綜警護身術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
綜警護身術
そうけいごしんじゅつ
競技形式 防具を使用した直接打撃制?(一部の技は寸止め?)
使用武器 警棒特殊警棒警杖・(訓練や試合の際の犯人役は模擬短刀を使用することもある)[1]
発生国 日本の旗 日本
発生年 20世紀後半
創始者 不明
源流 不明
流派 不明
派生種目 なし
オリンピック競技 なし
  

綜警護身術(そうけいごしんじゅつ)とは綜合警備保障警備員のために考案された護身術。実際の事件事故での事例や教訓を基に社内で独自に護身術体系を作成し、警備員に社内訓練を実施しながら、内容の改良を重ねている。年に一回大会が行われており、常に改良が図られている。

脚注[編集]

  1. ^ 公開された情報がほとんど無いため詳細は未詳。ただし現行の警備業法及び関連諸法令の範囲内では現実としてこの三点しか使用できる武器がない。外部リンク先の記述には犯人役が模擬短刀を使用するらしいことが書かれている。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]