騎射三物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

騎射三物(きしゃみつもの)とは、武士騎射稽古法を指し、犬追物笠懸流鏑馬の三種を指す。平安時代鎌倉時代に成立した。

概要[編集]

武士騎射戦法は、蝦夷が狩猟やヤマト王権(大和)との戦闘で用いた乗馬・騎射の技術が源と考えられている。大和へ帰服した蝦夷は俘囚となり各国へ移配され、和人へ技術が伝わった。さらに和人伝統の長弓を騎乗で使いこなすよう戦闘技術を磨き、武芸および武士の起源となった。また平安時代中期に現在の和弓となった。

平安時代頃から騎馬は武士(諸大夫と侍)と郎党にのみに正式に許されたこともあり、『弓馬の道』である騎射が武芸の中でも最高位のものとされ、実践的な鍛錬として騎射三物が行われるようになった。

近代までにそれぞれ独立した競技、儀礼的神事として作法や規則が整備された。

犬追物[編集]

犬追物

40間(約73m)四方の馬場に、1組12騎として3組、計36騎の騎手、検分者(審判)を2騎、喚次役(呼び出し)を2騎用意し、150匹を離しその犬を追いかけ何匹射たかを競う。矢は神頭矢と呼ばれる刃の付いていない矢を使用する。手間や費用がかかる事、動物保護の観点から現在では行われていない。

笠懸[編集]

笠懸

的の配置に左右、高低、大小と変化を付けた的を馬を疾走させつつ射抜く。流鏑馬より難易度が高く、より実戦的である。

流鏑馬[編集]

流鏑馬

距離2町(約218m)の直線馬場に、騎手の進行方向左手に3つの的を用意する。騎手は馬を全力疾走させながら3つの的を連続して射抜く。現在でも日本各地の流鏑馬神事として行われている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]