若林奮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若林奮(わかばやし いさむ、1936年1月9日 - 2003年10月10日)は日本の彫刻家

東京都町田市出身[1]東京都立立川高等学校東京芸術大学美術学部彫刻学科卒業。などの金属素材を用いて自然をモチーフとした彫刻を制作した[2]1980年1986年ベネチア・ビエンナーレに出品。武蔵野美術大学多摩美術大学教授を歴任した。詩人吉増剛造河野道代と共同制作を試みている。また700点の銅版画作品も制作しており[3]、吉増剛造は没後に銅板を譲り受けてオブジェ作品を制作している。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 若林奮・河野道代『花(静止しつつある夢の組織』(若林スタジオ刊、1998年)
  • 若林奮・河野道代『花(静止しつつある夢の組織』(ギャラリー池田美術刊、2000年)
  • 若林奮・前田英樹『対論 彫刻空間――物質と思考』(書肆山田、2001年)
  • 若林奮『I.W.――若林奮ノート』(書肆山田、2004年)


関連文献[編集]


脚注[編集]

外部リンク[編集]