栗山理一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栗山 理一(くりやま りいち、1909年1月14日 - 1989年)は、国文学者俳句評論家、成城大学名誉教授。 佐賀県鹿島生まれ。1933年広島文理科大学卒。大阪府立堺中学校教諭、38年大学の同窓生蓮田善明池田勉清水文雄と雑誌『文藝文化』を創刊、44年まで続いた。日本浪曼派の一派。興亜工業大学教授、立華高等女学校校長、54年成城大学文芸学部教授、62年「中興俳諧の研究」で広島大学文学博士。79年定年退任。

著書[編集]

  • 風流論 子文書房 1939 文芸文化叢書
  • 古典的感覚 星野書店 1941
  • 一茶 成城国文学会 1948 文芸読本
  • 近代俳句 成城国文学会 1948. 文芸読本
  • 西鶴 成城国文学会 1949 文芸読本 成城国文学会編
  • 芭蕉 成城国文学会 1950 文芸読本
  • 蕪村 市ケ谷出版社 1951 文芸読本
  • 近松門左衛門 市ケ谷出版社 1952 文芸読本 成城国文学会編
  • 俳句批判 史論的叙述による 至文堂 1955
  • 俳諧史 1963.9 塙選書
  • 小林一茶 筑摩書房 1970 日本詩人選
  • 芭蕉の俳諧美論 1971 塙選書
  • 定家伝 古川書房 1974 古川叢書 
  • 短詩形問答 永田書房 1977.7
  • 俳諧の系譜 角川書店 1980.5
  • 芭蕉の芸術観 永田書房 1981.6

編著・校注[編集]

  • 天狗芸術論 佚斎樗山子 校註 春陽堂 1942 新文庫
  • 南山踏雲録 伴林光平 校註 春陽堂書店 1944 新文庫
  • 近世俳句俳文集 校注・訳 小学館 1972.2 日本古典文学全集
  • 俳論集 校注・訳 小学館 1973.7 日本古典文学全集
  • 日本文学における美の構造 雄山閣出版 1976
  • 與謝蕪村集 評釈 筑摩書房 1977.4 古典日本文学
  • 芭蕉・蕪村・一茶 雄山閣出版 1978.11

参考[編集]

  • 日本近代文学大事典 
  • <栗山理一先生追悼> 栗山理一先生略歴・著作目録「成城国文学」1990-03