杖術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杖術
じょうじゅつ
使用武器 杖(棒)
発生国 日本の旗 日本
流派 多数(流派
派生種目 杖道警杖
主要技術 打ち・突き・払い
  

杖術(じょうじゅつ)は、ステッキを使った武術。以下では4(約120cm)前後の(じょう)と呼ばれるを用いる日本武術について解説する。

4尺前後の棒のことを杖と呼ぶようになったのは現代武道杖道の普及による影響が大きいためで、実際は流派によって杖と呼ぶ長さは違い、江戸時代以前は1(10であるが、古くは7尺5)の長さの棒のことを杖と言う例も多く見られる(現代では3.3mから2.27m)。また特殊な物としては振り出し杖(乳切木)、弓杖(折れた弓の一部を鞭状に作り替えた物)などがある。

概要[編集]

技術としては棒術の一種もしくは異称である。捕り手役人が犯罪者を捕縛するための捕手術や自衛武器の技術として発展した。また身分階級の士農工商において脇差以上の帯刀を許されなかった農民町人等の護身術としても行なわれた一面もあるが、捕り方道具としての棒の呼称を嫌った流派においては、敢えて棒術ではなく杖術と呼ぶ事があった。また純粋な棒術ではなく戦場で槍や薙刀が折れた場合の技術を伝承しているとの意を込めて槍折れ、薙刀折れの棒もしくは杖として伝わっている流派もある。それぞれに折れる前の武器の技術要素が含まれているケースもある。

神道夢想流杖術の技法の一部は、日本の警察警杖術として採用され、全日本剣道連盟杖道形として普及し、剣道の理合と融合した現代武道の杖道となった。

沖縄傳湖城流空手道の中に独自の杖術がり、杖の長さは1メートルから80センチと短めの物を使う。形は杖の形1、杖の形2、と独自の形がある。

流派[編集]

類似した武術[編集]

杖は普段携帯していても不自然ではないため、世界中に杖を用いる武術が存在する。特に男性がステッキを持ち歩く文化がある欧米では紳士の護身術として普及しており、護身用に補強されたステッキも販売されていた。

  • サバット - ステッキをサーベルのように使う「ラ・カン」が含まれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]