伊達聖伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伊達聖伸(だて きよのぶ、1975年- )は、日本のフランス文化・宗教学者、上智大学准教授。

略歴[編集]

仙台市生まれ[1]。1997年東京大学文学部仏文科卒、同大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。2007年フランス国立リール第3大学博士課程修了(宗教学専攻)、Ph.D.。2009年東北福祉大学総合福祉学部講師をへて、2011年上智大学外国語学部フランス語学科准教授となる[2]。2011年『ライシテ、道徳、宗教学』でサントリー学芸賞渋沢・クローデル賞(ルイ・ヴィトンジャパン特別賞)受賞。

著書[編集]

  • 『ライシテ、道徳、宗教学 もうひとつの19世紀フランス宗教史』勁草書房 2010
  • 『ライシテから読む現代フランス 政治と宗教のいま』岩波新書、2018

共編著[編集]

  • 『社会統合と宗教的なもの 十九世紀フランスの経験』宇野重規,高山裕二共編著 白水社 2011
  • 『共和国か宗教か、それとも 十九世紀フランスの光と闇』宇野重規, 髙山裕二共編著 白水社 2015

翻訳[編集]

論文[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ライシテから読む現代フランス』著者紹介
  2. ^ researchmap