ミュージック・ブレス・ユー!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミュージック・ブレス・ユー!!
著者 津村記久子
発行日 単行本:2008年6月30日
文庫版:2011年6月23日
発行元 KADOKAWA
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
文庫版:文庫判
ページ数 単行本:224
文庫版:256
公式サイト 単行本:ミュージック・ブレス・ユー!! 単行本 KADOKAWA
文庫版:ミュージック・ブレス・ユー!! 文庫版 KADOKAWA
コード 単行本:ISBN 978-4-04-873842-2
文庫版:ISBN 978-4-04-394447-7
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ミュージック・ブレス・ユー!!』は、日本の小説家津村記久子による小説である。

単行本は、2008年6月30日にKADOKAWAより刊行された[1]。イラストは、カンバラクニエによる[2]。同年、第30回野間文芸新人賞を受賞する[3]。文庫版は、2011年6月23日に角川文庫より刊行された[4]

著者の津村は、「私はひとつの小説を書いて、それを分解して次の小説を書いているところがあるんです。デビュー作である『君は永遠にそいつらより若い』を分解したのが『ミュージック・ブレス・ユー!!』と『八番筋カウンシル』」[5]と述べている。

あらすじ[編集]

高校3年生のオケタニアザミは、大阪に住んでおり、パンク・ロック音楽が好きで、ほとんどいつもヘッドフォンを着用している。アザミは、髪を赤色に染め、フレームが黒色の眼鏡をかけており、上下の歯には、派手な色をしたゴムを用いたブレース(歯列矯正装置)を装着していた。大学受験を控えているが、卒業後の進路も決まっておらず、成績も振るっていない。特に数学を苦手としており、進級テストのための補講に出席したり、成績が優秀な友人、チユキに勉強を教えてもらったりする毎日を送る。

主な登場人物[編集]

オケタニアザミ
高校3年生。
チユキ
アザミの友人。

書評[編集]

小説家の松浦理英子は、「青春小説のようでありながら、限られた世界ではなく大きなスケールで社会を見つめており、個別的な男女の交流を通してという今までの定石からはずれ、日常を描くことで、今までの少女像とはまったく違った少女の戦いを、ナチュラルな筆致で端整に描いているところがいい」[6]と評価している。

書評家の石井千湖は、「まずベタベタしていないガールズトークが魅力的だ。友だちの自尊心を傷つけたやつに戦いを挑む侠気もいい」「ヘッドホンをしていないアザミが、頭の中で好きな曲のイントロをなぞり、電車に乗るシーンの鮮やかさがあとをひく」[7]と評価している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミュージック・ブレス・ユー!! 単行本”. KADOKAWA. 2019年5月12日閲覧。
  2. ^ 『ミュージック・ブレス・ユー!!』 2011.
  3. ^ 野間文芸新人賞 過去受賞作”. 講談社. 2019年5月12日閲覧。
  4. ^ ミュージック・ブレス・ユー!! 文庫版”. KADOKAWA. 2019年5月12日閲覧。
  5. ^ 著者インタビュー 『八番筋カウンシル』”. 小学館. 2019年5月12日閲覧。
  6. ^ 津村記久子さん、第30回野間文芸新人賞を受賞!”. 筑摩書房 (2008年11月12日). 2019年5月12日閲覧。
  7. ^ 石井千湖. “音楽に祝福された青春小説×2”. オールアバウト. 2019年5月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 津村記久子『ミュージック・ブレス・ユー!!』KADOKAWA、2011年6月。ISBN 978-4-04-394447-7