骨法 (隠し武器術)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

骨法(こっぽう)とは、メリケンサック状の隠し武器を用いて当身を行う日本の伝統武術。「強法」とも呼ばれる。

尾張の佐々木大学が考案したとされる。佐々木は、捕手術で自分より強い者を捕らえる場合にどうするかを考え、隠し武器を用いて当身の威力を高めることを考案し、一条不二流骨法を開いた。