浅山一伝流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
浅山一伝流
あさやまいちでんりゅう
発生国 日本の旗 日本
創始者 浅山一伝斎
主要技術 剣術居合棒術柔術陣鎌
  

浅山一伝流(あさやまいちでんりゅう、旧字表記では「淺山一傳流」)は日本の古武道の流派の1つ。「浅山流」あるいは「一伝流」と略して呼ばれることも多い。剣術居合棒術柔術、陣鎌(鎌術)などを含む総合武術である。

流祖について[編集]

浅山一伝流の流祖は浅山一伝斎重晨である。総合武術(武者組)を伝えた江戸森戸系では武術に稀な家元制度を敷いて、参勤交代で江戸詰になっている地方の藩士に伝えたため、全国諸藩で栄えた。浅山一伝重行はこの一伝斎重晨の流系に連なる別人で、居合・捕手を伝えた浅山一伝一存も全くの別人である。

浅山一伝斎の師については、浅山一伝流を伝えた森戸家(後述)の伝承では、師はおらず丹後の浅山不動尊で自得したと伝えられている。不動尊の護摩堂には福知山藩士が掲げた額が残っている。

歴史[編集]

江戸時代に第8代の館林藩士・森戸朝恒(初代 森戸三太夫)が江戸に道場を開き、浅山一伝流の名が広まった。森戸朝恒より流儀を継承した森戸偶太は、当時の江戸で今枝良台理方一流開祖)、中西子武中西派一刀流第2代)、比留川彦九郎(雲弘流第3代)と並び称されるほどの達人であったという。森戸家歴代で最も著名なのは森戸金制(森戸三太夫)である。森戸金制が目黒不動に掲げた奉納額には1600人以上の門弟の名が記されていたといい、その繁栄がうかがえる。


現存する系統としては、剣術・居合・陣鎌を中心に伝えられる1系統と、柔術を中心に伝えられる2系統(仙台藩に伝承した系統と、明治以降に浅山一伝流13代を名乗って教授を行った大倉直行によって伝えられた系統)、それに広島県の坂に伝えられた棒術・捕縄術の4系統が知られている。

特に「浅山一伝流体術」と称した大倉直行の系統は永沼経行坂井宇一郎の2人の高弟の系統に分かれて伝承されていった。永沼経行からの伝を受けた上野貴は、自身が創作した神道天心流の体系に浅山一伝流体術を採り入れ、多くの門人にこの技を伝えたので戦後に広まった。坂井宇一郎の系統は、現在は大倉伝浅山一伝流として活動している。

また、明治時代前期に警視庁が制定した警視流木太刀形の6本目の「阿吽」と警視流立居合の1本目「前腰」は浅山一伝流から採用されている。

また、本間念流を開いた本間仙五郎の実家の本間家では一伝流居合を家伝として伝えていた。


分派、影響を受けた流派[編集]

浅山一伝流は比較的古い流派であり、浅山一伝流から派生、分派やその技法の一部を導入した流派は非常に多い。

浅山一伝一存の弟子とされる伊藤長太夫(伊藤不伝)が開いた不伝流居相(居合)は、江戸中期に松江藩に伝えられた。

また、水戸藩には浅山一伝流の柔術が伝えられ、浅山一伝古流浅山大成流浅山一伝新流など複数の系統に分かれて伝えられた。

この他、久留米藩士・津田教明(津田伝)は森戸金制に浅山一伝流を学び、教明の子の津田正之によって津田一伝流が開かれた。

八代目師範の森戸三太夫の弟子である浦生忠左衛門の系統から柔術を主体とした浅山別心流が出ている。


また、浅山一伝流と他二流派を学んだ江畑杢衛門満眞は為我流を開いている。

制剛流[編集]

浅山一伝流は制剛流に取り入れられている。制剛流二代目の梶原源左衛門が浅山一存から浅山一伝流捕手を学び捕手術の技として制剛流に加えた。

制剛流の伝書に記されている技法と伝系は以下の通りである。

浅山一傳流捕手目録
居合
向詰、御前詰、壁添、奏者詰、四方詰
後詰、風呂詰、見當詰、腰之廻
立合
雪摺、矢倉、杦倒、十手
  1. 浅山一傳
  2. 浅山一存
  3. 梶原源左衛門

外部リンク[編集]

岩瀧寺