石黒流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石黒流柔術
いしぐろりゅうじゅうじゅつ
別名 天神真楊流石黒派、眞楊流石黒派
発生国 日本の旗 日本
発生年 幕末
創始者 石黒関斎 
源流 真之神道流天神真楊流
主要技術 柔術剣術居合棒術手裏剣術
縄術捕縄術、桴、含針術骨法
伝承地 千葉県
  

石黒流柔術とは、幕末石黒関斎(いしぐろ かんさい)によって創始され、千葉県銚子市近辺に伝承された柔術を中心とする総合武術である。

過去には天神真楊流石黒派とも名乗っていた。

概要[編集]

柔術を中心に剣術居合棒術捕縄術殺活法や様々な小武器を含む総合武術である。柔術は強力な逆業やあまり他流に見られない複雑な固め技を含み、捨身投や当身技が比較的多い事が特徴である。当身や蹴りで指先を使う事で知られる。また縄術と呼ばれる縄の先に短剣をつけた中国武術の縄ヒョウに似た独特武器をはじめ、いくつかの小武器(手剣、サク)を伝承している。

歴史[編集]

石黒関斎は詳細な経歴は不明であるが、真之神道流天神真楊流、田宮流(新田宮流)、福島流、養心流やその他多くの流派を学び、石黒流を創始したと伝わる。石黒関斎は幕末から明治維新後にかけて犬吠埼漁師たちにその武術を伝えた。

石黒流は現在も同地に伝承され日本古武道振興会に所属、明治神宮の古武道演武大会等で演武されている。また、天神真楊流と関係が深く、過去には天神真楊流石黒派と名乗っていた。

系譜[編集]

  • 石黒関斎
  • 杉原康定
  • 鈴木幸太郎
  • 田村弘二
  • 舘平五郎

技法[編集]

柔術では、居捕、立合、行合の想定で構成されており、当身、蹴、投、捨身、極技から成る。

小手返、内返、大手返の三手と捨身を基本とし、投げた後複雑な固技で固めることが特徴的である。

石黒流では拳より開手で当身を行うことが多い。また、蹴りは爪先で差し込むように急所を蹴る。

捌や突、蹴等の当身を連続動作で行う単独形が存在する。

柔術は126の技が伝承されており、地之位、天之位、真之位、極之位と段階的に教授される。

最高秘伝の極之位では、中央の突起部を指の股にさし手に握り込む「サク」という寸鉄に似た小武器を使う。

骨法は、目録以上の者に教授される。

  • 柔術  126手
  • 地之位 36手
  • 天之位
  • 真之位
  • 極之位  3手
  • 棒術  6本
  • 剣術 表業6本 裏業12本
  • 居合術 立業12本 座り業6本
  • 縄術  36本
  • 手裏剣術

史跡[編集]

  • 『石黒先生供養、杉原康定、石黒流柔術碑』(渡海神社、明治43年11月建立の石碑)

参考文献[編集]

  • 月刊秘伝 2001年8月 多人数捕りの虚実 衆寡敵する極意
  • 秘伝古流武術 第2号、第3号 1990年『銚子の秘流 石黒流柔術 幕末から伝承された謎の躰術』
  • 月刊空手道別冊「極意」1998年冬号 『複雑精妙なる柔術技法』
  • 『実践 武術療法―身体を識り、身体を治す! 』月刊秘伝編集部 「第3章 石黒流骨法療術の妙技」
  • 『銚子市史』第十節 江戸末期の庶民教育

関連項目[編集]