を追う「犬追物」だけが残った。

太平記』に拠れば、北条氏得宗家(宗家)最後の当主北条高時闘犬や犬追物に熱中し政治を省みなくなり、鎌倉幕府滅亡の原因となったとする逸話を記している。戦国時代に入ると、作法を保持していた有力な守護大名守護代が次々と滅び、江戸時代まで作法を継承できたのは島津氏小笠原氏細川家だけとなった。その後、薩摩藩では一時生類憐れみの令による中断を除き、世子の元服の時など慶事のおりに開催していた。徳川吉宗鷹狩と共に復興させた。また、島津光久徳川家綱のために興行したこともある。

明治維新の後、幕藩体制が崩壊。幕府、薩摩藩という庇護者を失った犬追物は技術保持が困難となった。当時の日本では西洋偏重で自国の伝統文化を軽視する風潮があったことに加え、広大なスペースと大勢の競技者が必要な犬追物は興行にも稽古にも多大な費用を必要としたからである。明治12年(1879年)と明治14年(1881年)、上野公園島津忠義明治天皇の前で犬追物の天覧を行う。明治24年(1891年)には、来日中で薩摩を訪れたロシア皇太子ニコライに仙巌園で披露。その後も明治期を通し上野公園などで行われた[2]。現在、島津家関係の史料(国宝島津家文書」など)や小笠原流武田流(細川流)、「犬追物之図」、「犬追物図説」(伊勢貞丈著)などの資料により作法は伝わっているが、実演の方は動物愛護との絡みもあり、今後も復興される可能性は薄いが、実現に向けての動きがある。

観音寺城本丸障壁画として描いたとされている犬追物図

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 紙本著色 武田元光 犬追物検見之像 (発心寺所蔵)
  2. ^ 見世物興行年表