長谷川秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川 秀樹(はせがわ ひでき、1970年 - )は、日本社会学者。専攻はコルシカ島地域研究等。横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院准教授。渋沢・クローデル賞LVJ特別賞受賞。

人物・経歴[編集]

和歌山県生まれ[1]。1993年立命館大学国際関係学部国際関係学科卒業。1998年立命館大学大学院国際関係研究科国際関係学専攻博士課程修了[2]、論文「「コルシカ人民=民族」の生成」により博士(国際関係学)の学位を取得[3]

日本学術振興会特別研究員を経て、1999年千葉大学大学院社会文化科学研究科助手。2005年横浜国立大学教育人間科学部国際共生社会課程助教授。 2007年横浜国立大学教育人間科学部国際共生社会課程准教授[2]

専攻はコルシカ島地域研究[2]、『コルシカの形成と変容―共和主義フランスから多元主義ヨーロッパへ』により第20回(2003)渋沢・クローデル賞LVJ特別賞受賞[4]

著作[編集]

著書[編集]

  • 『コルシカの形成と変容 : 共和主義フランスから多元主義ヨーロッパへ』三元社 2002年

訳書[編集]

  • ジャニーヌ・レヌッチ『コルシカ島』(渥美史と共訳)白水社 1999年
  • アンドレア・センプリーニ『多文化主義とは何か』(三浦信孝と共訳)白水社 2003年

脚注[編集]

  1. ^ 「長谷川秀樹」三元社
  2. ^ a b c 「研究者詳細」横浜国立大学
  3. ^ 立命館大学 , 博士 (国際関係学) , 甲第111号 , 1998-03-31
  4. ^ 渋沢・クローデル賞日仏会館