三浦哲哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みうら てつや
三浦 哲哉
生誕 1976年(41–42歳)[1]
日本の旗 日本 福島県郡山市[2]
職業 映画批評家

三浦 哲哉(みうら てつや、1976年 - )は、日本の映画批評家青山学院大学文学部准教授。博士(学術)

経歴[編集]

福島県立安積高等学校を経て、一橋大学社会学部卒業、フランスカーン大学大学院DEA課程映画演劇コース修了、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了、博士(学術)[3][4][5]

日本学術振興会特別研究員を経て、2013年から青山学院大学文学部比較芸術学科准教授。2015年度映画美学校批評家養成ギブス講師[6][7]

また、2011年より日本各地で開かれている[8]映画上映とトークのプロジェクトImage.Fukushimaの代表を務める[9]。2012年、著書『サスペンス映画史』が刊行される[10]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三浦哲哉”. みすず書房 (2012年6月20日). 2014年2月19日閲覧。
  2. ^ ここで今、原発映画を上映する理由”. 日経ビジネス. 日経BP (2011年8月3日). 2014年2月19日閲覧。
  3. ^ 「イメージ・フクシマ始まる フォーラム福島 玄侑さん対談」福島民報2011/08/11
  4. ^ 【じんぶんや第84講】三浦哲哉選「サスペンス=宙吊りの思考」”. 紀伊國屋書店 (2012年9月26日). 2014年2月19日閲覧。
  5. ^ 青山学院大学 研究者情報
  6. ^ [1]青山学院大学文学部
  7. ^ [2]映画美学校
  8. ^ 【映画】福島の女子高生の劇「今伝えたいこと(仮)」と映画「少女ムシェット」 抵抗の物語に宿る始まり”. 中日新聞. 中日新聞社 (2012年8月24日). 2014年2月19日閲覧。
  9. ^ 「Image.Fukushima」Vol.2 三浦哲哉(映画批評/大学講師)実行委員会会長インタビュー”. 映画芸術 (2011年9月14日). 2014年2月19日閲覧。
  10. ^ サスペンス映画史 三浦哲哉著 根源的メカニズムの解明に挑む”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2012年7月29日). 2014年2月19日閲覧。

外部リンク[編集]