宇野重規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宇野 重規[1](うの しげき[1]1967年6月13日[2] - )は、日本政治学者。専門は政治思想史政治哲学[1]東京大学教授[1]東京大学博士(法学)島根県立大学理事長・学長を務めた政治学者宇野重昭(中国政治・東アジア地域研究)は父親[要出典]

経歴[編集]

東京都生まれ。1991年東京大学法学部卒業、1996年同大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。同年博士(法学)。博士論文の題は「デモクラシーにおける「政治」の基盤と前提——アレクシ・ド・トクヴィルの追究」[3]

人物[編集]

名古屋出身ではないが、中日ドラゴンズのファンを名乗っている[5]。 息子も中日ファン 著書『保守主義とは何か』[6]では、フランス革命の批判勢力として誕生した保守主義は、進歩派知識人が消滅した現代において、伝統主義・復古主義ではなく、過去に対する深い洞察と現実主義が必要であると説く[6]。本書は2017年の新書大賞の第6位となっている[7]

著書『政治哲学的考察』[8]では、リベラルと呼ばれる潮流を他の諸潮流との関係の中で考察し、人々と社会のかかわりの中でデモクラシーの在り方を論じた[8]

著書『民主主義のつくり方』[9]では、民主主義が社会の変化に対応出来ない、あるいは民主主義の変りやすさの懸念の問題意識「政治不信」に対して、トクヴィル『アメリカのデモクラシー』を民主主義の原点ととらえ、偶然的な行動から秩序を創り出す運動に期待した[9]

一方では教科書として使われる書籍も多く、『西洋政治思想史』(有斐閣, 2013年)[10]は、古代ギリシアの政治思想から、20世紀のサンデルの政治思想まで政治思想の流れをコンパクトに分かりやすく解説している。[独自研究?]

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『デモクラシーを生きる――トクヴィルにおける政治の再発見』(創文社, 1998年)
  • 『政治哲学へ――現代フランスとの対話』(東京大学出版会「公共哲学叢書」, 2004年)
  • 『トクヴィル――平等と不平等の理論家』(講談社選書メチエ, 2007年)-第21回サントリー学芸賞
  • 『〈私〉時代のデモクラシー』(岩波新書, 2010年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『政治の発見 第4巻 つながる』(風行社, 2010年)

共編著[編集]

  • 玄田有史)『希望学(1)希望を語る――社会科学の新たな地平へ』(東京大学出版会, 2009年)
  • 松本礼二三浦信孝)『トクヴィルとデモクラシーの現在』(東京大学出版会、2009年)
  • 『政治学をつかむ』、苅部直中本義彦と共編、有斐閣、2011
  • 『社会統合と宗教的なもの――19世紀フランスの経験』、高山裕二伊達聖伸と共編、白水社、2011
  • 『実践する政治哲学』、宇野重規・井上彰・山崎望編、ナカニシヤ出版、2012年

訳書[編集]

  • J-M・クワコウ『政治的正当性とは何か――法、道徳、責任に関する考察』(藤原書店, 2000年)

寄稿[編集]

  • 「不平等への異議 トクヴィル 崩れた想像力の壁」読売新聞 2011年12月19日

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 「わたしの紙面批評」『朝日新聞』朝刊、朝日新聞大阪本社、2016年4月16日、12面
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.303
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 役職員紹介”. NIRA総合研究開発機構 (2016年6月). 2017年5月21日閲覧。
  5. ^ 宇野重規”. 北海道大学. 2017年5月21日閲覧。
  6. ^ a b 宇野重規 『保守主義とは何か 反フランス革命から現代日本まで』 中央公論新社、2016年6月、218頁。
  7. ^ 「新書大賞2017」、『中央公論』、中央公論新社、2017年2月10日ASIN B01MU7ME3R
  8. ^ a b 宇野重規 『政治哲学的考察 リベラルとソーシャルの間』 岩波書店、2016年5月、364頁。ISBN 978-4-00-061128-2
  9. ^ a b 宇野重規 『民主主義のつくり方』 筑摩書房、2013年10月、218頁。ISBN 978-4-480-01583-9
  10. ^ 宇野重規 『西洋政治思想史』 有斐閣、2013年10月、235頁。ISBN 978-4-641-22001-0
  11. ^ 渋沢・クローデル賞”. 公益財団法人日仏会館. 2017年5月21日閲覧。
  12. ^ 受賞:第29回サントリー学芸賞(宇野重規)”. 東京大学 (2007年11月10日). 2017年5月21日閲覧。
  13. ^ 受賞者一覧・選評”. サントリー. 2017年5月21日閲覧。